「子連れ狼、の皮をかぶった羊の父子」として六年、七年目からはリニューアル(^^♪、そして開設から10年が立ちました。親子の距離は少しずつ広がり、ちょっぴり寂しくも、あれやこれやと日々を楽しくをモットーに、ガサツw、雑多な日々を綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がっつり春スキーを満喫する中、

一応、父であるワタクシは嫌いな会社に行きながらも(笑)

二年ぶりに県の溶接競技会に出場したりでした^_^;

そもそも、
種目こそ違えど、十云年前には優勝しているのだけれど、

会社の在り方に危惧し、警鐘を鳴らしても響かずで、
こりゃ~イカンぞと、
自分や、そして同世代の熱い想いを胸に、
二年前に違う種目で再チャレンジ!

とはいえ、
優勝できればそれに越した事は無いのだけれど、

咬ませ犬上等!で、後進が輝ければと、データー出しや、
その裏付けに主眼を置き、日々練習に励んでおりました。

ちなみに本番は10日、とっくに終わっとります(~_~;)
出場は、私そして後輩が二名。

IMG_0596.jpg

結果からいえば、
近年稀に見るほどの猛者ぞろいで、多分入賞は難しいかなと。

明らかな練習不足でもあったが、
理由は他職場から、どうしても頼む拝むで溶接作業の応援に行った事が大きかったが、
それはそれで充実感もあったしなんとも言えない所・・・^_^;

もう一つ分かった、確信したのは、
危惧していた通り、後進があまりにも育っていない事を痛感した。

腕は良いのだけれど、明らかな経験不足と、
伴う論理的な考えとその展開、
インスピレーションとイマジネーションの欠如・・・

まぁ・・・プラス思考で、
現況の溶接士レベルが明確に分かった事は良かったww

とはいえ、
得た物は大きかった。

対競技会のノウハウとして確信が持てる事項がいくつかあり、
それはそれは今後大きなモノになる事でしょう。

そういった意味では、
自分の役割的には非常に大きなものを得て満足感があります。


競技会終わり数日経ってから審査員を担っている上司に、
「お前、来年も出るか?出たいのか?出ろって言えば出るのか?」と聞かれた。

答えは、
「本気で入賞もしくはその上位に、
誰かしらを充てたいのなら喜んで後進の咬ませ犬になるよ、
あわよくばオレが優勝かなww」と。

自分のデーターを実証して欲しい訳ではないです。

自分で考え、悩み、努力し、勝ち取る。

そう、自分で力で勝負できる後進を育てたいという想いの方が強いです。

競争心のない後進には手を焼くのだけれどww

せめて、
自分の仕事に少しでも誇りを持って欲しいなと思う今日この頃です(~_~;)


会社生活において、チャンス・機会を活かせない、
それどころかそれに愚痴をいうなんざ愚の骨頂!

どうかどうか後進、若手よ、
人生を変えるチャンスって、そう何度も来ないものだ。

自分の名を上げる機会が巡ってきたその時、

どうか、愚痴も良いけど楽しんで欲しいな。うん^^;

スポンサーサイト

【2016/04/23 22:46】 | 会社
トラックバック(0) |

職人
パラナ
どんな業種もどんどん腕の良い職人さんが減っていっています。
普段は気付かないけど、大きな事態になって初めて気付く感じです。
昨年、とある施設で難しい溶接技術を必要とする案件があり、それができる職人さんを探すのにとても苦労をしたそうです。
マーさんのような方が一番必要なのです。
ほんと、そう思います。


マー
>パラナさんへ

そうなんですよね・・職人と呼ばれる方々が減ってますね。いや、いるはずなんですよ。ただ「今」の世に出てこれなくなっている事もあります。
なんでもかんでも数値だ視覚化だという風潮ですので、「腕」をそれに変換できないと、表立って出てこれない難しさもあります。
けれど、言われるように高度な技術を要する案件は減るどころか増えてるんです。
成功につながる失敗すらも許さないご時世は多くの弊害を生んでおります。
こういっちゃなんですが、良い時代に成長期を送る事が出来て良かったと思っております^_^;


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
職人
どんな業種もどんどん腕の良い職人さんが減っていっています。
普段は気付かないけど、大きな事態になって初めて気付く感じです。
昨年、とある施設で難しい溶接技術を必要とする案件があり、それができる職人さんを探すのにとても苦労をしたそうです。
マーさんのような方が一番必要なのです。
ほんと、そう思います。
2016/04/24(Sun) 11:43 | URL  | パラナ #-[ 編集]
>パラナさんへ

そうなんですよね・・職人と呼ばれる方々が減ってますね。いや、いるはずなんですよ。ただ「今」の世に出てこれなくなっている事もあります。
なんでもかんでも数値だ視覚化だという風潮ですので、「腕」をそれに変換できないと、表立って出てこれない難しさもあります。
けれど、言われるように高度な技術を要する案件は減るどころか増えてるんです。
成功につながる失敗すらも許さないご時世は多くの弊害を生んでおります。
こういっちゃなんですが、良い時代に成長期を送る事が出来て良かったと思っております^_^;
2016/04/24(Sun) 22:45 | URL  | マー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。