「子連れ狼、の皮をかぶった羊の父子」として六年、七年目からはリニューアル(^^♪、そして開設から10年が立ちました。親子の距離は少しずつ広がり、ちょっぴり寂しくも、あれやこれやと日々を楽しくをモットーに、ガサツw、雑多な日々を綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アキの通う学校は、昨日で給食が終わり

今日からアキは、
当分弁当です。

月曜が終業式、その後夏休み中は、
毎日、児童クラブで過ごす事となります。

となると、

毎日お弁当作りがあるわけで、
おかずにも困る・・・・
毎日、冷凍食品というのも・・・ねぇ・・・

幸い(?)

とり唐と、おにぎりさえあれば満足なアキ。

だがしかし、
そんな訳にもいきません。


トマトや、きゅうりなどは、自宅で採れるから助かる。

いろどり的に、黄色が無い。


そう、

簡単、定番と言うと、「たまご焼き」が、やはり欲しいところ。

が・・・・

私、たまご焼き、あまり好きではない。
子供の時には、必ず入っていたが、

味が無かったり、甘すぎたり、時に砂糖と塩を間違えたりな
たまご焼きでして(ーー;)

そして、
そもそも、甘いもの、甘いおかずは好きではない。


↓↓↓続き


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そんな親であるからして、
食卓には、たまご焼きが並んだ日はない。

けど、
ココは一つ、
アキのお弁当の一品として、

昨夜、アキが寝た後、作ってみるかと。
(冷蔵庫に入れておけばいいし)

しかし、たまご焼き器など、もう無い(ーー;)

まぁ、フライパンでもいいか・・・

さてと、「だし汁」・・・無いな・・・
まっ、まぁいいか。

まずは、蜂蜜。
これは入れてみたかった。

蜂蜜をみりん代わりにして、
そして、砂糖と醤油を少々でいいや・・・うんうん
(手抜きもいいとこか^^;)


一つ目。
火加減が悪く、途中からスクランブルエッグになる(ーー;)

→ケチャップをかけて、食す・・・

二つ目。
形にはなったが、砂糖が多すぎ
とても食べられない

→養鶏農家の方スイマセン・・・

三つ目。
形もいい感じ、私も食べられる丁度いい甘さ。
蜂蜜のおかげで、ホットケーキみたいな感じで
きっと、アキにも好評だろう。

荒熱が取れてから、ニヤリとしながら冷蔵庫へ。

ムフフ

喜ぶかな~~と。


そして、少し早めに起きると、ババはすでに揚げ物を。

さてと、冷蔵庫の・・・・あれ?

あれれれれれ?

「なぁ、たまご焼き知らん?」

ババ「あ~~、割っちゃった」

「割ったとは?」

ババ「お皿落としちゃってさ~」

な、なんですと!!

作り直すにも、時間も無く。
ただただ、凹んでおりました(-_-;)

ババ「お前が、たまご焼き作るなんてねぇ」

クッ、そもそもアンタのたまご焼きが、
トラウマになってるんですぞ(-_-;)

毎日のたまご焼きが、子供にとってはまさに、ロシアンルーレット。

あの塩辛いたまご焼きは、ある意味忘れられん^^;



いい機会だから、
たまご焼き器、買ってこよう。
いや、
ババに買ってきてもらわねば(-.-)





スポンサーサイト


追記を閉じる▲
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そんな親であるからして、
食卓には、たまご焼きが並んだ日はない。

けど、
ココは一つ、
アキのお弁当の一品として、

昨夜、アキが寝た後、作ってみるかと。
(冷蔵庫に入れておけばいいし)

しかし、たまご焼き器など、もう無い(ーー;)

まぁ、フライパンでもいいか・・・

さてと、「だし汁」・・・無いな・・・
まっ、まぁいいか。

まずは、蜂蜜。
これは入れてみたかった。

蜂蜜をみりん代わりにして、
そして、砂糖と醤油を少々でいいや・・・うんうん
(手抜きもいいとこか^^;)


一つ目。
火加減が悪く、途中からスクランブルエッグになる(ーー;)

→ケチャップをかけて、食す・・・

二つ目。
形にはなったが、砂糖が多すぎ
とても食べられない

→養鶏農家の方スイマセン・・・

三つ目。
形もいい感じ、私も食べられる丁度いい甘さ。
蜂蜜のおかげで、ホットケーキみたいな感じで
きっと、アキにも好評だろう。

荒熱が取れてから、ニヤリとしながら冷蔵庫へ。

ムフフ

喜ぶかな~~と。


そして、少し早めに起きると、ババはすでに揚げ物を。

さてと、冷蔵庫の・・・・あれ?

