「子連れ狼、の皮をかぶった羊の父子」として六年、七年目からはリニューアル(^^♪、そして開設から10年が立ちました。親子の距離は少しずつ広がり、ちょっぴり寂しくも、あれやこれやと日々を楽しくをモットーに、ガサツw、雑多な日々を綴ります。
今、家にはコクワガタ♂が一匹いる。

今月の初め、
虫捕り&散歩に出掛けたアキが、

このコクワガタを捕まえてきた。
以前コクワガタで切ない思い?をしたアキ。

このコクワガタを捕まえてきた時は、
もんのすごい興奮気味だった。

他のカブトやら、ノコはもう庭先に眠っており、
そんな意味からも、ちょっと季節外れのこのコクワガタ、
アキの心を鷲摑み^^;

毎日、部屋の中を散歩させたり(^^ゞ
ゼリーあげたり・・・
ちゃんとお世話をしていた。

数日後・・・


アキは、自分で庭に、このコクワガタを逃がしてあげた。

「どうしたん?」

アキ「だって、お父さんいつも言ってるでしょ、
    虫はやっぱり、お外の方が幸せだって」

「そうだけどさ・・・・・そうだな、
  きっとありがとうって言ってるかもな」

アキ「でしょ、だって弱ってきてたからね」


多分、子供ながらに情が移ったのだろう。
そのまま死んでしまったら・・・と思ったのかもしれない。



翌日の夜だったろうか。
ババが「網戸にくっついていたよ」と
コクワガタを捕まえた。

どうも、アキが逃がしたコクワガタのようで、
アキも私もそのクワガタに間違いないなと。


当然アキは喜び、
また飼育ケースへ・・・
そして、またお世話を。

帰るやいなや、相変わらず手の上や、
部屋で散歩させたりするアキ。



そしてまた数日後。

遊びに行ったはずのアキが、一度帰宅し、
バタバタと二階へ。
きっとオモチャでも取りに来たんだろうと思っていたが、

一向に出かける気配がない。

すると、

私の居た台所に、すすり泣きながらきた。

「ど、どうした~~?怪我でもしたか?」

アキ「・・・ない・・いない・・・ワガタ・・いなく・・・」

外にいる友達に、
泣き声を聞かれたくなかったのだろう、声を押し殺していた。


聞けば・・・・

玄関でコクワガタを放し、「待っててね」と。
そして、二階へ行き、忘れ物を取り、
玄関へ戻ると・・・

そう

コクワガタはいなくなったのだ。

「当たり前だ!」とは言えず。
少し、カブトやクワガタの話をして、
明かりの下に、昆虫ゼリーを仕掛け、アキをなだめた。

翌朝、アキは真っ先にこの仕掛けを見に行ったが、
コクワガタは居なかった。


しょんぼりし、私に少し当たってきたが、
これはまぁ、しょうがないことである。



そして、その日の深夜。

なんと!
またもババがコクワガタを捕まえるのだ!!

