「子連れ狼、の皮をかぶった羊の父子」として六年、七年目からはリニューアル(^^♪、そして開設から10年が立ちました。親子の距離は少しずつ広がり、ちょっぴり寂しくも、あれやこれやと日々を楽しくをモットーに、ガサツw、雑多な日々を綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アキの宿題や、勉強の中で、

私が一番好き
というか、楽しみなものは、
「音読」

宿題として、やる事もあるが、
基本的には、自発的に行い、
カードに日付、読んだもの、回数などを記入する。


そして、
今日は宿題として、音読が。

予復習ですかな。

国語の教科書も、上下の上も終わり、
下になった。

読む文章も、更に長くなり、
漢字も多くなってきた。
しどろもどろになりながらも、
一生懸命読む姿、

何度も読んでいくうち、
声も大きくなる様子、

次第に気持ちも入り、
凛として読み上げる姿は、

楽しみの一つでもある。


今日もなかなか、
読み応え、聞き応えが・・・・

と、

普段は食事中でもTVを見たがるアキだが、

読み始めてまもなく、
アキ「お父さん!!」

「え?え?何?」

アキ「TV、消してくれるかな、うるさくて集中出来ないから」

「え~~~~~~(@_@;)」

は、初めて言ったぞ~そんな事(~_~;)

「ハイ、消したよ」


そして、また、読み続けた。


時に、瞼を閉じ、
お話を聞くのは、至福の時である。


私の中の記憶では、
絵本などを読んでもらったことは無い。

きっと、
絵本や、お話を読んでもらい、
聞いている子供たちは、
こんな至福な時を過ごしているのだろうか・・・


今まで、アキに読んであげた絵本や、お話を
少し返してもらっているのかな、


そんな気分です(^^ゞ
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
しどろもどろになりながらも、
一生懸命読む姿、

何度も読んでいくうち、
声も大きくなる様子、

次第に気持ちも入り、
凛として読み上げる姿は、

楽しみの一つでもある。


今日もなかなか、
読み応え、聞き応えが・・・・

と、

普段は食事中でもTVを見たがるアキだが、

読み始めてまもなく、
アキ「お父さん!!」

「え?え?何?」

アキ「TV、消してくれるかな、うるさくて集中出来ないから」

「え~~~~~~(@_@;)」

は、初めて言ったぞ~そんな事(~_~;)

「ハイ、消したよ」


そして、また、読み続けた。


時に、瞼を閉じ、
お話を聞くのは、至福の時である。


私の中の記憶では、
絵本などを読んでもらったことは無い。

きっと、
絵本や、お話を読んでもらい、
聞いている子供たちは、
こんな至福な時を過ごしているのだろうか・・・


今まで、アキに読んであげた絵本や、お話を
少し返してもらっているのかな、


そんな気分です(^^ゞ
スポンサーサイト

【2006/10/26 22:57】 | 私の記憶とアキ
トラックバック(0) |

朗読こそ
spacesis
学習の基礎だと信じています。
黙読ではだめなのです。
子どものうちは読んでいるつもりでも、嘘読み、勝手読みが
どうしても入ります。

声に出して読んでこそ、読んだ文章が脳にこだまし、
何度も読み返しているうちに語彙の使い方を記憶する
ことができると思います。
これは低学年のうちが習慣のつけどき。

わたしもふたりの子どもたちに、特に娘には中三まで
半分言い合いしながらでも、夕食の準備をしながら
台所の椅子に座らせて朗読を奨励しました^^

ご飯を作っているだろうからと、ときどき読めない漢字
などごまかし読みをするのですがw、聞き逃しませんぞw
ちょっと待てぇ~。意味がそれでは通じないぞ。と
親子でよく台所で笑い転げたものです。

マーさん、朗読の習慣はいいですよ。
ずっと、できるだけ長く続けてください。
そして、子どもの朗読を聞くことにより、教科書でどんな
ことを学んでいるのか親は知ることができますし、
低学年でも教材の中には、大人が読んでも素晴らしい
物語がたくさんあります。

アキ君の朗読、楽しみです^
読みが上手になると自信を持ち、声もすがすがしく、
抑揚を入れると更に素晴らしい朗読になります^^^
がんばれ!親子!





マー
>spacesisさんへ

朗読の習慣、
このまま続けて行きたいです。

傍らで聞く至福の時もさることながら、
spacesisさんの仰るとおり、
肝要であると思います。

基本的には、
話の途中で指摘はしません、
終わった後、少しずつ・・・

回数を重ね、
アキ自身が、情景を浮かべられる位になると、
最初は、猫背でぼそぼそが
大きな声で、胸を張り、そして背筋も伸び
「凛」としたわが子を見れます(^^♪

新しいお話になると、
アキよりも、私のほうがワクワクです(^^ゞ



みぃー
最近気になる事に口をあけずに口の中でモゴモゴと話す子どもが多いことです。
我が娘もそうです。
そう教えてきたつもりはないのに
最近の特徴なのか、思春期で親との会話が鬱陶しいせいなのか
はっきりとしゃべりません。
保育園の子どももそうです。
何を言っているのか解らないので口元を見てみると
口がほとんど開いていない。
朗読ってはっきり言葉をはなす、はっきり相手に伝える事の大切さの第一歩として
とても効果のある、いい習慣かもしれませんね。


マー
>みぃーさんへ

お子さんは、難しい年頃でしょう、
ただ、親子だからこそなのかもしれませんね。
私もそうでしたし(^^ゞ

後に書こうかと思っていますが、
口を開き、音を発して、コミニュケーションを図る
というのは、重要だと思います。
私など、この年にして、なお日本語、会話の難しさを
痛感しているのですから・・・
アキの朗読は、まさに序章にすぎないでしょう。
続けていきたい事柄の一つです(^^ゞ


サクラコ
うぅっ、いいお話・・・。
なんだか、私まで幸せな気持ちになっちゃいました。
マーさんとアキくんとは逆なんですが、私は小さい頃、よーく、母に絵本を読んでもらっていたそうです。
確かに、母の声が優しくて心地よかったのを覚えています。
でも、私があまりに聞き入って、何冊も何冊もねだるので、母は大変だったようですが・・・。
私にも子供が出来たら、読んであげたいな~。


マー
>サクラコさんへ

お母様も、大変と思う反面、
幸せを噛締めていたんでしょうね(^_^.)

