「子連れ狼、の皮をかぶった羊の父子」として六年、七年目からはリニューアル(^^♪、そして開設から10年が立ちました。親子の距離は少しずつ広がり、ちょっぴり寂しくも、あれやこれやと日々を楽しくをモットーに、ガサツw、雑多な日々を綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


昨日日曜日は、久しぶり?wにアキとスキーに。

予定としては、アキの友達も一緒のはずであった。

が、
私としては想定内。だけど、アキにとっては、ちょっと想定外な事に。


この一緒に行くはずであった友達、
随分前から「一緒にスキーに行こうぜ」とアキを誘ってきていて、

もちろん、アキのレベルも分かっていたし、
行くとするならば、私という親付きも分かっていて話は進んでいて、

アキはこういうケースには慣れていて、
いわゆる「口だけ」には予防線を張り、

私もそういったやり取りを遠目に、
でもボソッとアドバイスしながらも、

今までも友達と一緒にスキー(に限らないのだが)をしたりもしたのだが、

今回は向こうが積極的で、
アキもテンションが高くなったのも確かにあるが、

いくつかのスキー場の候補を二人で話し合ったりしていて、

「お父さん、ちょっと調べておいて」と言われ
レンタル料金(向こうは道具無し)やらリフト料金、クーポン等々を私が調べ、


数日前には、スキー場二つに絞られ、
「「あとは親に聞いてみる」って言ってたよ」となり、

金曜夜、「で、日曜は結局どうするって?家は聞いた?」と聞くと、

「・・・用事があるからダメなんだってさ」と。

アキの表情はポーカーフェイス決め込んでいたが、
悔しさと悲しさが一瞬浮き出たのは、見逃すわけがない。

そう。
私にとっては想定内。

「へらへらしながら断ってきたろ?」

アキ「・・な、なんで?わかんの?」

「わかるさ。ま、今度からはな・・」

アキ「あぁ~・・分かってる」


子供同士の話とはいえ、それなりにお金は掛かるわけで、
しかも運転手、同行者は私な訳で、

早い段階で向こうの親が出るなりするはずだが、それも無かった。

今まで何人も「遊ぶ約束」を側で見ているから、
それが果たせる子、もちろんその親も、大体雰囲気で分かるしねぇ。


で、クラス行事の別件(買い出しとからしい)が、
女子達の一方的な都合から、
土曜から日曜になり、これにも腹立たしいわ、
その際、ドタキャンのその子とも会いたくないわで、

「でさ、結局日曜はどうすんの?お父さんとスキー行くの?」

と聞くと、

アキ「クラスの買い出しとかは向こう(女子)が勝手に変えたから、
                 都合の付く人だけで良いって言ってたし、
   
   オレの予定は、前々からこの日曜はスキーに行くという予定だから、

                     スキーです!<(`^´)> 」


くっくっくっ ┐(´-`)┌

頑固と言うか、なんというか・・・・・誰に似たんだか(笑)


一年前なら、もっと多くを、もっと事細かく話したろうし、
何より相手の事に対して怒りを露わにしていたろう。

それが、
多くを語らず、でも表情しぐさにサインを含め、発し、
相手への怒りなどは、こぼれた部分を親にぶつける。というより、
理解を求めると言うか、
相手の事もどうにか理解しようとしている。

何よりも、親に多くの口を出させないようになった。
聞いてはほしいけど多くを求めず(笑)


何気ない一コマだけど、
ちょっと思い出してみるとやはり成長しているんだなと思う中一終盤。

中学生なりの世界の中で、
まぁ、こうやって色んな事を覚えていけばいい(~_~)

強いて言うなら、もうちょっと自己主張しても良いのにな。
時には声を荒げても良いんだぞと。


IMG_1539.jpg

そんな中一アキの鬱憤晴らし?(笑)のスキーは、

どうだ参ったか!?と言うほどの、突き抜けるような青空でした

v(≧∇≦)v いえぇぇぇぇいっ♪

スポンサーサイト


追記を閉じる▲

この一緒に行くはずであった友達、
随分前から「一緒にスキーに行こうぜ」とアキを誘ってきていて、

もちろん、アキのレベルも分かっていたし、
行くとするならば、私という親付きも分かっていて話は進んでいて、

アキはこういうケースには慣れていて、
いわゆる「口だけ」には予防線を張り、

私もそういったやり取りを遠目に、
でもボソッとアドバイスしながらも、

今までも友達と一緒にスキー(に限らないのだが)をしたりもしたのだが、

今回は向こうが積極的で、
アキもテンションが高くなったのも確かにあるが、

いくつかのスキー場の候補を二人で話し合ったりしていて、

「お父さん、ちょっと調べておいて」と言われ
レンタル料金(向こうは道具無し)やらリフト料金、クーポン等々を私が調べ、


数日前には、スキー場二つに絞られ、
「「あとは親に聞いてみる」って言ってたよ」となり、

金曜夜、「で、日曜は結局どうするって?家は聞いた?」と聞くと、

「・・・用事があるからダメなんだってさ」と。

アキの表情はポーカーフェイス決め込んでいたが、
悔しさと悲しさが一瞬浮き出たのは、見逃すわけがない。

そう。
私にとっては想定内。

「へらへらしながら断ってきたろ?」

アキ「・・な、なんで?わかんの?」

「わかるさ。ま、今度からはな・・」

アキ「あぁ~・・分かってる」


子供同士の話とはいえ、それなりにお金は掛かるわけで、
しかも運転手、同行者は私な訳で、

早い段階で向こうの親が出るなりするはずだが、それも無かった。

今まで何人も「遊ぶ約束」を側で見ているから、
それが果たせる子、もちろんその親も、大体雰囲気で分かるしねぇ。


で、クラス行事の別件(買い出しとからしい)が、
女子達の一方的な都合から、
土曜から日曜になり、これにも腹立たしいわ、
その際、ドタキャンのその子とも会いたくないわで、

「でさ、結局日曜はどうすんの?お父さんとスキー行くの?」

と聞くと、

アキ「クラスの買い出しとかは向こう(女子)が勝手に変えたから、
                 都合の付く人だけで良いって言ってたし、
   
   オレの予定は、前々からこの日曜はスキーに行くという予定だから、

                     スキーです!<(`^´)> 」


くっくっくっ ┐(´-`)┌

頑固と言うか、なんというか・・・・・誰に似たんだか(笑)


一年前なら、もっと多くを、もっと事細かく話したろうし、
何より相手の事に対して怒りを露わにしていたろう。

それが、
多くを語らず、でも表情しぐさにサインを含め、発し、
相手への怒りなどは、こぼれた部分を親にぶつける。というより、
理解を求めると言うか、
相手の事もどうにか理解しようとしている。

何よりも、親に多くの口を出させないようになった。
聞いてはほしいけど多くを求めず(笑)


何気ない一コマだけど、
ちょっと思い出してみるとやはり成長しているんだなと思う中一終盤。

中学生なりの世界の中で、
まぁ、こうやって色んな事を覚えていけばいい(~_~)

強いて言うなら、もうちょっと自己主張しても良いのにな。
時には声を荒げても良いんだぞと。


IMG_1539.jpg

そんな中一アキの鬱憤晴らし?(笑)のスキーは、

どうだ参ったか!?と言うほどの、突き抜けるような青空でした

v(≧∇≦)v いえぇぇぇぇいっ♪

スポンサーサイト

【2013/03/18 22:52】 | アキの成長
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。