「子連れ狼、の皮をかぶった羊の父子」として六年、七年目からはリニューアル(^^♪、そして開設から10年が立ちました。親子の距離は少しずつ広がり、ちょっぴり寂しくも、あれやこれやと日々を楽しくをモットーに、ガサツw、雑多な日々を綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「疲れた」
今日を表せば、この一言。

今日は色々ありすぎて、長文です(^^ゞ


まずは
私の弟夫婦の家は、暖炉があります。
当然、薪がいるわけでして
買うとなると、灯油と変わらない、もしくは
それ以上お金がかかります。

よって、色んなコネを使って、頂いたり
伐採している所を発見しては、交渉して頂いてきます。

これは、山菜取りやらでの人脈豊富なババが一役買い、
工面しているのです。

今年はバタバタしていて、とうとう、このGWに
薪運びが、ぶつかってしまい、しかも、前半は天気も悪く
ダラダラと休みを過ごしました。

今日は晴れが確実だったので、
薪運び決行。

私、弟、ババ、ババの知人で運び出し。

2tダンプで、弟宅へ4往復(ーー;)
しかし、あと2往復くらいを残し、今日はやめました。
弟宅の庭も、薪の山になっちゃいましたし(^_^.)
多分2シーズン分位は確保できました。

疲れました・・・
そして、サラリーマンはね、暖炉など持っちゃいかんですな
お金と時間と、一連の作業を道楽と思う気持がなければ
維持できませんね。


その後、アキは妹宅に預けていたのでお迎えに。
妹の子供は先週から具合が悪く(細菌性の肺炎)
退院したばかりなので、今GWは遠出はなし・・・


買い物して、帰宅し、携帯見ると、留守電有り

メッセージを聞くと・・・
↓↓↓
どうやら、ババは事故ったらしく
いざ、事故現場と思われる場所へ(だって、明確な場所
言わないんだもんな~、動揺していたんだな)


と思いきや、弟の車と一緒に自走してきた。

ケガも一切なく、ホッとしましたが、
私と弟(整備士そして、今は営業)の見立ては

「全損に近いねぇ~~」

ババはこのところ良い事無くて
とうとうババ撃沈

事故の相手は、ババと同じくらいの人で
交差点でババが普通に直進していると、
相手がババの車めがけて右折。
フロント右フェンダー、グッチャリ。
フレームまでイッテいます。

相手「まったく気にせず、右折してしまいました」

オイオイ(ーー;)

けど、運転席ドア目がけて来ないだけ
不幸中の幸いです。

そんでもって、何故弟と一緒に来たかというと
弟は、三男坊が昨日から熱が出て、とうとう病院に連れて行った
矢先に、ババからSOS。

弟ももう、泣きっ面に蜂
ただせさえ、休みは3連休なのに(T_T)


そして
アキが最後にやってくれました。
やはり、やってくれる男(ーー;)

ババは、弟にパート先に送ってもらい
さぁ、お家に入ろうとした時、

アキ「お父さん、見ても怒らないでね」と
   左手を隠しながら言う。

何か壊したんだろうか。いやしかし、家の周りでアキは
ウロウロしてただけだし・・・
何より、すごく切実な表情。


「うん。どした?怒らないよ、何かあったの?」

アキの目から涙が溢れてくる。
左手を差し出しながら
アキ「こんなになっちゃったよ~~うわ~~ん」(T_T)

見ると、左手の人差し指の爪の中、内出血
「うわ~~どうしたんだ~~」

アキ「ごべんだざい~~車(ぐるま)のドアに~~」

っておい、お前、お父さんが、ババと弟と話している間
ずっと我慢してたんかい!!

とにかくアイシングして、曲がるか確認。
大丈夫な様子だけど、明朝は痛いだろうな。



ただ、父として、親として切ない気持に。

アキは転んだりしても、人前であまり泣かない。
いつも私のところに、平気な顔してきてから、静かに泣く子。

だが、こんなになっても、人前で泣くのを我慢していた事と、
お父さんに注意されている事が現実となり、
言うに言い出せず、我慢していた事が、
すごく胸に突き刺さる。

心がズキズキします。
そして、私も薪運びの最中、両手の小指を木で挟んでしまい
これもズキズキしています(-_-)


スポンサーサイト


追記を閉じる▲
どうやら、ババは事故ったらしく
いざ、事故現場と思われる場所へ(だって、明確な場所
言わないんだもんな~、動揺していたんだな)


と思いきや、弟の車と一緒に自走してきた。

ケガも一切なく、ホッとしましたが、
私と弟(整備士そして、今は営業)の見立ては

「全損に近いねぇ~~」

ババはこのところ良い事無くて
とうとうババ撃沈

事故の相手は、ババと同じくらいの人で
交差点でババが普通に直進していると、
相手がババの車めがけて右折。
フロント右フェンダー、グッチャリ。
フレームまでイッテいます。

相手「まったく気にせず、右折してしまいました」

オイオイ(ーー;)

けど、運転席ドア目がけて来ないだけ
不幸中の幸いです。

そんでもって、何故弟と一緒に来たかというと
弟は、三男坊が昨日から熱が出て、とうとう病院に連れて行った
矢先に、ババからSOS。

弟ももう、泣きっ面に蜂
ただせさえ、休みは3連休なのに(T_T)


そして
アキが最後にやってくれました。
やはり、やってくれる男(ーー;)

ババは、弟にパート先に送ってもらい
さぁ、お家に入ろうとした時、

アキ「お父さん、見ても怒らないでね」と
   左手を隠しながら言う。

何か壊したんだろうか。いやしかし、家の周りでアキは
ウロウロしてただけだし・・・
何より、すごく切実な表情。


「うん。どした?怒らないよ、何かあったの?」

アキの目から涙が溢れてくる。
左手を差し出しながら
アキ「こんなになっちゃったよ~~うわ~~ん」(T_T)

見ると、左手の人差し指の爪の中、内出血
「うわ~~どうしたんだ~~」

アキ「ごべんだざい~~車(ぐるま)のドアに~~」

っておい、お前、お父さんが、ババと弟と話している間
ずっと我慢してたんかい!!

とにかくアイシングして、曲がるか確認。
大丈夫な様子だけど、明朝は痛いだろうな。



ただ、父として、親として切ない気持に。

アキは転んだりしても、人前であまり泣かない。
いつも私のところに、平気な顔してきてから、静かに泣く子。

だが、こんなになっても、人前で泣くのを我慢していた事と、
お父さんに注意されている事が現実となり、
言うに言い出せず、我慢していた事が、
すごく胸に突き刺さる。

心がズキズキします。
そして、私も薪運びの最中、両手の小指を木で挟んでしまい
これもズキズキしています(-_-)


スポンサーサイト

【2006/05/03 21:37】 | アキと私と休日
トラックバック(0) |


みぃー
アキくんと一緒になって泣いてしまいそうでしたよ。
ウチの娘も小さい頃から色々な大人の姿を見てきて
自分のことは隠してしまう方でした。
今も学校ズル休みしたりするのもそれをひきずってるような気がします。
もっと子どもらしく泣きわめいて欲しいものですよね。
でも、少なくともアキくんは
まわりの人たちの気持ちがちゃんとわかる人に育ってますよね。
親として少し辛い部分もありますが・・・。
アキくんとマーさんの指が痛みませんように。


お疲れさまでした^^;
spacesis
マーさん、ドッと疲れたことでしょう(笑)笑っていますが、失礼^^
色々重なって、泣きっ面にハチ的な時ってありますね。
でも、どちらも大事にいたらなくてよかったです。
暖炉ですが、「サラリーマンは持っちゃいかんです」には思わず
噴出してしまいましたw
我が家にもあるのです、その暖炉が(笑)
それで、最初に亭主が喜んで炊いたのですが、これがあぁた、
薪代もさることながら、このくすぶる匂いに家族全員閉口。
勿論煙突はついているのですが、部屋中にも、着ているものにも、髪の毛までにも^^;
皆にぶつぶつ言われてやっと亭主は近頃あきらめました(笑)
暖炉って見た目は夢があるみたいですが、考え物ですぞ^^
ところで、アキ君、いたかったやろねぇ。
うちの息子も小さいときに、そして大人のわたしもこちらで
やったことがあります・・・あれはいたかったわ・・・・思わず
口からはしたない言葉が出てしまいましたよ^^;
爪は真っ黒になり、最後にははがれてしまいましたっけ・・・^^;
全治1年近くかかりました。息子にいたっては、父親に
すがりついて、「パパ、なおしてよ、なおしてよぉー」(笑)
じっと我慢してたのが、マーさんに見せたとたん、その
痛みを思い出したのね^^あぁ、可哀想だったこと^^
様子が目に浮かんでくるようで、切ないやら、可笑しいやら
ほほえましいやら。
マーさん親子、がんばってください!