あれれれれれ?

「なぁ、たまご焼き知らん?」

ババ「あ~~、割っちゃった」

「割ったとは?」

ババ「お皿落としちゃってさ~」

な、なんですと!!

作り直すにも、時間も無く。
ただただ、凹んでおりました(-_-;)

ババ「お前が、たまご焼き作るなんてねぇ」

クッ、そもそもアンタのたまご焼きが、
トラウマになってるんですぞ(-_-;)

毎日のたまご焼きが、子供にとってはまさに、ロシアンルーレット。

あの塩辛いたまご焼きは、ある意味忘れられん^^;



いい機会だから、
たまご焼き器、買ってこよう。
いや、
ババに買ってきてもらわねば(-.-)





スポンサーサイト

【2006/07/21 21:27】 | 私の記憶とアキ
トラックバック(0) |


spacesis
あっは!
マー父さん、奮戦してますね。
一度お料理の基本の本でも買って、今から男子厨房に入る、は
いかがでしょうか^^
(あれ?もうやってるんだっけ?^^;
わたしも卵を使った料理、あまり好きではありませんが、
こどもたちのお弁当、ポルトガルは給食がありませんから、
すくなくとも9年間は、来る日も来る日も作りました^^;
日本のように出来あがったお惣菜など売っていませんし、
食材も日本のようにはいきませんから、しまいには、
万年弁当(つまりおかずは毎日同じ)(笑)
子供達には「文句を言うんじゃぁない!アフリカを見ろ。」の一言。
2人ともシュ~ンです(笑)
いえね、少ない食材の中で、毎日献立考えることの手抜きを
しなかったと言えば嘘になる。
でも、わたしはいいんじゃないかと思っています。
三つくらいの定食弁当のメニューを作り、それを3日ごとに
繰りかえす。こういう感じでいいのでは?
それにしても、せっかくの挑戦玉子焼き、残念だったわぁ。




ぱんだ
玉子焼き、ぱんだの母は塩コショウでした。なので、甘い玉子焼きを作ってくれる友人の母を羨ましくも思ったり。。。母に直訴したら一刀両断・・・(--; ダシ入り玉子は「お正月」のものでしたし(笑)。
でももう、血は争えないのかぱんだも塩コショウで(こぱんだに甘いの作ったら拒否されました)丸いフライパンで作っています。軽くスクランブルにしてすぐに折りたたむ超荒業です(爆)。


マー>spacesisさん、ぱんださんへ
>spacesis さんへ

厨房、離婚前からたっぷり入っております(笑)
いや、小学からか・・・(^^ゞ
お父さんの味としては、結構ありますが、
ある意味「お母さんの味」にはあえて踏み込んでいませんでした。
お弁当は苦手分野です。
ただ、そうも言ってられませんし、いっちょ踏み込もうと・・・
ただ、おかずはローテーションになります。
spacesisさんと同じく?
「インドネシアの子はなぁ」で凌ぎます(爆)
ただ、野望もあります。「ビックリ弁当」を作ることです。
余裕があるときは、やりたいです(^^ゞ
そうそう、たまご焼き器買いました。
なかなか良いです。後は我が家の(私の)味かな。

>ぱんださんへ

や、やはり血は争えませんか(笑)
今日、たまご焼き器買ってきました。
なかなか良いですよ~
ただ、忙しい朝に作るもんではないですね。
夜作るのがベストだと再認識しました。
だし汁は使いたくないんです。まさにお正月なので(^^ゞ
マーオリジナルを作りたい気持ちです。
塩コショウ・・それもありだな、試しに甘いのと、これを試してみます。
さて、アキはどちら党かな~




いわさき
お弁当は、僕は見た目にはそれほど気を使いません。
もちろん、他の子と比較してあんまりだなぁ…ってならないようにはしますけど…。あと、楽しめるように、ピカチュウにしたりとかはしますけど、栄養的には、昼の1食ぐらいバランスが崩れてても、朝と夜で取り戻せばいいと!
(お弁当のデコレーションはこにゃんさんの「魅力」ってページが)
というわけで、いわさきはお弁当は適当です。


