「子連れ狼、の皮をかぶった羊の父子」として六年、七年目からはリニューアル(^^♪、そして開設から10年が立ちました。親子の距離は少しずつ広がり、ちょっぴり寂しくも、あれやこれやと日々を楽しくをモットーに、ガサツw、雑多な日々を綴ります。
アキは面会日。

今日も楽しく過ごせたようだ。



だが、
一つ、謎が解け、

また悩みが一つ・・・・・


はぁ・・どうしてこう、撒き散らすかね、悩みを・・・




スルーOK(笑)
さて、
元妻は再婚します。

来週にも届けを出すでしょう。



未練?
何それ?(笑)
ある意味、矛先がこちらに向かなくなるから、
良いんだけどね。
アキに対しては、大いにあるけど・・・



それに際して、先月だかにメールやらあり、

謎が一つ解けた。




相手の名前や、年齢などは知らないが、

彼もまた、父子家庭であった。


子供は、男の子が3人。

中三、小六、小五で、
同市内の、彼の実家で祖父母が面倒を見ているそうな。

彼は、親方日の丸の職種で、
転勤もしてきたので、このようになっているそうで、

こっちに来ている今でも、
彼は宿舎に住み、元妻と同棲している。


プチ父子家庭かい!(@_@。



まぁ、謎は解けた。
なぜ、いつもいつも、彼や、彼の子供の影がちらつくのも。


再婚によって、
私にとっては、より一層元妻とは他人度が増すのだが、

アキにとっては、大きな事となる。


頃合をみて、説明もせにゃならん。



そして、面会だって考えてもらわにゃ・・・



「アキの淋しさを和らげたい」

もはや、詭弁だ。




お母さんのアパートにいるおじちゃん。
面会日によくいるお友達のお兄ちゃん。

こちらが何も動かなければ、
こういった面会は続くのだろうが、

真実を少しずつ学び、
そしてその場に身を置いた時の気持が、
どうして予見できないのだろうか・・・・

同様に、あちらの子供達へもだ。


自分の子になる3人への気持は、考えているのだろうか・・・


良かれと思って、
もしくは、表面的な幸せにアキを触れさせ、あわよくば!と
思っていたかもしれない・・・





思い描く「幸せ」と言うものを掴むなら掴めばいい。

ただ、
描いた幸せを掴むのは、どれ程の犠牲を払うか、
判っているのだろうか。



謎は解け、そして動き出す。



先月のやり取りの中で、

「言わずに見ていたが、アキと二人で面会して欲しい」とは
言わせてもらった。

そしてまた、今回も五年生の子は一緒だった。



彼女らの言う「優しさ」とは何か?

静観していたが、
そろそろ、動き出す頃合だろう。


離婚してもうすぐ2年。
いまだ、悩みは尽きない。

承知でこういった形になった事は、後悔していないが、

離婚という大人の都合によって、
辛い思いをしてきたのだ。

せめて、これ以上、
その子供達の心に傷を負わせることは、避けたい。

それが最低限、課せられたものと思うから。





・・・また、ダラダラと書いちゃったな・・・

明日は、温泉でのんびりするぞーーー(~_~;)



追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2007/09/29 22:40】 | 父子家庭になって
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
知らなくても良い話。

「溶接」


まぁ、これでお給金もらい、
家計を支え、

たまに、アキの食玩やらに消えるのだが(笑)




溶接、
そのままでいくと、溶かして、くっつける。

はい、そのままです。



でもね、


溶接構造体では、積み重ねです。



100mm+100mm は、200mmにはなりません。
材質やら、厚みやら、色々あるけど、

必ず、寸法は200mm未満になります。

どこに消えちゃうんでしょうかね(笑)


熱膨張と、収縮によって、縮むのですが、
これが悪さして、歪みや曲がりを生じます。



で、
構造体を作りこむ溶接士の醍醐味というか、
面白さはココにある。


いくつ縮むか、

どういう風に曲がるか、

どこを支点に曲がるか。

どの段階で、どれを溶接しようか、

どの段階で、帳尻合わせの加工をするか。



そういう事を考えながら、
図面を見、経験を思い出し、先読みし、
時に相談し、造りこむのです。


これが、
その後の加工を含め、狙い通りの姿に、
ピシャリとはまる事が、面白さでもあります(^^ゞ



そんな製品を、いま作っていますが、

全工程を網羅している製品だけに、
立場的にも、頭となり、

応援に来ている後輩達に溶接をしてもらったり、
作業を割り当てたり、

その段取りしたり、他の職場と折衝したり、

人員配置を考えたり、

立場的には本来、これが普通であり、
こういった、
人を動かし、工程推進に努めるのも、難しく、
また面白いのだが・・・・・・・・



うん、面白いんだけど・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・ウズウズウズズ(@_@;)・・・・



としてたら、
やっぱ、オレの出番キターーーーー(笑)



今回こそは、
後輩を泣かせようとにやらせようと企んでいたが、


後輩達・・「無理!」と即答(-_-;)



