「子連れ狼、の皮をかぶった羊の父子」として六年、七年目からはリニューアル(^^♪、そして開設から10年が立ちました。親子の距離は少しずつ広がり、ちょっぴり寂しくも、あれやこれやと日々を楽しくをモットーに、ガサツw、雑多な日々を綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乱暴な内容かと思います。

でも、こんなんも書きたいのです。

たかが町内(団地)の事で、ただただ憤慨、
いや、人として成ってない事項が含まれているかもしれないし、
しかも長文ですので、

読み進むにはご注意くださいm(__)m


さて、

今夕、我が家に来客二人あり。

玄関にて一時間ほどガッツリお話。

結果としては「追い返した」となるけれど、

さぁ、どうなるか、今後ちょっと火花散りそうで、
ババも「このバカアニ・・やりやがって・・」と思っているものの、

「楽しみ」になったのである。

その内容は、
来年度の「副班長」のご依頼である。
つまり再来年は班長となる依頼。

そもそも班長の「お願い」に来る事態がおかしいのであり、
それは今夕訪ねてきた現班長・副班長は充分承知。

私が非常に腹立たしい思いを持ち、時にババと話している時にも憤慨する一つ。

何が?というと、
とある一人が、団地のこの班を私物化してるようかの所業である。

毎年、班長は任期終わりが近付くと、
その「とある人」にお伺いを立てて来年は「アイツ」だと聴き、

「来年副班長なのでお願いします」と頼み込むのだ(-_-;)

そもそも順番は決まっているはずなのに、この十年位、
いつの間にかそんな慣習になっている。

何の権限も無い人間が、人に優劣をつけそれを平然と吹聴し、
言う事を聞かない人間は恫喝し、時に暴力すら行使する。

すっかり嫌われ、どんどん「飼い犬」にも逃げられ、
奥さんにも殴る蹴るでとうとう出ていかれたのだが、
未だ道理の通らない事をやっておる。


それの遣いで慣例に従い、現班長副班長が「知っていながら」頼みに来た。

もし・・もしもだ、過去の順番に準ずるものに近かったら、
条件出して了承したかもしれないが、

6~7年後だろうと思っていた事が、来年である。


スイッチお~~ん!!



やり取りは割愛するが、

言いたい事はこうだ!

今まで決まっていた順番を全く無視している状態、
班の私物化と思える事の終焉、適正化。

皆が持ち回りでやるのだから、
大まかな順番を決めて明確にする事、それは余りにも当たり前であると言う事。

たまたま班長だから尽力したくない(恨まれたくない)は、おかしい!
なぜなら同じ思いを持っていつつ、
同じ平等な団地会員でありながら「キチガイの意見は聴き」
「まともな人間の意見は聞かない」とはおかしいし、

だったら「相互扶助の名のもとに・・」という会則も要らないよと。

現班長が恨まれるようなことはしたくないので気を遣う事であるが、
何もしなければ今の副班長が班長になった時にまた同じ思いをする。

何より、
造成され新居を建て、新しく入ってきた来た人達は納得、理解できないしょう?

班長の順番一つ決められないって情けなさすぎなのです。

30班近くある町内で、こんな選出をいてるのは、
ココだけである。順番はどこも明確であり当たり前だ。


断られたら第二候補はコイツと決まっているらしいが、
いい加減、この呪縛を解き放とうと語りました。

その作戦も三人で練りました。

ぶっちゃけ、逃げの一手でいられない現班長は苦労願うが、
「文句あるならマーの名を出して下さい」と念押し。

言いたい事は本当に簡単です。

「班長の順番を明確に」


情けない、バカバカしい話だけど、
これを当たり前にするために、もしかしたら一悶着です。


でも、
やっと機会に恵まれたと思ってます。

老いた母に押しつけ、いびろうと思ったのか、
はたまた、物言わぬ?ガキwwwと思って押しつけ、いびろうとしているのか?

父と確執のあった相手でもある。

ん・・好機!
どうにか良い方向に持って行きたいなぁ~(= ̄∇ ̄=) ニィ

おかしい事は、おかしいぜ!
そして、そう言える時は言いたいね(^_^;)
(以前勇敢なる方がいたのですが、それはそれで強引すぎて撃沈・・・)

願っても無いネタ・・・買いました(笑)

リスクの無い改革は出来ない。

リスクはこっちが持つ算段だ。仕事面でもこうしてきたし、
だからこそ今の自分(立場)がある。

それでも現状変らなければそれまでの人間の集まりなのでしょう・・

それはそれで享受しようと思います。

でも、放火されたり、
投石されたりはさすがに嫌だなと思うのですがね・・(^_^;)

こういった道理の通らない人には確かに困るし、憤慨するのだが、

私にとって、何が一番腹立たしい人間かと言うと、
ノコノコやってきた二人のような人間。

やはり、
「バカだと思ってバカな事やる」人間であり、
確かにそうなる経緯はあるだろうが、本当に愚かだと思うし、

正しい事、修正する術があるのに何も動かず、
終わってから文句ばかり言う人間だ。

仕事でも、こうなんだろうな?家でも奥さん子供にもこうなのか?
と思わず想像してしまう。


正しいと思われる事を正しくやるには確かに難しい。

が、
それは煮え湯、泥水を飲む覚悟がないからだとも思う。
そういう人が多くなってる気もする。

喧嘩しようと思ってる訳ではない。
少なくとも「正論」「良識」だけは押し通したいものである。

さ、どうなるやら・・・


多分、この文面を読み、一番ワクワクしてるのは親友Hくんでないかと(笑)
えぇ・・現班長、副班長の二人がケツまくらなければ、面白くなりますよぉ~
創造は破壊を要するしね(`ー´)イヒヒ