マー>いわさきさんへ
>いわさきさんへ

彩のために、訳のわかんない冷凍食品やらは
嫌だな~と思っています。
5品くらいで、ローテーションです(^^ゞ
ピカチュウは楽しそうだな~、その後が怖そうです、
「明日はルカリオ」とか言われそうです(爆)
お弁当、綺麗に食べてきてくれると、嬉しいもんで、
たまご焼きは今のところ好評であります(^^)v

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
あっは!
マー父さん、奮戦してますね。
一度お料理の基本の本でも買って、今から男子厨房に入る、は
いかがでしょうか^^
(あれ?もうやってるんだっけ?^^;
わたしも卵を使った料理、あまり好きではありませんが、
こどもたちのお弁当、ポルトガルは給食がありませんから、
すくなくとも9年間は、来る日も来る日も作りました^^;
日本のように出来あがったお惣菜など売っていませんし、
食材も日本のようにはいきませんから、しまいには、
万年弁当(つまりおかずは毎日同じ)(笑)
子供達には「文句を言うんじゃぁない!アフリカを見ろ。」の一言。
2人ともシュ~ンです(笑)
いえね、少ない食材の中で、毎日献立考えることの手抜きを
しなかったと言えば嘘になる。
でも、わたしはいいんじゃないかと思っています。
三つくらいの定食弁当のメニューを作り、それを3日ごとに
繰りかえす。こういう感じでいいのでは?
それにしても、せっかくの挑戦玉子焼き、残念だったわぁ。

2006/07/22(Sat) 19:20 | URL  | spacesis #0cAxI0w.[ 編集]
玉子焼き、ぱんだの母は塩コショウでした。なので、甘い玉子焼きを作ってくれる友人の母を羨ましくも思ったり。。。母に直訴したら一刀両断・・・(--; ダシ入り玉子は「お正月」のものでしたし(笑)。
でももう、血は争えないのかぱんだも塩コショウで(こぱんだに甘いの作ったら拒否されました)丸いフライパンで作っています。軽くスクランブルにしてすぐに折りたたむ超荒業です(爆)。
2006/07/22(Sat) 23:08 | URL  | ぱんだ #VGHpASgM[ 編集]
>spacesis さんへ

厨房、離婚前からたっぷり入っております(笑)
いや、小学からか・・・(^^ゞ
お父さんの味としては、結構ありますが、
ある意味「お母さんの味」にはあえて踏み込んでいませんでした。
お弁当は苦手分野です。
ただ、そうも言ってられませんし、いっちょ踏み込もうと・・・
ただ、おかずはローテーションになります。
spacesisさんと同じく?
「インドネシアの子はなぁ」で凌ぎます(爆)
ただ、野望もあります。「ビックリ弁当」を作ることです。
余裕があるときは、やりたいです(^^ゞ
そうそう、たまご焼き器買いました。
なかなか良いです。後は我が家の(私の)味かな。

>ぱんださんへ

や、やはり血は争えませんか(笑)
今日、たまご焼き器買ってきました。
なかなか良いですよ~
ただ、忙しい朝に作るもんではないですね。
夜作るのがベストだと再認識しました。
だし汁は使いたくないんです。まさにお正月なので(^^ゞ
マーオリジナルを作りたい気持ちです。
塩コショウ・・それもありだな、試しに甘いのと、これを試してみます。
さて、アキはどちら党かな~

2006/07/22(Sat) 23:50 | URL  | マー>spacesisさん、ぱんださんへ #-[ 編集]
お弁当は、僕は見た目にはそれほど気を使いません。
もちろん、他の子と比較してあんまりだなぁ…ってならないようにはしますけど…。あと、楽しめるように、ピカチュウにしたりとかはしますけど、栄養的には、昼の1食ぐらいバランスが崩れてても、朝と夜で取り戻せばいいと!
(お弁当のデコレーションはこにゃんさんの「魅力」ってページが)
というわけで、いわさきはお弁当は適当です。
2006/07/24(Mon) 13:54 | URL  | いわさき #-[ 編集]
>いわさきさんへ

彩のために、訳のわかんない冷凍食品やらは
嫌だな~と思っています。
5品くらいで、ローテーションです(^^ゞ
ピカチュウは楽しそうだな~、その後が怖そうです、
「明日はルカリオ」とか言われそうです(爆)
お弁当、綺麗に食べてきてくれると、嬉しいもんで、
たまご焼きは今のところ好評であります(^^)v
2006/07/24(Mon) 21:54 | URL  | マー>いわさきさんへ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。