「や~~れ~~~よ~~~な~~~」と言うものの、





おとうさん、燃えております



思惑通り、ピシャリと決まり、

誰も褒めてくれないので(笑)
一人、ニヤリとしているこの頃(^^♪



ここまで来るのに、6基作ったもんなぁ・・・




通りすがりの先輩やら、上司に、
「わはは、やっぱ、そこはマーがやるんか、
  まだ、見せ場があって良かったな」

そういわれると、正直心地いいです(^^ゞ



定年まで、こうした見せ場を、持ち続けるのは、
難しいのだろうが、気持は20代でいこう(笑)



毎日、



「アキ~今日は学校どうだった?楽しい事はあったかい?」



アキ「おとうさんは?今日も鉄溶かしてくっつけてた?
      (鉄はやらないんだけどね・・・チタンかステンレスだけどね)


「おう、今日も溶かして、くっつけたぞ~~~」




まだまだ、こうありたい(~_~)


追記を閉じる▲

【2007/09/26 22:37】 | 会社
トラックバック(0) |

なるほど~
non
溶接って そういうものなのね~ v-295 メモメモ...
ピシャリ賞?おめでとうございます v-424


マー
>nonさんへ

ただ溶接だけする溶接士なら、
そこまで行かないんだけど、
材料加工から作り上げる環境(会社)だと、
これが面白味です。

今日も決まった~~、ピシャッとv-221

こんちは~
Mちゃん
何事もそうなのかもしれませんが、
う~んなるほど、奥の深いものなんですね~(^^)

でも何よりも親子のコミュニケーションがいいですね~(^^)


マー
>Mちゃんへ

どんな職種も、極めるとなると難しく、
奥が深いですね。

毎日の会話、
特に帰宅後は、疲れがすぅ~~っと(^^♪

父の苦労、頑張り、
言葉で言わずとも、いつか判るときが来る、
そう信じて、突き進みましょう(^_^)/

コメントを閉じる▲
無事に退院し、その日の夕食が、
その青年の希望通り、カニ料理となり、

しばらくはカニは見たくない程に、
食したのは良く覚えている。


そして、訓練校の2学期も始まり、
同級には、げらげら笑われたのも覚えている。

へんてこなギブスなので、せむし男のようであり、
自虐的に笑い飛ばすのも、結構辛かったような・・・



そして、毎日とまでは行かないが、
懲りずにバイクで通院。


何度かDさんの病室にも、顔をだしたりもして、
照れくさそうな表情を何度か見たものである。


懲りずにバイクで通院するもんだから、
先生も呆れ顔だった。

先生「・・このバイク、何キロ出るんだ?」

「200は出ますよ」

先生「そんな出るんか!メーター180だろ?」

「いや~事故る前、
   出しましたよ~振り切ってたけど、そん位」


先生「ガハハハ・・・・
   ・・・次やったときは、来るんじゃないぞ<`ヘ´>」


「は~い」



そして、駐車場を後にし、

横断歩道で、母子がいたので、停止し、
どうぞと、渡ってもらい。


お母さんは、軽く会釈してくれ、

ちょっぴり嬉しい気分に浸りながら、
カンカン!とシフトUP・・・


と、

背後には、綺麗な発色の赤色・・・・



そして、
目に優しくない色の切符を頂くことになったのだ・・・


その青年、
色々考えたのだが、家裁の呼び出しだって、
親に迷惑が掛かる、

あえて、免停の短縮?講習を受けず、
きっちり免停期間を貰い受けた。

季節は、秋、これからはバイクも乗らないだろうし、
反省すべきと考えた。
ちょうど、後輩がバイクを欲しがっていて、

ここらが2輪の潮時なのだろうか・・・
そう思っていたので、後輩に売る事にし、

売ったお金は、親にあげることにした。
新聞配達のバイト代を積み立てて、
買ったとはいえ、
親も負担があったはずなので、
返すといったほうが正しいだろう。



両親は、
そんな青年の行動に、何もいう事無く、

「売るからには、お金のトラブルだけは、
         しっかりせよ」とだけ伝えた。


程なく、
ギブスも取れ、

通院も終わり、

固定しているプレートは、数年内に再手術する事になり、

Dさんにもそのことを伝え、
「もう、来るなよ・・・」そう言われ、

その後、Dさんがどうなったかは、判らない。
入退院を繰り返しているというのは、
その後、父親からは聞いていた。




その青年も、今ではすっかりオッサンの部類になり、
その時は考えもしなかった、息子というものと、
暮らしている。


この夏、

その青年は部屋の整理をしていて、
懐かしいヘルメットがひょっこり出てきて、

息子に見せてあげた。


「このヘルメットの傷が、
   お父さんの鎖骨の傷になった時のものだ・・・」

20070923220403.jpg

傷は判りにくいです

その息子は、手に取り、マジマジと見ていた。





暑い夏の始まり、
そして夏が終わり、冷え込む季節が来ると
痛む傷跡がイヤでも思い出させてくれる。



この思い出だけでなく、


先輩、後輩、同期、
それぞれバイクによる事故で亡くしたことも・・・

それぞれ、無茶をして命は落としてはいないが、
車だったら・・と思うと、助かっていたのかもしれない。



それぞれの年齢は、あっという間に通り越し、


皮肉にも、
スピードに魅入られ、とり憑かれていた青年は、
紆余曲折あったが、
まだ生を継続している。


バイクだけでなく、車も派手にやらかした青年、
この時は、本当に駄目だと思った。

これもどこかで場を借りて書こうと思っている。




「彼らの分まで」と、大きく気負って生きてはいないが、
年に数度、こうして「生」、逆らえない「時間の流れ」を、
尊び、考えたりする。



その青年の息子も、
バイクや車に乗ることになるだろう。

DNAを継いでいるのなら、
間違いなく熱病のように感染するのだろうか。


その時、うまく伝えられるだろうか・・・・



これからの季節、
傷跡が疼く。


だが、
傷跡は色褪せないで欲しいと思う青年も、またここにいる。



追記を閉じる▲

【2007/09/23 22:58】 | 未分類
トラックバック(0) |

そうだねー
non
命ってこと 考えなかったわけじゃないけど ・・・ 。
親になって もっと考えるようになったかも。
命あってこそって気持ち 忘れないようにしたいね。




