「子連れ狼、の皮をかぶった羊の父子」として六年、七年目からはリニューアル(^^♪、そして開設から10年が立ちました。親子の距離は少しずつ広がり、ちょっぴり寂しくも、あれやこれやと日々を楽しくをモットーに、ガサツw、雑多な日々を綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さてさて、忘れないうちに書き綴らねば!

バイクユーザー車検、今回は現地編。

挑みたるはw、長岡自動車検査登録事務所。

予約したのは朝一番の1R。到着は丁度、受付開始時間。

先ずは、向かって右側の建物。
ガラス越しに13とか奥の方に7や8の受付番号が見える建物である。

順番はどうでも良いと思う、私は8番へ行き
「継続検査なんですが、印紙や証紙をお願いします」と車検証を見せると、
すぐに7番の方と目配せし、手際良く応対してくれる(^^)

8番で「自動車検査登録印紙400円、自動車審査証紙1,300円、
そして7番で自動車重量税印紙3,800円を購入。

近くの机に「自動車重量税納付書」が置いてあるので(隣の建物にもある)
早速記入、そして3,800円の自動車重量税印紙を貼る。

おっと!継続申請書!と、
入り口付近の13番へ「継続申請書お願いします」と、27円。

また机に戻り^^;記入。
注意するのは、上部の薄いピンクと走行距離は鉛筆にて記入!
左下部では印鑑を押すところがあるので「印鑑」をお忘れなく。

次は隣の建物へ。ガラス越しに1番とか2番が見えるはず。


一番へ行き「継続検査なんですが」と素人丸出しにするとw
自動車検査票を頂ける(・・いや、普通に頂けます^^;
もしかしたら机に備え付けられていた?)

上部と下部に記入し、
右に自動車検査登録印紙400円、自動車審査証紙1,300円を貼る。
名前にはフリガナを、右角の予約番号欄には最後の下5けたを。
(私は全部書いてから気付いた)

机に記入例があるので参考に(^^ゞ
そして、必要な物をチェックし、一番の「持ち込み」のケースに入れる。
(車検証、自賠責、納税証明、点検簿、重量税納付書、継続検査申請書、ココで書いた検査票)

不備なければ、程なくして名前を呼ばれ検査へと促される。

調べたり、友人からも、
バイクは1と2レーンの間、1.5レーンと言われていたので、
この一番でバイクはどこですか?と聞くと、
奥から2番目のレーンですと言われた。

ヘルメットは、場内着用は緩い?みたいなので、リアシートにネットで固定し、
いざ検査場へ。

前に一台、まさに点検開始しており、
そして「2」とペイントされたレーンで間違い無かった。
ちゃんとバイク用に「2」レーンと明確にしたのかな?

前車は先ず検査官の指示で灯火器等のチェック、点検ハンマーでのチェックを終え、
排ガスへ進んで行ったので、目で追った、ふむふむ・・・掲示板に指示が出るのね。

前車が判定を終える頃、前進を促されいよいよ自分の番。

灯火器、ホーンの操作を促され、点検ハンマーにて点検。

で最後に、
「ナンバー確認したいのですが?」と。

えぇ・・付いてるナンバーの上に仮ナンバー共締め・・・
少し仮ナンバーを浮かせるも、
これ以上はグンニャリ曲がってしまう・・・

「出来れば、しっかり確認させてください、外せますかね?」と。

はいっ、良いですよ~!と即答!

だって、工具持ってきてるから(@_@
別に嫌がらせと言う感じではなかった。
そもそも共締めしたのが悪いと思う(^^ゞ素直に交換しておけば良いのでしょうね。

「2年ぶりですか?」と聞かれたので、
「初めてやります」というと、

「ん~~・・・じゃぁ・・ついてきますか」と、指揮場?とインカムで増員要請の連絡。
(一人で数ラインを動かしているようだ)

排ガスを終え、「スピードは前後どちらで検出ですか?」と聞かれ、
「リアです」と。
自分のバイクの速度検出の前後どちらかは把握要ですね。

排ガスから始め、
ブレーキ検査のため先ずフロントをローラーのくぼみに入れる。

この移動する時、意識せずフットスイッチに足を乗せていたので、
計器?が反応せず・・・
一度バックし、再度恐る恐る・・・

ブレーキは「前」だけの計測でも、前後を作動させるよう指示される。
前後ガッツリブレーキ!

先ずは前OK。

前進し、フットスイッチに気をつけながらリアタイヤをローラーに落とし込む。

指示に従い、前後ブレーキ作動!・・・リアもOK!

そのまま、次は速度誤差の計測。
フットスイッチを踏むとローラーが回転するので、
メーター40km/h指針でフットスイッチから足を離す。

これもOK!
前進を促され、ラインまで前進、停止。
前にニュニュっと計測器が出てきて、水平を保つように指示され、
Hiビームにし、車体(車輪)を固定され、計測。

・・・・・・ニュニュっと計測器が出てきたは良いものの、
何やら落ち着きがない・・・検査官も同様・・・

判定は「×」

・・・ま、想定内(~_~;)

「判定室で傾向は教えてもらえるので、
参考にして調整してきて下さい」と。

判定室にて
「テスターが追わない位、右に振れてますねぇ・・」と、
<再>の判子を押される。

ちょっと試しに、
「この辺にテスター屋さんはありますか?」と聞くと

「土地勘ないので分かりませ~ん」とキタ。

うん。だよね(`ー´)
良いよ、見当ついてるから。

さて、

目的地は「諸橋司法書士事務所」

ココを見つけられなくて、数時間費やす方も居られるようです。

が、

検査場(この長岡検査登録事務所)を右に出てすぐ左側にそれはある!
ビックリするくらい近くにあるので、
イラっとしてアクセル開けると、確かに迷宮入りするのも納得だ。

こうして書くのなら画像乗せれば良かったが、
グーグルのストリートビューで確認できるかなぁ・・・
白地に緑枠の看板は出てるんだよね。
こうして見ても、確かにテスター屋とは分からないな。
本業が本業だけにね(笑)

さて、私はすぐに発見し、丁度一仕事終えた後で楽々している所でしたが、
快くガレージに案内され、すぐさま測定。

確かに、ビックリするほど右にずれており、

しかし、そこはプロ!5分ほどで調整完了!
1,620円也~

すぐさま戻ると、1ラウンド目が終わろうとしている時間帯。
隣のレーンは締められていて、こちらもダメかと思ったが、
「光軸でしたよね、じゃぁ、どうぞ!」と快く。

今度はテスターの動きもピタッととまり、表示板には「〇」判定!

本当、ほ~~~っとしたのである(~_~)

判定室に向かい(隣のレーンを渡るので要確認です。浮かれてひかれる恐れ有)
書類一式を返してもらい、
建物に戻り「1番」の「持ち込み」のトレーに入れる。

すると、程なくしてお隣の方から呼ばれ、
晴れてステッカーを頂けた。

尚、話にも聞いていたし、予想はしていたが、
古いステッカーは上手く剥がれません。
一角をそうっと剥がしたら、やはりその通りでしたので、
帰路も仮ナンバーを付け、自宅でしっかり丁寧に糊を除去し、

新ステッカーを貼り付けて、仮ナンバーを返納してきました^^;

こうして、新しく2年分を自力でやり終えたのですが、
少なからず愛着も湧くというものです(^^♪

もちろん自己責任な部分も出てきます。
この先も、油脂類は定期的に交換しなくてはならないし、
調整する部分も出てくるでしょう。

そういったものを、キチンと理解して、
その分、価格?に反映し、そして満足度や向上心を持つのならば、

ユーザーの持ち込み継続検査はアリ!

そう思います。

もし、誰かしらの目にコレが触れ、

参考にし、そして敢行し上手くいったのならば、
幸いです(~_~)

最後に、
今回掛かった諸費用を・・・

自賠責25ヶ月(検切れのため)     14,010円
仮ナンバー(臨時運行許可申請)      750円
継続検査申請書               27円
自動車検査登録印紙代・審査証紙代   1,700円
自動車重量税印紙代            3,800円
ヘッドライトテスター代            1,620円

合計           21,907円也

他、交換部品はエンジンオイル、リアブレーキパッド、
フロントフォークオイル、
フロントブレーキパッドはまだ交換してないが購入済み。

近々要交換はチェーンかな・・・


以上、
備忘録的に書き綴りました。

お目に触れた方、ご参考までに。
スポンサーサイト


追記を閉じる▲

一番へ行き「継続検査なんですが」と素人丸出しにするとw
自動車検査票を頂ける(・・いや、普通に頂けます^^;
もしかしたら机に備え付けられていた?)

上部と下部に記入し、
右に自動車検査登録印紙400円、自動車審査証紙1,300円を貼る。
名前にはフリガナを、右角の予約番号欄には最後の下5けたを。
(私は全部書いてから気付いた)

机に記入例があるので参考に(^^ゞ
そして、必要な物をチェックし、一番の「持ち込み」のケースに入れる。
(車検証、自賠責、納税証明、点検簿、重量税納付書、継続検査申請書、ココで書いた検査票)

不備なければ、程なくして名前を呼ばれ検査へと促される。

調べたり、友人からも、
バイクは1と2レーンの間、1.5レーンと言われていたので、
この一番でバイクはどこですか?と聞くと、
奥から2番目のレーンですと言われた。

ヘルメットは、場内着用は緩い?みたいなので、リアシートにネットで固定し、
いざ検査場へ。

前に一台、まさに点検開始しており、
そして「2」とペイントされたレーンで間違い無かった。
ちゃんとバイク用に「2」レーンと明確にしたのかな?