ババにも確認取りましたが、
私は、絵本など読んでもらった事は無し(;一_一)
忙しい日々でしたからねぇ・・・

アキには、
小さい頃より、よく読んであげ、
ス~~ッと寝入る姿を見るのが至福の時でありましたが、逆に、読んでもらうほどになるとはね(^^ゞ

私でも心地よい響き・・・
子供はそれ以上なんでしょうね^^;


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
朗読こそ
学習の基礎だと信じています。
黙読ではだめなのです。
子どものうちは読んでいるつもりでも、嘘読み、勝手読みが
どうしても入ります。

声に出して読んでこそ、読んだ文章が脳にこだまし、
何度も読み返しているうちに語彙の使い方を記憶する
ことができると思います。
これは低学年のうちが習慣のつけどき。

わたしもふたりの子どもたちに、特に娘には中三まで
半分言い合いしながらでも、夕食の準備をしながら
台所の椅子に座らせて朗読を奨励しました^^

ご飯を作っているだろうからと、ときどき読めない漢字
などごまかし読みをするのですがw、聞き逃しませんぞw
ちょっと待てぇ~。意味がそれでは通じないぞ。と
親子でよく台所で笑い転げたものです。

マーさん、朗読の習慣はいいですよ。
ずっと、できるだけ長く続けてください。
そして、子どもの朗読を聞くことにより、教科書でどんな
ことを学んでいるのか親は知ることができますし、
低学年でも教材の中には、大人が読んでも素晴らしい
物語がたくさんあります。

アキ君の朗読、楽しみです^
読みが上手になると自信を持ち、声もすがすがしく、
抑揚を入れると更に素晴らしい朗読になります^^^
がんばれ!親子!


2006/10/27(Fri) 01:18 | URL  | spacesis #4OrEtIGA[ 編集]
>spacesisさんへ

朗読の習慣、
このまま続けて行きたいです。

傍らで聞く至福の時もさることながら、
spacesisさんの仰るとおり、
肝要であると思います。

基本的には、
話の途中で指摘はしません、
終わった後、少しずつ・・・

回数を重ね、
アキ自身が、情景を浮かべられる位になると、
最初は、猫背でぼそぼそが
大きな声で、胸を張り、そして背筋も伸び
「凛」としたわが子を見れます(^^♪

新しいお話になると、
アキよりも、私のほうがワクワクです(^^ゞ
2006/10/27(Fri) 21:45 | URL  | マー #-[ 編集]
最近気になる事に口をあけずに口の中でモゴモゴと話す子どもが多いことです。
我が娘もそうです。
そう教えてきたつもりはないのに
最近の特徴なのか、思春期で親との会話が鬱陶しいせいなのか
はっきりとしゃべりません。
保育園の子どももそうです。
何を言っているのか解らないので口元を見てみると
口がほとんど開いていない。
朗読ってはっきり言葉をはなす、はっきり相手に伝える事の大切さの第一歩として
とても効果のある、いい習慣かもしれませんね。
2006/10/28(Sat) 10:41 | URL  | みぃー #evKQ3cOM[ 編集]
>みぃーさんへ

お子さんは、難しい年頃でしょう、
ただ、親子だからこそなのかもしれませんね。
私もそうでしたし(^^ゞ

後に書こうかと思っていますが、
口を開き、音を発して、コミニュケーションを図る
というのは、重要だと思います。
私など、この年にして、なお日本語、会話の難しさを
痛感しているのですから・・・
アキの朗読は、まさに序章にすぎないでしょう。
続けていきたい事柄の一つです(^^ゞ
2006/10/28(Sat) 23:09 | URL  | マー #-[ 編集]
うぅっ、いいお話・・・。
なんだか、私まで幸せな気持ちになっちゃいました。
マーさんとアキくんとは逆なんですが、私は小さい頃、よーく、母に絵本を読んでもらっていたそうです。
確かに、母の声が優しくて心地よかったのを覚えています。
でも、私があまりに聞き入って、何冊も何冊もねだるので、母は大変だったようですが・・・。
私にも子供が出来たら、読んであげたいな~。
2006/10/30(Mon) 18:41 | URL  | サクラコ #-[ 編集]
>サクラコさんへ

お母様も、大変と思う反面、
幸せを噛締めていたんでしょうね(^_^.)

ババにも確認取りましたが、
私は、絵本など読んでもらった事は無し(;一_一)
忙しい日々でしたからねぇ・・・

アキには、
小さい頃より、よく読んであげ、
ス~~ッと寝入る姿を見るのが至福の時でありましたが、逆に、読んでもらうほどになるとはね(^^ゞ

私でも心地よい響き・・・
子供はそれ以上なんでしょうね^^;
2006/10/30(Mon) 23:12 | URL  | マー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。