「子連れ狼、の皮をかぶった羊の父子」として六年、七年目からはリニューアル(^^♪、そして開設から10年が立ちました。親子の距離は少しずつ広がり、ちょっぴり寂しくも、あれやこれやと日々を楽しくをモットーに、ガサツw、雑多な日々を綴ります。
高校入学に向け、着々と・・・・諭吉が飛んでいく今日この頃(@_@。

そこにきて、一つ、
ひっさしぶりに「ごろごろドッカーーーン」と落雷を受けたアキ(笑)

ネタは、スマホ、ケータイ戦争勃発!
とうとうウチもそんな時がやってきたw


基本的なスタンスとしては、高校生でもスマホなど要らん!
と考えているワタクシです。
もちろん、買う(契約)など毛頭無かったのあります。

そんな話をすると周りから、
「酷い親だ」「子供がかわいそうだ」「いじめにあうぞ」「ぐれるぞ」

等々散々言われ、
いっそう「買い与えてなるものか!」と天の邪鬼な私に火がついたのだ。

そんな折、
ずっとケータイのけの字も言わなかったので、
すっかり分かっているものと思っていたアキが、

ものすごく当たり前のように、簡単に、
ボソッと「ケータイカッテ」と言ったからさぁ大変!
ごろごろドッカーーンと落ちたのである(笑)

そもそも、

色々言ってくれた人達には悪いが、
確かに世の中と括ればそうなのだろうが、

あまりも当たり前に「合格したらスマホ」ってのは、あまりに呑気で、
考えなしでは無いかと思う。
「子供がかわいそうだ」等と言われた時はぐっと堪えたものだ(笑)

7,8万円するものを持たせ、劣化していくそれを維持させるため、
8千円前後払ってあげ、終いには「四六時中スマホかまっている」と、
親同士嘆き合い、また機種変するからせびられてるとか、
違約金払ってきたとか、

はぁ?
である(@_@。

「持っていない方がかわいそう」としたのは一体誰なんだろうか?
「ウチはウチ、他所は他所!」と、ケータイに限らず言わなくなったのは、
何が変わったのだろうか・・・

そしてアキがあまりにも「ウチ」を軽視していて、簡単に言い放ったのが、
親として情けなくなり、自分も被雷したようなものだった。

「身の程を知れ!」と一蹴し、一度諦めモードに。

それでも欲しい、必要と思うのであれば、提案するやり方もあるだろう?
何もせずに得ようとするのはいかがなものか?
幾ら掛かるかも知らずに買ってくれとはどうなんだ?
親子にとっての利点はあるのか?

とダメだしも(笑)


そして数日後、改めて話し合い、
少なくとも軽はずみに言った事は反省しているし、
「バイトして買ってまかなえ」と言った事も考えていたようだし、

やっと土俵に上げさせる事にしました^^;

ウチ・・・絶対に一回目の強請りは「NG」な文化ですからね(笑)

さて、いまだに無くても良いと思っているけれど、
最低限な事が出来ないと没収なルールも完成したし、
(すでに回線開通前に一度ルールを破り「返品してきた」事にもした(笑))

仕方ない・・買ってやるではなく「貸与」することとした。

子にスマホをホイっと与えている人達って、どうしたんだろ・・・
気になるなぁ。

少なくとも、使いこなせもしない、リスク大、維持費高い、
これらはしっかり叩き込ませなくちゃなと思うし、
子供もしっかり理解して欲しいと強く願います。

与えてOKで済まないケータイ・スマホ事情。
「貸与」する以上、また一つ親としてのリスクを抱えなくちゃな。

「ウチはウチ、他所は他所」
もっと増えないかなホント(笑)


とはいえ、
単純に一人分スマホ代が掛かるとなると、痛い話だ。

う~~ん・・と考えた結果は、

長くなりましたので次の記事にて(^_^;)
スポンサーサイト


追記を閉じる▲

色々言ってくれた人達には悪いが、
確かに世の中と括ればそうなのだろうが、

あまりも当たり前に「合格したらスマホ」ってのは、あまりに呑気で、
考えなしでは無いかと思う。
「子供がかわいそうだ」等と言われた時はぐっと堪えたものだ(笑)

7,8万円するものを持たせ、劣化していくそれを維持させるため、
8千円前後払ってあげ、終いには「四六時中スマホかまっている」と、
親同士嘆き合い、また機種変するからせびられてるとか、
違約金払ってきたとか、

はぁ?
である(@_@。

「持っていない方がかわいそう」としたのは一体誰なんだろうか?
「ウチはウチ、他所は他所!」と、ケータイに限らず言わなくなったのは、
何が変わったのだろうか・・・

そしてアキがあまりにも「ウチ」を軽視していて、簡単に言い放ったのが、
親として情けなくなり、自分も被雷したようなものだった。

「身の程を知れ!」と一蹴し、一度諦めモードに。

それでも欲しい、必要と思うのであれば、提案するやり方もあるだろう?
何もせずに得ようとするのはいかがなものか?
幾ら掛かるかも知らずに買ってくれとはどうなんだ?
親子にとっての利点はあるのか?

とダメだしも(笑)


そして数日後、改めて話し合い、
少なくとも軽はずみに言った事は反省しているし、
「バイトして買ってまかなえ」と言った事も考えていたようだし、

やっと土俵に上げさせる事にしました^^;

ウチ・・・絶対に一回目の強請りは「NG」な文化ですからね(笑)

さて、いまだに無くても良いと思っているけれど、
最低限な事が出来ないと没収なルールも完成したし、
(すでに回線開通前に一度ルールを破り「返品してきた」事にもした(笑))

仕方ない・・買ってやるではなく「貸与」することとした。

子にスマホをホイっと与えている人達って、どうしたんだろ・・・
気になるなぁ。

少なくとも、使いこなせもしない、リスク大、維持費高い、
これらはしっかり叩き込ませなくちゃなと思うし、
子供もしっかり理解して欲しいと強く願います。

与えてOKで済まないケータイ・スマホ事情。
「貸与」する以上、また一つ親としてのリスクを抱えなくちゃな。

「ウチはウチ、他所は他所」
もっと増えないかなホント(笑)


とはいえ、
単純に一人分スマホ代が掛かるとなると、痛い話だ。

う~~ん・・と考えた結果は、

長くなりましたので次の記事にて(^_^;)
スポンサーサイト

【2015/04/02 20:26】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック