「子連れ狼、の皮をかぶった羊の父子」として六年、七年目からはリニューアル(^^♪、そして開設から10年が立ちました。親子の距離は少しずつ広がり、ちょっぴり寂しくも、あれやこれやと日々を楽しくをモットーに、ガサツw、雑多な日々を綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝から、雷雨。
明日も天気が悪そうだ。

晴れたら行きたい所もあったが・・・

となると

早速、第二回父子でぴりぴり習字教室開催(^_^)/


遅めの朝食をとり
アキに促す。

嫌がりも、喜びもしないが^^;
用意をする。

↓↓↓続き
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

アキ「ねぇ?どんくらいやるの?」

「40分くらいかな」

アキ「えぇ~~(ーー;)」

「だらけんな、もうお父さん先生ですよ」

アキ「・・・・・・・」


さて、何書かせようか・・・
平仮名は意外と、曲線があって難しい。
やはり基本的に直線の、「一」か。

アキは「漢字、漢字~、ボク、七とか四とか知ってるし」と得意気

「小僧!君には2画以上はまだ早いんじゃぁ」と思いながらも
ピリピリ指数は上昇

はっ! イカンイカン(-_-;)

「そうか?そんなに書きたいなら、書いて見ようか?」

アキ「うん」

30秒程経過・・・・

ズズ~~~ンと凹むアキ・・・・・だからまだ早いっちゅうの。

「ほらみろ」と言いたい気持ちが込上げるが
ぐぐっと堪える。

「じゃ、じゃあ、やっぱり、一を書いてみようか」

アキ「・・・・一、ヤダ」

「じゃ、十にしようか?」

アキ「うん、十なら良いよ」

よし、「十」なら線の練習になるな。うんうん。

10分経過・・・・

何度も「違ーーーう」と言いたい気持ちと格闘(ーー;)
だがしかし、わが子と思ってはイカン。
生徒として扱うには・・・・イライラ・・・(;一_一)

いやしかし
私としては、「教える」を学ぶために始めた習字。
凹ますのが目的ではない。

「なかなか、難しいでしょ?」

アキ「・・・・うん」

朱液で、直したり、いい所は丸印をするが、
アキは少し不満気味。

よし、やっぱり「一」をしっかりやってみよう。

しかし、始めと終わりは難しいので、「点」を書かせてみる。

「ほら、ぴちょん君みたいだね~」

アキ「ホントだ、面白い」

ヨシヨシ(~_~)乗ってきたぞ~
筆の角度が悪いと、綺麗な点にならないのも判ったようだ。

点を書いてる途中、そのまま線に移行させる。
強弱がつき、アキも感じが判ってきたようだ。

060715_2030~01.jpg


40分程経過し、

お互い「ありがとうございました」で今日は終了。
本を見せ、漢字は色んな組み合わせ(点や線、曲線)
で成り立つことを教えると、アキは納得。




「教える」って難しい。

親だからこそ、上手く教えてられないんだと思う。
怒鳴ったり、凹ませたり・・・
きっと、知らずに意欲を削ぐことをしてるはず。

もしかしたら
会社の後輩達の意欲を削ぐようなことをしているかもしれない。

厳しさと、優しさのバランスは難しい。
身近になるほどにそうかもしれない。

習字、継続するようにしなくちゃ(~_~)
アキを通して、得られる物は多いな~


スポンサーサイト


追記を閉じる▲
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

アキ「ねぇ?どんくらいやるの?」

「40分くらいかな」

アキ「えぇ~~(ーー;)」

「だらけんな、もうお父さん先生ですよ」

アキ「・・・・・・・」


さて、何書かせようか・・・
平仮名は意外と、曲線があって難しい。
やはり基本的に直線の、「一」か。

アキは「漢字、漢字~、ボク、七とか四とか知ってるし」と得意気

「小僧!君には2画以上はまだ早いんじゃぁ」と思いながらも
ピリピリ指数は上昇

はっ! イカンイカン(-_-;)

「そうか?そんなに書きたいなら、書いて見ようか?」

アキ「うん」

30秒程経過・・・・

ズズ~~~ンと凹むアキ・・・・・だからまだ早いっちゅうの。

「ほらみろ」と言いたい気持ちが込上げるが
ぐぐっと堪える。

「じゃ、じゃあ、やっぱり、一を書いてみようか」

アキ「・・・・一、ヤダ」

「じゃ、十にしようか?」

アキ「うん、十なら良いよ」

よし、「十」なら線の練習になるな。うんうん。

10分経過・・・・

何度も「違ーーーう」と言いたい気持ちと格闘(ーー;)
だがしかし、わが子と思ってはイカン。
生徒として扱うには・・・・イライラ・・・(;一_一)

いやしかし
私としては、「教える」を学ぶために始めた習字。
凹ますのが目的ではない。

「なかなか、難しいでしょ?」

アキ「・・・・うん」

朱液で、直したり、いい所は丸印をするが、
アキは少し不満気味。

よし、やっぱり「一」をしっかりやってみよう。

しかし、始めと終わりは難しいので、「点」を書かせてみる。

「ほら、ぴちょん君みたいだね~」

アキ「ホントだ、面白い」

ヨシヨシ(~_~)乗ってきたぞ~
筆の角度が悪いと、綺麗な点にならないのも判ったようだ。

点を書いてる途中、そのまま線に移行させる。
強弱がつき、アキも感じが判ってきたようだ。

060715_2030~01.jpg


40分程経過し、

お互い「ありがとうございました」で今日は終了。
本を見せ、漢字は色んな組み合わせ(点や線、曲線)
で成り立つことを教えると、アキは納得。




「教える」って難しい。

親だからこそ、上手く教えてられないんだと思う。
怒鳴ったり、凹ませたり・・・
きっと、知らずに意欲を削ぐことをしてるはず。

もしかしたら
会社の後輩達の意欲を削ぐようなことをしているかもしれない。

厳しさと、優しさのバランスは難しい。
身近になるほどにそうかもしれない。

習字、継続するようにしなくちゃ(~_~)
アキを通して、得られる物は多いな~


スポンサーサイト

【2006/07/15 22:30】 | 父子でぴりぴり習字教室
トラックバック(0) |


みぃー
アキくん、なかなか上手ですねv-290
我が子の先生になるのは難しいですよね。
私にはできないです。


マー>みぃーさんへ
>みぃーさんへ

一緒に心を静かにして字を書いてみようと思っていましたが、
それどころか、忍耐力を学んでおります(-_-;)
わが子だからこそ、難しいですね。

娘さんがもう少し大きくなると、
みぃーさんは、大先生になるはずですよ。



サクラコ
あー!習字だ!私の得意分野(笑)
マーさん、教え方上手ですね。ぴちょんくんって!最高です。
すごい納得しちゃいました~。
書道って本当に基礎が大事ですよね。書家の先生たち、自由に書いてそうですが、彼らも基礎をみっちりやってるから、あれだけのことができるんです。
書道だけじゃなくて全てに言えることですが、基礎って大事ですよねー。
アキくん、がんばれ!


マー>サクラコさんへ
>サクラコさんへ

そうです。
サクラコさんの、得意分野です(~_~)
25年ぶりくらいに筆を持ちました。
アキは習字を、そして私は忍耐を習っています(爆)
そして、何事も基礎は、一番難しいですね。


いわさき
教えるって、難しいですよね。
教えるって言うことは、信じることを学んでいるのかもしれないと、思ったことがあります。



マー>いわさきさんへ
>いわさきさんへ

う~~ん深いですね。
「信じることを学ぶ」

どんなことでも、人に教えると言うのは、
自分の器をはかるような気がします。
上司がよく言うんです。
「教えられるようになってこそ、技量は完成されていく」と。
何事も、教えながら、教えられることは多いです(^^ゞ

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
アキくん、なかなか上手ですねv-290
我が子の先生になるのは難しいですよね。
私にはできないです。
2006/07/16(Sun) 13:51 | URL  | みぃー #evKQ3cOM[ 編集]
>みぃーさんへ

一緒に心を静かにして字を書いてみようと思っていましたが、
それどころか、忍耐力を学んでおります(-_-;)
わが子だからこそ、難しいですね。

娘さんがもう少し大きくなると、
みぃーさんは、大先生になるはずですよ。
2006/07/16(Sun) 22:21 | URL  | マー>みぃーさんへ #-[ 編集]
あー!習字だ!私の得意分野(笑)
マーさん、教え方上手ですね。ぴちょんくんって!最高です。
すごい納得しちゃいました~。
書道って本当に基礎が大事ですよね。書家の先生たち、自由に書いてそうですが、彼らも基礎をみっちりやってるから、あれだけのことができるんです。
書道だけじゃなくて全てに言えることですが、基礎って大事ですよねー。
アキくん、がんばれ!
2006/07/17(Mon) 20:54 | URL  | サクラコ #-[ 編集]
>サクラコさんへ

そうです。
サクラコさんの、得意分野です(~_~)
25年ぶりくらいに筆を持ちました。
アキは習字を、そして私は忍耐を習っています(爆)
そして、何事も基礎は、一番難しいですね。
2006/07/17(Mon) 21:50 | URL  | マー>サクラコさんへ #-[ 編集]
教えるって、難しいですよね。
教えるって言うことは、信じることを学んでいるのかもしれないと、思ったことがあります。
2006/07/18(Tue) 16:09 | URL  | いわさき #-[ 編集]
>いわさきさんへ

う~~ん深いですね。
「信じることを学ぶ」

どんなことでも、人に教えると言うのは、
自分の器をはかるような気がします。
上司がよく言うんです。
「教えられるようになってこそ、技量は完成されていく」と。
何事も、教えながら、教えられることは多いです(^^ゞ
2006/07/18(Tue) 22:35 | URL  | マー>いわさきさんへ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。