「子連れ狼、の皮をかぶった羊の父子」として六年、七年目からはリニューアル(^^♪、そして開設から10年が立ちました。親子の距離は少しずつ広がり、ちょっぴり寂しくも、あれやこれやと日々を楽しくをモットーに、ガサツw、雑多な日々を綴ります。
まだ、アキの前歯が健在だった週初め・・・・(笑)



連絡帳の宿題の項目。


「おうちに人に、名前の事を聞いて、シートに書く」






うん、


来たね(^_^)/



そういう日が来たね。



聞かれては、答えていたし、


これからもまた、
聞かれることもあるだろうけど、
ちゃんと形式ばって聞かれたのは、初めてだ。




思えば、


8年前の今頃、

名前事典を買ってきて、

ヒマさえあれば、パラリパラリとめくっていた。



案外、パッと閃き、決まるものかと思っていたが、

字画数だの、霊数だの、主運だの、五行、音声・・・・・


なまじっか事典があるために、
どうせなら、良い名をつけてあげたいと思うのは、
親バカの起点である(^^ゞ



まずは自分の姓名を調べるのも、当然である(笑)

詳しく思い出せないが、

あまり良くなかったような・・・(-_-;)

もちろん、いいところもありましたさ(^^ゞ


フム、姓名を元に、
なかなかやるではないかと、思ったのは覚えている。


ちなみに、
私の名は、初孫という事もあり、
私の祖父に、承諾を得たとか何とか(笑)


妹、弟は、
しっかりと字画数などを考えたそうな・・・(;一_一)

うん、調べたら、なかなかでございました。



なもんで、アキが、

いつか自分でも調べるような時に、
お~それなりじゃないか!と思えればと、

じっくり考えたのである。





名にこめる想い。

いや、子にこめる想い。


心身ともに健やかであって欲しいというのは、
どの親も同じである。


私が、わが子に、
いつの日か、
自分の名の意味を思い出し、肝に銘じ、

そうであって欲しいと願ったのは、


物事にあきらかで、

投げ出さず、
最後まで成し遂げる人間になって欲しい意を籠めた。


勉学が出来るに越したことはないが、

雑学でも良い、
多くの物事を知り、
口だけで無く、こなせる人間になってほしい。
そう願うのだ。

まぁ、引き出し多めな男になってほしいものです(笑)



私の名は、
ちょっと名前負けしているが(^^ゞ
少なくとも、名に恥じぬようにと、小さな信念はある。



「ボクの名前の意味は?」
「だれがつけたのですか?」
「どういうふうに、つけたのですか?」


事典を引っ張り出し、アキと一緒に、
パラパラとめくり、

一つ一つ、
あの頃を思い出しながら、答えた。


そして
今更ながら、
アキは「へぇ~~」とか「そうなんだぁ」と言いながら、
シートに書いていた。



アキも同じく、
小さな小さな信念としてくれるのだろうかな(^^♪
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
字画数だの、霊数だの、主運だの、五行、音声・・・・・


なまじっか事典があるために、
どうせなら、良い名をつけてあげたいと思うのは、
親バカの起点である(^^ゞ



まずは自分の姓名を調べるのも、当然である(笑)

詳しく思い出せないが、

あまり良くなかったような・・・(-_-;)

もちろん、いいところもありましたさ(^^ゞ


フム、姓名を元に、
なかなかやるではないかと、思ったのは覚えている。


ちなみに、
私の名は、初孫という事もあり、
私の祖父に、承諾を得たとか何とか(笑)


妹、弟は、
しっかりと字画数などを考えたそうな・・・(;一_一)

うん、調べたら、なかなかでございました。



なもんで、アキが、

いつか自分でも調べるような時に、
お~それなりじゃないか!と思えればと、

じっくり考えたのである。





名にこめる想い。

いや、子にこめる想い。


心身ともに健やかであって欲しいというのは、
どの親も同じである。


私が、わが子に、
いつの日か、
自分の名の意味を思い出し、肝に銘じ、

そうであって欲しいと願ったのは、


物事にあきらかで、

投げ出さず、
最後まで成し遂げる人間になって欲しい意を籠めた。


勉学が出来るに越したことはないが、

雑学でも良い、
多くの物事を知り、
口だけで無く、こなせる人間になってほしい。
そう願うのだ。

まぁ、引き出し多めな男になってほしいものです(笑)



私の名は、
ちょっと名前負けしているが(^^ゞ
少なくとも、名に恥じぬようにと、小さな信念はある。



「ボクの名前の意味は?」
「だれがつけたのですか?」
「どういうふうに、つけたのですか?」


事典を引っ張り出し、アキと一緒に、
パラパラとめくり、

一つ一つ、
あの頃を思い出しながら、答えた。


そして
今更ながら、
アキは「へぇ~~」とか「そうなんだぁ」と言いながら、
シートに書いていた。



アキも同じく、
小さな小さな信念としてくれるのだろうかな(^^♪
スポンサーサイト

【2007/10/19 21:59】 | 私の記憶とアキ
トラックバック(0) |


みい☆
そういう宿題があるのね~

アキ君・・・大事につけてくれた名前を
信念としてくれるといいね(*^-^*)

マーさん名前負けしてる??そうかな~・・・

そういえば私自分の名前のこと聞いた事なかったな
ヾ(´▽`*;)ゝ"

本と子供の名前決める時って色々考えてたら
つけられなくなっちゃうよね
本も買ったけどうちは旦那と私の名前を一字ずつで
おなかの子の性別はわからなかったけど
女の子の名前しか考えていなかったの(^m^ )クスッ


マー
>みい☆さんへ

アキよりもっと高学年だったけど、
こういった宿題はありました。
中学でもありました。

名前負け・・・
うん・・・自分の枠内では、
期待を裏切っているかなと(爆)

ただ、肝には命じておりまする(^^ゞ

自分の名を振り返る・・・
名前事典云々で深く調べるまで行かなくとも、
小さな小さな指針になれば!
そう思うのです。

事典・・・・
あればあったで悩みます(笑)



私も一生懸命考えました
新しい窓1113
ありましたね、名前の由来を聞いてくる宿題。
その時初めて親の思いを話しました。
いい宿題ですね。

私はこういうことには古い人間ですから画数にこだわりました。
名付けの本を買ってきて一生懸命調べました。
3人とも期限ぎりぎりだったような気がします。

私の場合はまったく名前負けしていて、名前を名乗ることが恥ずかしかったので、
(とうちゃん、かあちゃんゴメン、でも近所のお坊さんが決めたそうですが)
子供はごく自然な名前にしようと思っていましたが・・・
今風じゃないですね~。
子ども達はどう思っているやら???

でも、親の願いは理解していてほしいな~と思っています。



マー
>新しい窓1113さんへ

いい宿題だと思います。
私も、親に聞いて、
子供心に響きました^_^;
ちゃんと、願いが籠められているんだと。

アキの態度を見る限り、
私の頃と重なって見えたりしました。

「そうなれ!」とは、言いませんが(笑)

ある意味、形として親が子に
残せるものであると思います。

そうした親の僅かな願いを、
大人になっても、ふと思い出し、
信念の欠片にでもして欲しいですね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
そういう宿題があるのね~

アキ君・・・大事につけてくれた名前を
信念としてくれるといいね(*^-^*)

マーさん名前負けしてる??そうかな~・・・

そういえば私自分の名前のこと聞いた事なかったな
ヾ(´▽`*;)ゝ"

本と子供の名前決める時って色々考えてたら
つけられなくなっちゃうよね
本も買ったけどうちは旦那と私の名前を一字ずつで
おなかの子の性別はわからなかったけど
女の子の名前しか考えていなかったの(^m^ )クスッ
2007/10/21(Sun) 23:37 | URL  | みい☆ #bxvF113M[ 編集]
>みい☆さんへ

アキよりもっと高学年だったけど、
こういった宿題はありました。
中学でもありました。

名前負け・・・
うん・・・自分の枠内では、
期待を裏切っているかなと(爆)

ただ、肝には命じておりまする(^^ゞ

自分の名を振り返る・・・
名前事典云々で深く調べるまで行かなくとも、
小さな小さな指針になれば!
そう思うのです。

事典・・・・
あればあったで悩みます(笑)

2007/10/22(Mon) 00:12 | URL  | マー #-[ 編集]
私も一生懸命考えました
ありましたね、名前の由来を聞いてくる宿題。
その時初めて親の思いを話しました。
いい宿題ですね。

私はこういうことには古い人間ですから画数にこだわりました。
名付けの本を買ってきて一生懸命調べました。
3人とも期限ぎりぎりだったような気がします。

私の場合はまったく名前負けしていて、名前を名乗ることが恥ずかしかったので、
(とうちゃん、かあちゃんゴメン、でも近所のお坊さんが決めたそうですが)
子供はごく自然な名前にしようと思っていましたが・・・
今風じゃないですね~。
子ども達はどう思っているやら???

でも、親の願いは理解していてほしいな~と思っています。
2007/10/24(Wed) 18:18 | URL  | 新しい窓1113 #Rw/ZwaGc[ 編集]
>新しい窓1113さんへ

いい宿題だと思います。
私も、親に聞いて、
子供心に響きました^_^;
ちゃんと、願いが籠められているんだと。

アキの態度を見る限り、
私の頃と重なって見えたりしました。

「そうなれ!」とは、言いませんが(笑)

ある意味、形として親が子に
残せるものであると思います。

そうした親の僅かな願いを、
大人になっても、ふと思い出し、
信念の欠片にでもして欲しいですね。
2007/10/24(Wed) 22:01 | URL  | マー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック