「子連れ狼、の皮をかぶった羊の父子」として六年、七年目からはリニューアル(^^♪、そして開設から10年が立ちました。親子の距離は少しずつ広がり、ちょっぴり寂しくも、あれやこれやと日々を楽しくをモットーに、ガサツw、雑多な日々を綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は、アキのインフルエンザの2回目の注射、
私の歯医者と、ちょっとバタバタ^^;

まぁ、午後はのんびり、
アキと二人で、
パイレーツオブカリビアンを・・・・


相変わらず、

アキ「ジャ~~~~ック スパロ~~ウゥ~~<`ヘ´>」と、
うるさいです(笑)



さて、
毎年、アキの予防接種は近くの内科医院でやっている。


ココは、
私が小さい頃から開院しているところで、
大人になっても、ちょっとした風邪や、
胃腸炎なんかで通院するには、丁度良く。

診療時間も長いので、
働く者にもパッと行きやすく、
いわゆる昔からの「町医者」。





いつも、混み合う事も無く、
看護師さんも古株ばかりで、のんびり。



まぁ、
患者が来てから、
「さて診ますか・・・」ってなところ(笑)



なので、
アキの、インフルエンザの予防接種には、
ココを選んでいる。

アキの名前が覚えやすいのか、

はたまた、子供好きが多いのか、
年に数回しか行かないが、
すっかり顔と名前が覚えられている(^^♪




前回の一回目の注射の時は、若先生が注射してくれ、

すっかりおじいさんになった先生、
若先生に任せ、引退かな?と思っていた。



今日行くと、

先生がお亡くなりになった事、
そして、年内を持って閉院する旨が張り出されていた。




注射で泣いた事は無いアキなのだが、

おじいちゃん先生の注射は、特に痛くないらしく、
その雰囲気も好きなのか、


アキ「ねぇ、おじいちゃん先生、
       死んじゃったって事は、もうココ無くなるの?」

「うん、無くなるんだって・・・」


アキ「けど、今日は違う先生いたじゃん」

「う~~ん、あの先生は違うお医者さんで、働いてるんじゃないかな」


アキ「そっかぁ・・・つぶれちゃうのか・・・」



そういう言い方はやめなさいΣ( ̄ε ̄;|||・・・




アキ「違うお医者さん、探さないとね
     注射、痛くないところ・・・」(やっぱりかい!)

「そうだなぁ・・良い医者だったのにな・・・」




アキ「病気で?、苦しんだのかねぇ・・・」

「う~ん、どうだろね、
 もうおじいちゃんだったしね、お医者さんだって、病気になるから」




アキ「けどさ、きっと大丈夫じゃない?
    ボクとかさ、あと、他にも一杯注射したり、
      お薬出してさ、みんな元気にしたんだからさ」



不謹慎ですが、
ちょっと笑ってしまった、

同時に、「死」に対してこうした事を言うアキに、
成長を感じた親バカ、マーです(^^ゞ




帰宅し、ババに伝えると、
ババもがっかり・・・

この頃は、
私メインで通った医院が次々と閉院し、
そして、ドンドン新しい医院が開院されている。


否が応でも世代は変わり、
その速さは、こういったことで実感できたりもする。



ご冥福を祈りつつ、



8歳児に、
こう言わしめる人に、なりたいものだなと。



スポンサーサイト


追記を閉じる▲
いつも、混み合う事も無く、
看護師さんも古株ばかりで、のんびり。



まぁ、
患者が来てから、
「さて診ますか・・・」ってなところ(笑)



なので、
アキの、インフルエンザの予防接種には、
ココを選んでいる。

アキの名前が覚えやすいのか、

はたまた、子供好きが多いのか、
年に数回しか行かないが、
すっかり顔と名前が覚えられている(^^♪




前回の一回目の注射の時は、若先生が注射してくれ、

すっかりおじいさんになった先生、
若先生に任せ、引退かな?と思っていた。



今日行くと、

先生がお亡くなりになった事、
そして、年内を持って閉院する旨が張り出されていた。




注射で泣いた事は無いアキなのだが、

おじいちゃん先生の注射は、特に痛くないらしく、
その雰囲気も好きなのか、


アキ「ねぇ、おじいちゃん先生、
       死んじゃったって事は、もうココ無くなるの?」

「うん、無くなるんだって・・・」


アキ「けど、今日は違う先生いたじゃん」

「う~~ん、あの先生は違うお医者さんで、働いてるんじゃないかな」


アキ「そっかぁ・・・つぶれちゃうのか・・・」



そういう言い方はやめなさいΣ( ̄ε ̄;|||・・・




アキ「違うお医者さん、探さないとね
     注射、痛くないところ・・・」(やっぱりかい!)