マー
>nonさんへ

親となり、
より強く考えるようになりますよね。
この頃のニュースはウンザリ、
そして、自らと言うのも・・・

生きる、それだけでも意味があるのだと思います。
そして、伝えていきたいものです。


と~ちゃん
死ぬ事が本気で怖くなったよね。

親になって。

もちろん昔から怖かったけど、

リアルに感じるようになったよなぁ。



管理人のみ閲覧できます
-



マー
>と~ちゃんへ

その青年、
幼少から、「死」を考えると、
眠れない事多し・・・

親になり、
なお、リアルになるも、
「生」を考えるように・・・

けど、
・・・・ドラゴンボール探したい(笑)

コメントを閉じる▲
玄関前においてある甕に(黒めだかもいます)、
今日は布袋葵が咲き、おッ綺麗じゃん(^^♪

一日しか咲かないからと、ババのお願いもあり、
パチリと。


花言葉・・・・・


・・・・・どんだけぇ~~~~~(-_-;)


DSC01591.jpg


けど、綺麗だなこの花(^^♪
アキも、おぉ!って立ち止まって見てました。


さて
そのアキ、少し前から、


クラブから帰ってくると、




「今日は、大物が釣れた」とか、

「やっぱ、ペンシルよりも、ポッパーが良かった」とか、


「杭の周りで、ワームで、ものすごく釣れた」とか、



ソウギョがどうたら、ライギョがどうたら。

ブルーギルは邪魔くさくて、イヤだとか、

「今日は時間が悪くて、やっぱり、夕方だな」とか・・・・・





すっかり、
バス釣りの名人になっているアキでございます(@_@)

・・・・・え~~

もちろんPCゲームの中ではね(~_~;)



クラブにあるパソコンで、

「お父さんのための釣り(バス釣り編)」が
流行っているようです。


※ちなみに、ポッパー、ペンシル、ワームは、
   ルアー(疑似餌)の種類で、その他色々あります。
   バスはブラックバスなどを言います(外来魚です)。



釣果がいい時は(笑)

釣りキチ三平が、居るが如く、そのやり取りを、
興奮しながら語ってくれます(~_~)



家から徒歩、数十秒のところに池があり、
年中か、年少の時に、
一緒にバス釣りに行ったことがあります。
その時は、すぐに一匹釣れ、
アキが大喜びしたのを覚えています。

今では、竿こそ持っていきませんが、
散策コースの一つです。


そろそろ、ヒマなときに釣りでも行こうかと、
思っていましたが、





アキはすっかり、バス釣り名人になっておりました(笑)




今日は、買い物メインで、アッチにコッチに。



ふと、ジャスコの駐車場から、見えた看板。
「○○釣具」



アキ「ねぇ、あれ、なんて読むの?」

「○○つりぐ」

アキ「え!!、じゃぁ、つりの道具ってことなん?」

「(~_~;)・・あ~~、そうだよ」



「次そこに行く?」

アキ「行く行く~~~」



そして、店内に入ると







アキには、宝石に見えていたようです
いや、おもちゃ屋のほうが近いか?(^^ゞ







「ペンシルは?ポッパーは?ワームは?・・・・
    何?ジグって何?、うぉ~~デケ~~~
      うわ~~~気持わり~~~・・・・・
        おッ、おとさん、あっちも見よう・・・」



落ち着けい!!



お気に入りのルアーが、無くなっていたので、
久しぶりに、買おうかと思いましたが、
イマイチだったので、買わず。
今度、違う店で見ようとアキに言い、後にしました。



アキ「お父さんのための釣りっていうんだからさ、
    お父さんも、これやってさ、釣りしたほうが、
     いいんじゃない?」


「やかましいわ!」(笑)



ふむ、

そろそろ季節もいいし、

アキも一緒に行っても、心配は少ない年齢だし、


散策に行くときは、
数年ぶりに、竿でも振ろうかと思う私です。


これからは、キノコも取れるし(笑)





釣れなくなると、山菜取りをしだす私を、
親友H君は良く知っている・・・・


追記を閉じる▲

【2007/09/22 22:28】 | アキの成長
トラックバック(0) |

釣りはいいよね~
non
釣れるときの感覚って 何だか楽しいよねー。
おぉぉぉ~!! ってな気持ち e-414
いつぞや アキくんの釣った大物の写真 UPしてね~。
キノコの写真は結構です ・・・