スポンサーサイト


追記を閉じる▲
来年度の「副班長」のご依頼である。
つまり再来年は班長となる依頼。

そもそも班長の「お願い」に来る事態がおかしいのであり、
それは今夕訪ねてきた現班長・副班長は充分承知。

私が非常に腹立たしい思いを持ち、時にババと話している時にも憤慨する一つ。

何が?というと、
とある一人が、団地のこの班を私物化してるようかの所業である。

毎年、班長は任期終わりが近付くと、
その「とある人」にお伺いを立てて来年は「アイツ」だと聴き、

「来年副班長なのでお願いします」と頼み込むのだ(-_-;)

そもそも順番は決まっているはずなのに、この十年位、
いつの間にかそんな慣習になっている。

何の権限も無い人間が、人に優劣をつけそれを平然と吹聴し、
言う事を聞かない人間は恫喝し、時に暴力すら行使する。

すっかり嫌われ、どんどん「飼い犬」にも逃げられ、
奥さんにも殴る蹴るでとうとう出ていかれたのだが、
未だ道理の通らない事をやっておる。


それの遣いで慣例に従い、現班長副班長が「知っていながら」頼みに来た。

もし・・もしもだ、過去の順番に準ずるものに近かったら、
条件出して了承したかもしれないが、

6~7年後だろうと思っていた事が、来年である。


スイッチお~~ん!!



やり取りは割愛するが、

言いたい事はこうだ!

今まで決まっていた順番を全く無視している状態、
班の私物化と思える事の終焉、適正化。

皆が持ち回りでやるのだから、
大まかな順番を決めて明確にする事、それは余りにも当たり前であると言う事。

たまたま班長だから尽力したくない(恨まれたくない)は、おかしい!
なぜなら同じ思いを持っていつつ、
同じ平等な団地会員でありながら「キチガイの意見は聴き」
「まともな人間の意見は聞かない」とはおかしいし、

だったら「相互扶助の名のもとに・・」という会則も要らないよと。

現班長が恨まれるようなことはしたくないので気を遣う事であるが、
何もしなければ今の副班長が班長になった時にまた同じ思いをする。

何より、
造成され新居を建て、新しく入ってきた来た人達は納得、理解できないしょう?

班長の順番一つ決められないって情けなさすぎなのです。

30班近くある町内で、こんな選出をいてるのは、
ココだけである。順番はどこも明確であり当たり前だ。


断られたら第二候補はコイツと決まっているらしいが、
いい加減、この呪縛を解き放とうと語りました。

その作戦も三人で練りました。

ぶっちゃけ、逃げの一手でいられない現班長は苦労願うが、
「文句あるならマーの名を出して下さい」と念押し。

言いたい事は本当に簡単です。

「班長の順番を明確に」


情けない、バカバカしい話だけど、
これを当たり前にするために、もしかしたら一悶着です。


でも、
やっと機会に恵まれたと思ってます。

老いた母に押しつけ、いびろうと思ったのか、
はたまた、物言わぬ?ガキwwwと思って押しつけ、いびろうとしているのか?

父と確執のあった相手でもある。

ん・・好機!
どうにか良い方向に持って行きたいなぁ~(= ̄∇ ̄=) ニィ

おかしい事は、おかしいぜ!
そして、そう言える時は言いたいね(^_^;)
(以前勇敢なる方がいたのですが、それはそれで強引すぎて撃沈・・・)

願っても無いネタ・・・買いました(笑)

リスクの無い改革は出来ない。

リスクはこっちが持つ算段だ。仕事面でもこうしてきたし、
だからこそ今の自分(立場)がある。

それでも現状変らなければそれまでの人間の集まりなのでしょう・・

それはそれで享受しようと思います。

でも、放火されたり、
投石されたりはさすがに嫌だなと思うのですがね・・(^_^;)

こういった道理の通らない人には確かに困るし、憤慨するのだが、

私にとって、何が一番腹立たしい人間かと言うと、
ノコノコやってきた二人のような人間。

やはり、
「バカだと思ってバカな事やる」人間であり、
確かにそうなる経緯はあるだろうが、本当に愚かだと思うし、

正しい事、修正する術があるのに何も動かず、
終わってから文句ばかり言う人間だ。

仕事でも、こうなんだろうな?家でも奥さん子供にもこうなのか?
と思わず想像してしまう。


正しいと思われる事を正しくやるには確かに難しい。

が、
それは煮え湯、泥水を飲む覚悟がないからだとも思う。
そういう人が多くなってる気もする。

喧嘩しようと思ってる訳ではない。
少なくとも「正論」「良識」だけは押し通したいものである。

さ、どうなるやら・・・


多分、この文面を読み、一番ワクワクしてるのは親友Hくんでないかと(笑)
えぇ・・現班長、副班長の二人がケツまくらなければ、面白くなりますよぉ~
創造は破壊を要するしね(`ー´)イヒヒ

スポンサーサイト

【2013/12/24 00:04】 | 長い独り言
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。