マー>みぃーさん、spacesisさんへ
みぃーさんへ

すごく切なかったです。
親を思いやる気持が仇となったきがして・・・
言える事が言える(自分を表現できる)家庭、簡単なようで、
難しいですね。
けれど朝、お互いの指を気遣ったとき、
嬉しさが、こみ上げて来ました^_^;

spacesisさんへ

暖炉はねぇ~
安易に持っちゃダメですね。
初めての年は、ドタバタだったようで、じーさまが見るに見かねて
弟にかなり教育しました。
自分の親ながら、昔の人はなんと逞しいのだろうと思います。

指先はホント、はしたない言葉が出ちゃいますね~
仕事柄、ハンマーも良く使いますが
ドンッとやった日にゃー
安全靴でそこいら中蹴り飛ばします(^^ゞ
匹敵する、その痛みをこんな形で伝えられたので
ホント切なかったです。
ちゃんと自分を表現できる家庭にしたいです。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
アキくんと一緒になって泣いてしまいそうでしたよ。
ウチの娘も小さい頃から色々な大人の姿を見てきて
自分のことは隠してしまう方でした。
今も学校ズル休みしたりするのもそれをひきずってるような気がします。
もっと子どもらしく泣きわめいて欲しいものですよね。
でも、少なくともアキくんは
まわりの人たちの気持ちがちゃんとわかる人に育ってますよね。
親として少し辛い部分もありますが・・・。
アキくんとマーさんの指が痛みませんように。
2006/05/03(Wed) 21:54 | URL  | みぃー #evKQ3cOM[ 編集]
お疲れさまでした^^;
マーさん、ドッと疲れたことでしょう(笑)笑っていますが、失礼^^
色々重なって、泣きっ面にハチ的な時ってありますね。
でも、どちらも大事にいたらなくてよかったです。
暖炉ですが、「サラリーマンは持っちゃいかんです」には思わず
噴出してしまいましたw
我が家にもあるのです、その暖炉が(笑)
それで、最初に亭主が喜んで炊いたのですが、これがあぁた、
薪代もさることながら、このくすぶる匂いに家族全員閉口。
勿論煙突はついているのですが、部屋中にも、着ているものにも、髪の毛までにも^^;
皆にぶつぶつ言われてやっと亭主は近頃あきらめました(笑)
暖炉って見た目は夢があるみたいですが、考え物ですぞ^^
ところで、アキ君、いたかったやろねぇ。
うちの息子も小さいときに、そして大人のわたしもこちらで
やったことがあります・・・あれはいたかったわ・・・・思わず
口からはしたない言葉が出てしまいましたよ^^;
爪は真っ黒になり、最後にははがれてしまいましたっけ・・・^^;
全治1年近くかかりました。息子にいたっては、父親に
すがりついて、「パパ、なおしてよ、なおしてよぉー」(笑)
じっと我慢してたのが、マーさんに見せたとたん、その
痛みを思い出したのね^^あぁ、可哀想だったこと^^
様子が目に浮かんでくるようで、切ないやら、可笑しいやら
ほほえましいやら。
マーさん親子、がんばってください!
2006/05/04(Thu) 02:14 | URL  | spacesis #4OrEtIGA[ 編集]
みぃーさんへ

すごく切なかったです。
親を思いやる気持が仇となったきがして・・・
言える事が言える(自分を表現できる)家庭、簡単なようで、
難しいですね。
けれど朝、お互いの指を気遣ったとき、
嬉しさが、こみ上げて来ました^_^;

spacesisさんへ

暖炉はねぇ~
安易に持っちゃダメですね。
初めての年は、ドタバタだったようで、じーさまが見るに見かねて
弟にかなり教育しました。
自分の親ながら、昔の人はなんと逞しいのだろうと思います。

指先はホント、はしたない言葉が出ちゃいますね~
仕事柄、ハンマーも良く使いますが
ドンッとやった日にゃー
安全靴でそこいら中蹴り飛ばします(^^ゞ
匹敵する、その痛みをこんな形で伝えられたので
ホント切なかったです。
ちゃんと自分を表現できる家庭にしたいです。
2006/05/04(Thu) 23:08 | URL  | マー>みぃーさん、spacesisさんへ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。