なつめぐ
実は釣りってしたことないんだな~、
田舎育ちなのに(´・ω・`)
兄がフナやハヤを釣る横にいたり、大雨で流れてきた余所の鯉を釣って怒られてたのは覚えているし(家族で食べた後に解り大目玉)、
旦那が、道具を一式揃えて川釣りにおともし全く釣れなかった経験はあるけど、
魚の引きって経験したことないんだな~。
いいな~。


みい☆
いいねいいね釣り~~~
釣れなくてもボ~ッとしてるあの時間が好きv-10
これからはチカ釣りが楽しんだよね
みわ連れて行こうかな~


マー
>nonさんへ

ビビビ~~ってきて、楽しいよね。
アキはヘタレなので、まずはお父さんが、
釣り上げるのを見たいそうです。
まぁ、いきなり投げるのも難しいしね。
久しぶりにワクワクです(~_~)


>なつめぐさんへ

あははは、
鯉、美味しかった?涙の味?^_^;
そっちってどうなんでしょう?
結構、親子で楽しむ趣味なのでしょうか?
フライフィッシングが楽しそうなんだけどなぁ~~

>みい☆さんへ

本来、ヘラブナ釣りが好きです。
ボ~~~~~~~っと、
静寂感が好き。

チカって、ワカサギとかのやつ?
ちょっと調べたけど、楽しそうだよね。
娘さんとの釣りって記事も、なんか面白そう(^^♪

コメントを閉じる▲
仕事の疲れやら、なにやら・・・・
けれど、
考え事も多く、ちょっとさぼり気味なこの頃。
(いやまぁ、最近はすっかりこんなペースですが・・)

・・・・・・・・・・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・




・・・・お付き合いしていた彼女と、お別れしました。





彼女も読んでいるので、
書こうかどうかも考えたけど、

これもまた、
現実なんだよなと・・・・



お互い、譲れないものもあり、
そして、滲み出てくるものがあり、
そして、立場が立場なだけに、
おのずと、将来を見据えた考えもあり、

ただ、
お互いを罵りあうことなく、
お別れができたのは、良かったと・・・・


8ヶ月ほどでしたが、


人生の中でも、有意義な期間でした。




心がちょっとポッカリと、しちゃったけど、

元気出していきまーーす。





コメントやら・・・スルーでいいです・・・


追記を閉じる▲

【2007/09/20 23:30】 | 彼女との事
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


管理人のみ閲覧できます
-


管理人のみ閲覧できます
-



みぃー
そっとスルーします・・・

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
終わっちゃったな・・・三連休・・・・



アキは、先週から咳がコンコン、
思いのほか、
これが長引き、

木曜だったか、ババに連れられ小児科に行き、

喘息の咳では無く、風邪だろうかなという診断。

都度背中に耳を当て、
肺の音を聴いていたのだが、いつものような雑音が無く、
私も咳風邪かな・・・と思っていましたが、

なかなか治らない。


診察の結果、
一応、喘息の予防治療中(朝晩の吸入)でもあるので、
こじらせては大変という事で、

お薬も・・・たんまり・・・


う~~ん、
診察代込みで、4800円なんて
久しぶりに払いました(@_@;)


日に日に良くなるものの、
大事をとって、今連休は何も予定立てず、
彼女や、T君とも会わず、



お家メインで、過ごすことに(-_-;)





とはいえ、
じっとしていられるわけの無い8歳児と、37歳児

咳以外、症状も無く、咳も朝晩だけに、
そして日々回復しているアキ。

「3日間、おとなしくせよ!」「うん判った」とはいえ、
あまりに可哀想なので、

土曜は、お隣N県に、
ババのお供で果物やら、野菜を買い付けに行き、
温泉でゴロゴロそして爆睡^_^;

日曜は、文具やら買うついでにジャスコへ行き、
ゲーセンで一回遊び(NARUTOのカードゲーム)
たこ焼き買って帰宅。


今日は、さすがにアキ、
退屈~タイクツ~~たいくつ~~なので、

ドライブがてら、
野尻湖へ行き、隣接するナウマンゾウ博物館へ。


特別展示で「オオツノジカ」の模型もあり、


想像以上に大きく、「でけ!」と父子で驚き(^^ゞ



野尻湖を少し見下ろしながら、回り道をし、

遅い昼食は、近所のラーメン屋に。


アキはずっと来たがっていて
「そのうちそのうち」と言ってあっただけに、
混んでいましたが、少し待ち、

とんこつみそを、食し、
美味しさにニンマリして帰宅(^^♪



そして、おうちでゴロゴロ・・・(-_-;)


う~~ん毎週のように遊び歩いていただけに、
こうもお家メインは珍しい^_^;


なによりこの三日間、


良くまぁ寝ました、ワタクシ。
ウトウトウトウト・・・・・(-_-)zzz

朝なんて、9時半まで爆睡してるのに、
よくまぁ、寝れるもんだと(笑)



夏の疲れが出てるのかな~~~

歳?(-_-;)




それに釣られてか、やはり本調子でないのか、
淋しいのか、

トコトコとやってきて、
チョコンと、すぐ近くで一緒にお昼寝なアキ。


これがまた、眠気を増し(笑)


ついつい昼寝も長~~~くなりがちな、



ネムネムな三連休でありました(^^ゞ


今日の夕焼けが、それを物語って・・・・・・いないか(笑)
DSC01554.jpg



追記を閉じる▲

【2007/09/17 22:06】 | アキと私と休日
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-