前車は先ず検査官の指示で灯火器等のチェック、点検ハンマーでのチェックを終え、
排ガスへ進んで行ったので、目で追った、ふむふむ・・・掲示板に指示が出るのね。

前車が判定を終える頃、前進を促されいよいよ自分の番。

灯火器、ホーンの操作を促され、点検ハンマーにて点検。

で最後に、
「ナンバー確認したいのですが?」と。

えぇ・・付いてるナンバーの上に仮ナンバー共締め・・・
少し仮ナンバーを浮かせるも、
これ以上はグンニャリ曲がってしまう・・・

「出来れば、しっかり確認させてください、外せますかね?」と。

はいっ、良いですよ~!と即答!

だって、工具持ってきてるから(@_@
別に嫌がらせと言う感じではなかった。
そもそも共締めしたのが悪いと思う(^^ゞ素直に交換しておけば良いのでしょうね。

「2年ぶりですか?」と聞かれたので、
「初めてやります」というと、

「ん~~・・・じゃぁ・・ついてきますか」と、指揮場?とインカムで増員要請の連絡。
(一人で数ラインを動かしているようだ)

排ガスを終え、「スピードは前後どちらで検出ですか?」と聞かれ、
「リアです」と。
自分のバイクの速度検出の前後どちらかは把握要ですね。

排ガスから始め、
ブレーキ検査のため先ずフロントをローラーのくぼみに入れる。

この移動する時、意識せずフットスイッチに足を乗せていたので、
計器?が反応せず・・・
一度バックし、再度恐る恐る・・・

ブレーキは「前」だけの計測でも、前後を作動させるよう指示される。
前後ガッツリブレーキ!

先ずは前OK。

前進し、フットスイッチに気をつけながらリアタイヤをローラーに落とし込む。

指示に従い、前後ブレーキ作動!・・・リアもOK!

そのまま、次は速度誤差の計測。
フットスイッチを踏むとローラーが回転するので、
メーター40km/h指針でフットスイッチから足を離す。

これもOK!
前進を促され、ラインまで前進、停止。
前にニュニュっと計測器が出てきて、水平を保つように指示され、
Hiビームにし、車体(車輪)を固定され、計測。

・・・・・・ニュニュっと計測器が出てきたは良いものの、
何やら落ち着きがない・・・検査官も同様・・・

判定は「×」

・・・ま、想定内(~_~;)

「判定室で傾向は教えてもらえるので、
参考にして調整してきて下さい」と。

判定室にて
「テスターが追わない位、右に振れてますねぇ・・」と、
<再>の判子を押される。

ちょっと試しに、
「この辺にテスター屋さんはありますか?」と聞くと

「土地勘ないので分かりませ~ん」とキタ。

うん。だよね(`ー´)
良いよ、見当ついてるから。

さて、

目的地は「諸橋司法書士事務所」

ココを見つけられなくて、数時間費やす方も居られるようです。

が、

検査場(この長岡検査登録事務所)を右に出てすぐ左側にそれはある!
ビックリするくらい近くにあるので、
イラっとしてアクセル開けると、確かに迷宮入りするのも納得だ。

こうして書くのなら画像乗せれば良かったが、
グーグルのストリートビューで確認できるかなぁ・・・
白地に緑枠の看板は出てるんだよね。
こうして見ても、確かにテスター屋とは分からないな。
本業が本業だけにね(笑)

さて、私はすぐに発見し、丁度一仕事終えた後で楽々している所でしたが、
快くガレージに案内され、すぐさま測定。

確かに、ビックリするほど右にずれており、

しかし、そこはプロ!5分ほどで調整完了!
1,620円也~

すぐさま戻ると、1ラウンド目が終わろうとしている時間帯。
隣のレーンは締められていて、こちらもダメかと思ったが、
「光軸でしたよね、じゃぁ、どうぞ!」と快く。

今度はテスターの動きもピタッととまり、表示板には「〇」判定!