「そうだなぁ・・良い医者だったのにな・・・」




アキ「病気で?、苦しんだのかねぇ・・・」

「う~ん、どうだろね、
 もうおじいちゃんだったしね、お医者さんだって、病気になるから」




アキ「けどさ、きっと大丈夫じゃない?
    ボクとかさ、あと、他にも一杯注射したり、
      お薬出してさ、みんな元気にしたんだからさ」



不謹慎ですが、
ちょっと笑ってしまった、

同時に、「死」に対してこうした事を言うアキに、
成長を感じた親バカ、マーです(^^ゞ




帰宅し、ババに伝えると、
ババもがっかり・・・

この頃は、
私メインで通った医院が次々と閉院し、
そして、ドンドン新しい医院が開院されている。


否が応でも世代は変わり、
その速さは、こういったことで実感できたりもする。



ご冥福を祈りつつ、



8歳児に、
こう言わしめる人に、なりたいものだなと。



スポンサーサイト

【2007/12/15 21:52】 | アキの成長
トラックバック(0) |


みい☆
自分が行き着けとしているところが無くなると
ほんとに困るよね~

>「けどさ、きっと大丈夫じゃない?
  ボクとかさ、あと、他にも一杯注射したり、
  お薬出してさ、みんな元気にしたんだからさ」

みんなを助けていい事をした人だから苦しまないで
逝ったという意味なのかな??^^

みわも言いそうな台詞!
但しみわの場合は泣きながらですが・・・
私同様涙もろいのでそういう悲しい場面にはかならず泣いちゃうんだよね









マー
>みい☆さんへ

そうなんですよね、
自分が信頼していたところが減っていくと・・・

お察ししてくれたように、
そういう観点で「死」を感じているようです。

意味の無いことは無い。
そう信じ進むのみですかな(^^ゞ


ふくママ
1度目のお注射の時はまだご健在だったのですか?
これまた随分とギリギリまで頑張ってくださったんですね、その先生は・・・。
知らない方でも、何だか訃報を聞くと悲しくなりますね・・・
本当に信頼できるかかりつけ医を見つけるのって
難しいですよね。私は今のところ近場で
済ませていますが、そこの先生の説明が毎回聞き取れず・・・(超早口なんです!)

アキくんは優しい子ですねぇ。うちなんか絶対「じゃあ、もうお注射されずに済むんだ♪」
って喜びそうです。(ま!なんて不謹慎な!)
まだ5歳じゃ理解できないから無理もないですけどね^^;





マー
>ふくママさんへ

一度目も若先生だったんですけどね、
だんだんと、若先生の診察の頻度が多くなっていて、
もうそろそろ隠居かななんて思っていたんです。

自分を見てくれた人が、いなくなるというのは、
やはり、切ないものです。
そして、そういった医師に行き着くのも、
縁があるからなんですよね。

アキのこういった言葉は、
嬉しくなりました(^^ゞ
優しさなのかもしれませんが、
プラス思考に、嬉しくなりました。
こういった気持ち、大事にしていきたいものです。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
自分が行き着けとしているところが無くなると
ほんとに困るよね~

>「けどさ、きっと大丈夫じゃない?
  ボクとかさ、あと、他にも一杯注射したり、
  お薬出してさ、みんな元気にしたんだからさ」

みんなを助けていい事をした人だから苦しまないで
逝ったという意味なのかな??^^

みわも言いそうな台詞!
但しみわの場合は泣きながらですが・・・
私同様涙もろいのでそういう悲しい場面にはかならず泣いちゃうんだよね






2007/12/15(Sat) 23:14 | URL  | みい☆ #bxvF113M[ 編集]
>みい☆さんへ

そうなんですよね、
自分が信頼していたところが減っていくと・・・

お察ししてくれたように、
そういう観点で「死」を感じているようです。

意味の無いことは無い。
そう信じ進むのみですかな(^^ゞ
2007/12/15(Sat) 23:42 | URL  | マー #-[ 編集]
1度目のお注射の時はまだご健在だったのですか?
これまた随分とギリギリまで頑張ってくださったんですね、その先生は・・・。
知らない方でも、何だか訃報を聞くと悲しくなりますね・・・
本当に信頼できるかかりつけ医を見つけるのって
難しいですよね。私は今のところ近場で
済ませていますが、そこの先生の説明が毎回聞き取れず・・・(超早口なんです!)

アキくんは優しい子ですねぇ。うちなんか絶対「じゃあ、もうお注射されずに済むんだ♪」
って喜びそうです。(ま!なんて不謹慎な!)
まだ5歳じゃ理解できないから無理もないですけどね^^;


2007/12/17(Mon) 15:10 | URL  | ふくママ #-[ 編集]
>ふくママさんへ

一度目も若先生だったんですけどね、
だんだんと、若先生の診察の頻度が多くなっていて、
もうそろそろ隠居かななんて思っていたんです。

自分を見てくれた人が、いなくなるというのは、
やはり、切ないものです。
そして、そういった医師に行き着くのも、
縁があるからなんですよね。

アキのこういった言葉は、
嬉しくなりました(^^ゞ
優しさなのかもしれませんが、
プラス思考に、嬉しくなりました。
こういった気持ち、大事にしていきたいものです。
2007/12/17(Mon) 23:56 | URL  | マー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。