みぃー
寝るのには体力がいるんですよ。
それだけ眠れるのは若い証拠!(笑)
私なんて昼寝したら
夜に眠れず、朝方まで昼寝を後悔する事になってしまいます…。



みい☆
お~~~っと書くの忘れてた
綺麗な夕焼け~~
絵葉書みたいジャンv-352


管理人のみ閲覧できます
-


私も ・・・
non
死んでるのかっ!?というくらい 眠ります v-402
朝・昼・夜の感覚がないのでは?と 心配になる私。笑
でも ・・・ 「単なる怠け病じゃね?」と 友達に言われちまったよ v-356
う~ん ごもっとも!
よかよか~!寝る子は育つのよ~ e-414


と~ちゃん
>歳?(-_-;)



それだっ!!ΣΣ(゚д゚ )





マー
>みぃーさんへ

なるほど!若い証拠かφ(..)メモメモ

証拠のはずなのに・・・
アキの風邪を頂き、イマイチです(^^ゞ


>みい☆さんへ

ぽわ~~んと、いい夕焼けでした(^^♪
また、寝そうでしたよ(笑)
ピントはイマイチだったけど、いい色でした。


>nonさんへ

・・・そ、そこまでは、あまり・・(笑)

「怠け病」じゃないよね、みんなみんな、
頑張っているからなのさーー(^_^)/



>と~ちゃんへ

えぇぇぇ~~~\(゜ロ\)(/ロ゜)/


私かい?


・・・・と~ちゃんがかい?(@_@)



・・・私?
うん・・・・否定しないよ・・うん・・・(;一_一)


いわさき
うちも、3連休の癖になんもしなかったです。
ですので、子ども達はDSをかなりやっていたなぁ…まだまだ、父親が企画しないとなのか?
良く眠れるって言うのは、どっかしら疲れが溜まっていたのかもしれないですよ。からだって、正直ですもの。


マー
>いわさきさんへ

気疲れかな~~~・・(^^ゞ
組合という新しい世界にも入っちゃったし・・・

今度の連休は、満喫するのかな?
私は3連休ならずですが・・・
温泉で、ごろごろだな、きっと(笑)

コメントを閉じる▲
さて、
その青年、

手術も無事終え、二人部屋に戻り、
いよいよ入院生活がスタートする。

入院・・・それは同室の方々に大きく影響されるものである。


その青年から見ても、
「おじいちゃん」といった方が、同室にいた。

二人部屋も、ある意味考え物である。
「逃げ」と言うものが無い。


同室のこの方「D」さんとしておこう。

父親が、病室に入るなり、
顔が引きつったのを、その青年は見逃さなかった・・・
毎日、
Dさんの見舞いに、中年の男性が来る。

甚平、作務衣といった格好だ。


その中年男性は、Dさんのことを、

「オヤっさん」という。



その青年の父親は、大型車両の営業をしていて、
凡人には踏み込めない世界を少し知っていた。


Dさんは、その凡人ではなく、非凡な方々を取引先とした、
金融商社マンであった。


「あった」と言うだけに、現役ではないようで、
それは、その青年にも理解できた。


その青年、
なぜかキャラ的に、
こういった人にも可愛がられるといった、特異な面があり、


Dさんが「たんぱ」を聴いている時間以外は、
世間話などに花を咲かせていた。



そして、
中年男性が、「・・・連絡しておきます」といった後には、
大体、病室前で、深く礼をしてから入室する銀行員らしき人も
多かった。



ある時、


D「おう、に~ちゃん、
   やっぱテレビは寝ながら見たいもんだよな?」

「はぁ、そうですね」


といった会話の翌日。
街の電気屋さんがやってきて、

チュインチュインと天井に穴を開け、
ステーを固定し、

青年も見やすい位置に、
小型のTVを設置して行った。


まだまだ、病室では、
TVは一人に一台という時代ではなかった。

「アンチャの見たいもの見てれや」
そういって、リモコンは青年の手元にいつもあったものだ。



そうそう、時には、
その青年の見舞いに来た友人も、
パシリに使ったりして

「おめぇも好きなもん買って来い」なんて事もあったし、


その青年と、
こっそりその商店に、チュウハイやら、ビール、タバコを、
時に肩を貸しながら、買いに行き、
看護師さんから、大目玉を喰らったり・・・・




その看護師さん達と言えば、

どの入院患者さんの体を拭くかを、
白熱したジャンケンで決めていたりして、

一部始終を見てしまったその青年は、
悲しい気持になったこともあったのです。



そして、十日程の入院だったろうか、


まだ、ギブスというか、肩部分は包帯でグルグルに固定され、
骨の固定のためのプレート、
そして鎖骨内部には、金属製の棒を入れたままであったが、
「あとは通院でよろしい」となり、

入院生活を終えることとなった。


Dさん「もうそんな痛い思いしちゃイカンぞ!」

「ははは、また隣来ちゃうかもよ」


そんな事を言い、
礼をして、病室を後にしたのでありました。





・・・・・次回、最終回です(^^ゞ


追記を閉じる▲

【2007/09/16 21:52】 | 未分類
トラックバック(0) |

チュインチュイン・・・
non
やっちゃいましたか・・・やるな!おっちゃんD
おっちゃんDの登場は これにて終了?
次回に 期待しときます e-284



マー
>nonさんへ


え~え~、
Dさんの指示の元、
勝手に病室の天井に穴を開けた電気屋さん・・・
さぞ、やりにくかったはず(笑)

Dさん、次回ちょっとでるよ(^^ゞ

と、
その青年だった男が申しております(@_@)

コメントを閉じる▲
ようやく診察室に辿り着いた青年。


血圧は69-30位だったろうか。
上半身を起こすと、とたんに気持悪くなり、
診察もままならない。


「まずは、皮ツナギを脱ぎましょう、切りますね」
と看護師さん・・・


「うぎゃ~~!!(@_@;)」

安物とはいえ、ウン万円の皮ツナギ、

これ以上血圧下げてどうするよ・・・さらに顔面蒼白な青年。



間一髪、
他の看護師さんの息子も、バイクに乗っているらしく、
「高いんだよね?、頑張って脱いでみようか?」と・・・


冷や汗でビッショリなツナギも、どうにか脱げ、




先生「うん、折れてるね」

「はい~~?」


先生「左鎖骨いっちゃってるよ、
    これは切らなくちゃイカンかな、レントゲン撮るな」


レントゲンを撮り終え、
ストレッチャーに乗せられたころだろうか・・・


連絡を聞きつけ、
両親がやってきた\(゜ロ\)(/ロ゜)/



顔を合わせるのも辛いが、


その青年の両親の反応は・・・・・・・


父母「ばか、あほ、ざまぁないね」


父「カッカッカ(^。^)、一夏ベットでのんびりしておれ」
母「一夏、心配一つ減ったわ(^^♪」


止めは、

母「保険、何本か掛けといてよかったわ」



という、お言葉で、

青年は、優しさと、大人の怖さを改めて感じたのでありました・・・


レントゲンの結果、数箇所骨折&粉砕。

手術&入院が確定。



二人部屋に入り、不安な夜を過ごし・・

いよいよ手術。


麻酔は、局部麻酔なので、意識はそらもうはっきり。

場所が場所だけに、
音やら、振動・・・堪ったものではなく、
麻酔がかかっていても、耐え難い痛み・・




痛みで歯を食いしばり、
歯が全部なくなっちゃうんじゃないかと思いながらも、
何か聞こえる・・・

「ヒソヒソヒソ・・・・でね・・が・・・」

ングー・・な、何?・・看護師さんたち、何言ってんの?



「・・・そうそう、○○のスーパー、今日××が安いのよ」
「そうなの?・・間に合うかしら・・・」
「あ!、〇×のスーパーったらさぁ~~」
「・・今日、お宅夕飯何作る?・・うちは・・」




なに、いってんの、こ・の・ひ・と・た・ち・・・



おそろしや・・・\(゜ロ\)(/ロ゜)/
この場面で、こんな会話を聞くとは・・・




青年、
軽く人間不信に陥りながらも、無事に手術を終え、

入院生活のスタートとなったのでありました・・・



・・・・続く。次回、入院生活編(^_^)/


追記を閉じる▲

【2007/09/12 22:13】 | 未分類
トラックバック(0) |


みい☆
夕飯のお話ねv-411v-356
前に教えてくれたもんね

でも皮のつなぎって本と体を守ってくれるらしい・・・
うちの旦那もバイクで事故ってて
そのときは3人で山道攻めてて真ん中で走ってた旦那・・
事故った旦那はスローモーションで周りの風景が
よく見えているらしく
バイクをけって踏み台にして飛んで
ガート支柱とガート支柱の間に着地したらしいのね
そのときは打撲で済んだらしいんだけど
一緒に走っていた人は死んだと思ったらしい

病院にいって診察してもらったらお医者さんに
皮のつなぎ着てなかったらおしりのお肉が
半分なくなっていたと言われたそうです

ガート支柱にぶつかったバイクがくの字になるところまでスローモーションではっきり覚えていると
ここで熱く語っておりますわ

マーさんと話が合いそうv-290

そうそう!お父さんとお母さん・・・安心して
冗談しかいえなかったんだと思うよ~



なつめぐ
皮ツナギ高いですよね。
社会人になって初めての高い買物が中古のバイクで、その次がツナギだったと思われます。
私は地味なライダーだったので、コーナーを攻めたりはできなかったですけど、車体を倒しすぎてこけたことはあります(笑)
その時も、フルフェイス・皮ツナギ・皮グローブ・皮ブーツが全身を守ってくれました。やっぱり皮ですね。

バイクに乗らなくなって十数年?
それでも捨てられないこのグッズ。
特にツナギは、絶対体型が違うのに・・・
でも、値段を思うと捨てられない。
誰か私から買ってくれ~~~(笑)

つなぎ・・・
non
つなぎ ・・・ ? ・・・ v-402 ダメだっ!
全身タイツしか思い浮かばない v-356
なんて乏しい 私の頭 ・・・
こんな私は 殴って下さい。笑

バイク事故って 想像しただけで痛い v-406
でも 歯も揃ったまま?お元気になられて よかったわん e-343
・・・ って マーさん 歯あるよね?笑



いわさき
長年バイクに乗っていますが、幸いな事に、病院に行くほどの怪我はしたこと無いです。転倒は「たちゴケ」ばっかり…コレはこれで恥ずかしいけどね。
これからも、安全運転します。とくに、父親になったしね。


マー
>みい☆さんへ

お!旦那様も攻めてた口ですな^_^;
その青年同様、
脳内で出るタイプですね。

カラダが動く速度もスローモーションで、
「もっとはやくうごけぇーー!」ってなるんだけど、

「さて、どう対処しようか」と考える事が出来るから、
旦那様のような芸当が出来たりします(~_~;)

ツナギ、これは絶対に必要ですね。


>なつめぐさんへ

おぉ!なつめぐさんも乗っていましたか(^_^)/
ちゃんと一式揃えて、正統派ライダーですね。
真夏は辛かった~~(笑)

と、
その青年はもうしております。

ツナギは後輩へ、グローブは弟に、
ブーツはいまだ捨てていないです。
宝物になりつつあります。


>nonさんへ

(-_-)/~~~ピシー!ピシー!(笑)
もじもじ君じゃ無いんだから~~^^;
え?アッチ方面(爆)

歯はちゃんとありますよ~~~
いや、ホント、
手術後、看護師さんたちに感心されました。
若いのに、我慢強いのねと・・・・

・・・違った意味で、
この人たちはすごいと、逆に私は思いましたが・・・


>いわさきさんへ

いわさきさんの「バイクネタ」を読むたびに、
ウズウズウズウズウズ・・・・・・なんですよ~~(^^ゞ

ビックスクーターなんかも、父子で行くにはいいかなと、
思ったりして・・・

安全運転。車もそうだけど、
バイクのリスク、これを踏まえ、
そして楽しさを、教えていけたらいいなと思いますよね。

今後のバイクネタも楽しみにしています(^_^)/

コメントを閉じる▲
お迎えに行くと、


いつものように、
Tシャツ&体操着の短パン・・・・・


頼む・・・着替えたズボンだけは、
ちゃんと持ち帰ってきてくれい(-_-;)



んじゃ、
皮膚科に行くぞ~~と、
その格好で、長靴・・プププ(~_~;)
ま、間抜けだ・・


で、傘を開くと・・・・・・・・・



な・ん・で・傘の骨が・

全部折れているんじゃ~~~







「おい、どうした、コレ」


アキ「・・・う~~ん・・・・・」



「何で、全部折れてる?風は無かったよな」



アキ「・・・え~と」



「傘、バーーンって、ひっくり返すと面白いよな」


アキ「うん、けどね、閉じた傘を振り回しながら、
    ぽちっとやると、ズバンってなってさ、すんごい
     ひっくり返るの\(◎o◎)/!」



「そっか、面白かったろう・・・」





「今度やったら、お前をひっくり返す







アキ「・・・ご、ごめんなさい・・も、もうしません・・」




「わははは、お父さんも良くやって、ババに叱られたわ!」


アキ「そうなの?・・面白いもんね~~」




「けど、もうすんじゃないよ<`ヘ´>」


アキ「うん、わかった」





という事で、



傘を買いに、
大好きな平日のジャスコへ行った父子でした(^^ゞ


もちろん、傘のお値段は、
かなりランクダウンいたしました(笑)


追記を閉じる▲

【2007/09/10 23:26】 | 未分類
トラックバック(0) |


みい☆
やった!やった!!!
ひっくり返して傘さして雨をわざとその中にためてね~
折れちゃうんだよね^^;

それにしても子供の行動って読めるよね
さすがおとさん^^

小さいころさかさを直しに家まで来てくれるおじさんが
いたんだよね~~
「壊れたかさありませんか??」って感じで訪問してくるんだけど
なんか懐かしいな~^^


なつめぐ
おろしたてをやられて、ショックを受けたことが何度か(´・ω・`)
特売の時には、何本もまとめ買いをするようにしたのに、
高学年にもなると、学童用の傘なんて「ダサイ」とさしてくれなくなって、傘の無駄遣いってどんだけしたことでしょう。
長靴だって、成長に合わせて買い換えても「カッコワルイ」とすぐに履かなくなるんですよね。

親なんて、何年も下手すると何十年も同じ物を使っているというのに・・・v-12




みぃー
やっぱ、その辺は男の子ですね。
なぁーに関しては愚痴るほどの傘ネタはないです(笑)
友達の子どもは何足の長靴を川に流したことか
それも片方だけ!

ランクダウンした傘は
もしかすると壊れるの早いかもよ・・・?


spacesis
うふふ。アキくん、可愛いですね^^

こういうことをするからこそ、子ども時代があると
言うものでしょ^^
子どもが大人と同じように分別があったら、もう
子どもじゃないですね。

傘代もお勉強代と思って(笑)


マー
>みい☆さんへ

やりましたか・・え~~私もやりましたとも、
友達と競い合ってね(笑)

この頃のアキへの尋問(笑)は、
押しても駄目なら・・が有効なこの頃です(^^ゞ

傘の修理?
それは、な、無いなぁ(@_@;)
いっそ、私が習得してご近所を・・・



>なつめぐさんへ

実はこの傘、買った翌日には骨が1本、ポキン・・と。
さすがに悪いと思ったのか、
大事に使ってはいたんですけどね、
他の友達に触発されたようです(-_-;)

大事にしないから、今度はやっすいやつじゃ!
(値札を見せながら)となり、反省しているようです(笑)

そうだよねぇ・・
大人なんて、いつ買ったかわかんない位、
使ってるよね・・・^_^;


>みぃーさんへ

な、長靴?
何故に?