今度は部屋の中。
最初は「ぎゃ~、なんだ?」と思ったババだが、
良く見ると、クワガタである。

事情を知っていたババ。
翌朝アキに、「ケース見てみな」とアキに。


嬉しくて、
そして照れくさいアキ・・・
だが、喜びは隠せない。


どうやら、このコクワガタ、外ではなく、家の中に居たのだろう。


ココまで来ると、
虫といえど、特別なもんである。
アキもそうだが、
私も、ババも、そんな思いがある。


アキは今日もコイツと遊んでいた。

それなりに元気ではある。
だが、朝晩の冷え込みは、容赦なく秋になっている。

もともと季節はずれな来客。

もうちょっと、
我が家に滞在してもらいたいものだ・・・

スポンサーサイト


追記を閉じる▲
アキは、自分で庭に、このコクワガタを逃がしてあげた。

「どうしたん?」

アキ「だって、お父さんいつも言ってるでしょ、
    虫はやっぱり、お外の方が幸せだって」

「そうだけどさ・・・・・そうだな、
  きっとありがとうって言ってるかもな」

アキ「でしょ、だって弱ってきてたからね」


多分、子供ながらに情が移ったのだろう。
そのまま死んでしまったら・・・と思ったのかもしれない。



翌日の夜だったろうか。
ババが「網戸にくっついていたよ」と
コクワガタを捕まえた。

どうも、アキが逃がしたコクワガタのようで、
アキも私もそのクワガタに間違いないなと。


当然アキは喜び、
また飼育ケースへ・・・
そして、またお世話を。

帰るやいなや、相変わらず手の上や、
部屋で散歩させたりするアキ。



そしてまた数日後。

遊びに行ったはずのアキが、一度帰宅し、
バタバタと二階へ。
きっとオモチャでも取りに来たんだろうと思っていたが、

一向に出かける気配がない。

すると、

私の居た台所に、すすり泣きながらきた。

「ど、どうした~~?怪我でもしたか?」

アキ「・・・ない・・いない・・・ワガタ・・いなく・・・」

外にいる友達に、
泣き声を聞かれたくなかったのだろう、声を押し殺していた。


聞けば・・・・

玄関でコクワガタを放し、「待っててね」と。
そして、二階へ行き、忘れ物を取り、
玄関へ戻ると・・・

そう

コクワガタはいなくなったのだ。

「当たり前だ!」とは言えず。
少し、カブトやクワガタの話をして、
明かりの下に、昆虫ゼリーを仕掛け、アキをなだめた。

翌朝、アキは真っ先にこの仕掛けを見に行ったが、
コクワガタは居なかった。


しょんぼりし、私に少し当たってきたが、
これはまぁ、しょうがないことである。



そして、その日の深夜。

なんと!
またもババがコクワガタを捕まえるのだ!!

今度は部屋の中。
最初は「ぎゃ~、なんだ?」と思ったババだが、
良く見ると、クワガタである。

事情を知っていたババ。
翌朝アキに、「ケース見てみな」とアキに。


嬉しくて、
そして照れくさいアキ・・・
だが、喜びは隠せない。


どうやら、このコクワガタ、外ではなく、家の中に居たのだろう。


ココまで来ると、
虫といえど、特別なもんである。
アキもそうだが、
私も、ババも、そんな思いがある。


アキは今日もコイツと遊んでいた。

それなりに元気ではある。
だが、朝晩の冷え込みは、容赦なく秋になっている。

もともと季節はずれな来客。

もうちょっと、
我が家に滞在してもらいたいものだ・・・

スポンサーサイト

【2006/09/11 22:33】 | 未分類
トラックバック(0) |


と~ちゃん
そりゃ大事に育てないと!

僕の記憶ではコクワは成虫で冬を越すはず・・・

http://www.geocities.co.jp/AnimalPark/1920/

↑参照、やっぱそうだw

上手に育てて長く滞在してもらってくださいw


マー
>と~ちゃんさんへ

おぉ~、コクワは越冬するんでしたか(^^)v
これは楽しみ。
いやまぁ、冬眠するんだろうけど。

長居してもらいたいですな(^^♪
この話をアキに伝えたら、大喜びでした。
構い過ぎに注意させなくちゃ。


いわさき
うん、コクワは越冬できるはずです。
条件さえ整えてあげれば…。ただ、そろそろ長野辺りじゃ冷えるようになっていますよね、そろそろ…かな?
くわしくは解らないけど…。
アキ君といっしょにしらべてみて、頑張ってくださいね。
来年も一緒に遊べるといいですね…コクワ君。


マー
>いわさきさんへ

コクワ、長生きして欲しいもんです(^^ゞ
当方、新潟ですので、
冷え込みは長野ほどではないけれど、
雪の量は・・・
はぁ、またあの季節がやってくるのか・・・
だがしかし、
気は早いけど、
アキにはスキーの楽しさを教えなくては!
そして、コクワとまた再会させてあげたいですね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
そりゃ大事に育てないと!

僕の記憶ではコクワは成虫で冬を越すはず・・・

http://www.geocities.co.jp/AnimalPark/1920/

↑参照、やっぱそうだw

上手に育てて長く滞在してもらってくださいw
2006/09/12(Tue) 09:49 | URL  | と~ちゃん #eqP7eH0Y[ 編集]
>と~ちゃんさんへ

おぉ~、コクワは越冬するんでしたか(^^)v
これは楽しみ。
いやまぁ、冬眠するんだろうけど。

長居してもらいたいですな(^^♪
この話をアキに伝えたら、大喜びでした。
構い過ぎに注意させなくちゃ。
2006/09/12(Tue) 20:02 | URL  | マー #-[ 編集]
うん、コクワは越冬できるはずです。
条件さえ整えてあげれば…。ただ、そろそろ長野辺りじゃ冷えるようになっていますよね、そろそろ…かな?
くわしくは解らないけど…。
アキ君といっしょにしらべてみて、頑張ってくださいね。
来年も一緒に遊べるといいですね…コクワ君。
2006/09/12(Tue) 22:50 | URL  | いわさき #-[ 編集]
>いわさきさんへ

コクワ、長生きして欲しいもんです(^^ゞ
当方、新潟ですので、
冷え込みは長野ほどではないけれど、
雪の量は・・・
はぁ、またあの季節がやってくるのか・・・
だがしかし、
気は早いけど、
アキにはスキーの楽しさを教えなくては!
そして、コクワとまた再会させてあげたいですね。
2006/09/12(Tue) 23:18 | URL  | マー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック