「子連れ狼、の皮をかぶった羊の父子」として六年、七年目からはリニューアル(^^♪、そして開設から10年が立ちました。親子の距離は少しずつ広がり、ちょっぴり寂しくも、あれやこれやと日々を楽しくをモットーに、ガサツw、雑多な日々を綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鮎解禁となって半月、
本年はなかなか楽しませてもらってる(^^♪

IMG_0851.jpg

今からこのサイズとなると、

いよいよ今年は尺鮎狙えるのか?と野心が。

そんな中、

「夕方家に寄れ」と、鮎釣り師匠に言われ、

仕事帰りによると、次から次、
色々な物を手渡された。

聞けばお師匠、

先日、ふらりと一人で釣行し、シーズン半ばにして引退を決意したと。
毎年騙し騙しだったが、体力的に満足な釣行が出来ないと、先日確信したと。

毎年、もうやめるもうやめると言いつつも、
「次いつ行く?」なんて言ってたのが、

どうも今年は言ってこないなぁ~とは思っていたんだけど・・・

毎年、一緒に行っているうちに、
私との機動力、体力の開きが、目に見えるようになったのも一因かもしれない。

さて、色々手渡された中でも、
師匠の一番のお気に入り、自慢のタモと、その革ケース。
これを譲り受けたのは、嬉しさよりも、淋しさが大きい。

IMG_0854.jpg

タモ径は36センチ、
今使っている39センチでも上手くキャッチ出来ないと言うのに・・・

「たまに見に行くからな!下手なことしてたら取り上げるぞ」と。


鮎釣りはまだまだ出来る。
けれど、

思い描く釣り方、求めている釣り方に、
身体がそもそも付いてこないのなら、スッパリ辞める。
釣行の度に悔やむようなものなら、スッパリ辞める。

お師匠、引き際すらも格好いいなぁと(^_^)

比べてこっち、

四十半ばにしてまだまだハナタレww

何より、頂いた道具一式。

師「今度はお前が誰かに教えろ。こんなに面白い釣り、教えずにしてなんとする!」

まだまだ精進せねばなりません(~_~;)
スポンサーサイト

【2016/07/27 23:37】 | 魚釣り
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。