本当、ほ~~~っとしたのである(~_~)

判定室に向かい(隣のレーンを渡るので要確認です。浮かれてひかれる恐れ有)
書類一式を返してもらい、
建物に戻り「1番」の「持ち込み」のトレーに入れる。

すると、程なくしてお隣の方から呼ばれ、
晴れてステッカーを頂けた。

尚、話にも聞いていたし、予想はしていたが、
古いステッカーは上手く剥がれません。
一角をそうっと剥がしたら、やはりその通りでしたので、
帰路も仮ナンバーを付け、自宅でしっかり丁寧に糊を除去し、

新ステッカーを貼り付けて、仮ナンバーを返納してきました^^;

こうして、新しく2年分を自力でやり終えたのですが、
少なからず愛着も湧くというものです(^^♪

もちろん自己責任な部分も出てきます。
この先も、油脂類は定期的に交換しなくてはならないし、
調整する部分も出てくるでしょう。

そういったものを、キチンと理解して、
その分、価格?に反映し、そして満足度や向上心を持つのならば、

ユーザーの持ち込み継続検査はアリ!

そう思います。

もし、誰かしらの目にコレが触れ、

参考にし、そして敢行し上手くいったのならば、
幸いです(~_~)

最後に、
今回掛かった諸費用を・・・

自賠責25ヶ月(検切れのため)     14,010円
仮ナンバー(臨時運行許可申請)      750円
継続検査申請書               27円
自動車検査登録印紙代・審査証紙代   1,700円
自動車重量税印紙代            3,800円
ヘッドライトテスター代            1,620円

合計           21,907円也

他、交換部品はエンジンオイル、リアブレーキパッド、
フロントフォークオイル、
フロントブレーキパッドはまだ交換してないが購入済み。

近々要交換はチェーンかな・・・


以上、
備忘録的に書き綴りました。

お目に触れた方、ご参考までに。
スポンサーサイト

【2015/04/21 00:02】 | バイク
トラックバック(0) |


まっちんぐ
マー様
はじめまして
私も5/15に長岡で初ユーザー車検を受けてきました。
事前に整備をしつつ点検整備記録簿を記入し
必要書類を準備して
残りのライトの光軸調整で困りました。
そこでネットして検索でこのサイトに辿りつき
大変参考になりました。
このサイトの情報が無ければ書類の事や
ライトの光軸調整でもっと苦労したと思います。
参考にさせて頂き大変助かりました。
ありがとうございました m(_ _)m



マー
>まっちんぐ様

まっちんぐ様、
はじめまして、コメントありがとうございます。
返信が遅くなり申し訳ありませんでした。

私も初めてユーザー車検を受ける事になり、友人に聞いたり、アドバイスをもらったり、
私もいくつか参考にしたHPやブログがありましたが、
色々不安な事も出てくるんですよね。もう少し深く知りたかったり・・・
終わってみればなんてことないのですが、同じような境遇の人もいるであろうと、稚拙ながら纏めてみた次第ですが、
こうして訪問していただき、コメントまで頂けた事、お役に立てて大変嬉しく思いますm(__)m

もし、不備があったり、補足が必要であれば遠慮なく仰ってください(^_^)

それにしても・・テスター屋さん・・・もう少し連携して欲しいというか・・・商売っ気を出してほしいと言うか・・ですよね(笑)


ではでは、もしかしたらどこかで会うかもしれませんが、無事故で楽しいバイクライフを楽しみましょうね(^o^)丿
ありがとうございました。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
マー様
はじめまして
私も5/15に長岡で初ユーザー車検を受けてきました。
事前に整備をしつつ点検整備記録簿を記入し
必要書類を準備して
残りのライトの光軸調整で困りました。
そこでネットして検索でこのサイトに辿りつき
大変参考になりました。
このサイトの情報が無ければ書類の事や
ライトの光軸調整でもっと苦労したと思います。
参考にさせて頂き大変助かりました。
ありがとうございました m(_ _)m
2015/05/17(Sun) 10:33 | URL  | まっちんぐ #-[ 編集]
>まっちんぐ様

まっちんぐ様、
はじめまして、コメントありがとうございます。
返信が遅くなり申し訳ありませんでした。

私も初めてユーザー車検を受ける事になり、友人に聞いたり、アドバイスをもらったり、
私もいくつか参考にしたHPやブログがありましたが、
色々不安な事も出てくるんですよね。もう少し深く知りたかったり・・・
終わってみればなんてことないのですが、同じような境遇の人もいるであろうと、稚拙ながら纏めてみた次第ですが、
こうして訪問していただき、コメントまで頂けた事、お役に立てて大変嬉しく思いますm(__)m

もし、不備があったり、補足が必要であれば遠慮なく仰ってください(^_^)

それにしても・・テスター屋さん・・・もう少し連携して欲しいというか・・・商売っ気を出してほしいと言うか・・ですよね(笑)


ではでは、もしかしたらどこかで会うかもしれませんが、無事故で楽しいバイクライフを楽しみましょうね(^o^)丿
ありがとうございました。
2015/05/27(Wed) 22:07 | URL  | マー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。