しかもどうして片方?謎です(-_-;)
まぁ、近所の子は、
癇癪起しては、親の前でドボンと、
靴を下水に投げてますがね・・・

安くなった傘のお値段。
アキは値札をしっかり記憶・・・

寿命が早いか、壊すのが早いか、
アキ次第でもありますな(笑)


>spacesisさんへ

そうそう、子供だからね。
頭ごなしにはなりませんでした(^^ゞ
むしろ、
お父さんのときは~~と、話が膨らむ事も多いです。
まぁ、物を大事にと、反省はしてもらいましたが。

高い勉強代にならずにホッとしてます(笑)
よくもまぁ、全部綺麗に折ったものです^^;



みぃー
長靴の謎ですが
その少年は雨で水量が増し流れが早くなった川を
橋の上から見下ろすのがいたく好きだったようです。
橋の欄干に隙間があり
そこから必ず片足を出すのも好きだったようです。
これが長靴の謎です(笑)


マー
>みぃーさんへ

ニヤリ(@_@)
謎が解けましたぞって・・・

・・・・・・・うん、その子の気持、なんとな~~く
判るなぁ~~(笑)

私もそんな川見るの好きだったし、飽きなかったな(爆)
足は出さなかったけど(^^ゞ

コメントを閉じる▲
いきなりだけど、
18歳と言うのは、少年か?青年か?
青年が正しいのかな?

という事で、いきなり「青年」にしちゃいます(笑)
前記事1も修正しました。


さて、
終業式前日、もはや頭の中は夏休みである。

高校の夏休みとはかけ離れ、
期間は3分の1程度、
まぁ、長い盆休みといったところだろう・・・

けれど、
就職した友人に比べれば、「学生」の特権でもあり(笑)

この青年それはそれは、浮かれていた。



いつもの通り、お山のパーキング・・・・


他には走っているのも居ない。


ただ、ギャラリーはいたので、数回走って、
一休み、




さてもう一回走って帰ろうか・・・


ズダン!とキックし、エンジン始動。

走り出し、


落とし込むような左カーブに続き、

また左・・・・と!


フロント荷重が乗らないまま、この左に入ってしまい、



程なく、フロントはスルッ~~~と・・・・


ガシャ!!



んまぁ、この青年。
スクーターの時から、こけるのは慣れている。

個人差はあるのだが、
この青年、「あ、やった!!」といった瞬間から、
脳内でアドレナリンやら多め。

こけている数秒時間を、スローモーションで景色を見れ、
のんびりと対処を考えたりするらしく、


この時も、ヘルメットのシールドがはじけ飛ぶ中、

「うぎゃ~~カウルがぁ~~、シールドがぁ~~
   おっと、対向車は無し!、体が滑ってる方向は、
    うわ、ガードレールが迫ってる、ヤバイ、
     ブーツを削らせ、減速減速!」

っといつものように、ふっつう~~に立ち上がり、

バイクを起こしに、トコトコ・・・・


が、
起こせない、左腕に力が入らない。


すると、
血相変えて、
ギャラリーしていたお兄さん達がやってきて、
バイクをパーキングまで運んでくれたりしてくれた。


何度も、「大丈夫かい?」の問いに、
「大丈夫ですよ~~」と答えていたが、

目の前が段々と、暗くなる・・・・
ドンドン、闇は濃くなってくる・・・

そのうち立っていられなくなり、しゃがみこみ、
そして、とうとう大の字になってしまう。


目は開いているのに、
目の前は、闇。

同時に、
言い表せぬほどの恐怖が襲ってきた。

もしかしたら、オレの体は酷いことに?
このまま意識がなくなってしまうのか?


その青年の頭には、
両親、友達、色んな思い出、本当に走馬灯のように・・・


ドッと汗も吹き出て、
お兄さん達も、こらまずい、
救急車かとなったが、

このお兄さん達、地元ではなく、しかもお仕事サボり中(笑)
救急車ともなると、その青年も、このお兄さん達も、
面倒であるので、車で最寄の病院へ運んでもらう事になった。

幸い、この青年の意識はハッキリしていたので、
目は見えずとも、どうにか道案内をし、
無事に近くの病院へ・・・


程なく、目も明るくなり、

診察室へ・・・・




ゴメン・・まだ続くな・・・(笑)





追記を閉じる▲

【2007/09/09 22:14】 | 未分類
トラックバック(0) |
今日の夕飯は、
中華スープを作り、

アキが好きな、木耳も入れた。
私も好きなんだけどね(^^ゞ



「おとさん、汁美味しいねぇ~~~」


こういわれると、やっぱ嬉しいです、うん(^^♪



で、
どこの家庭もそうだと思うんだけどさ、

「もっと食べたいなぁ・・・」となるわけで、



多めに入れた木耳でしたが、
「おとさん、おかわりある?木耳ある?」




「うん、あるよ、お父さんのあげる、ホイ」



アキ「ありがと・・・・
    ・・おとさんのまだあるの?」


「ん、いやもう無いよ」


アキ「・・え、だったらいいよ、
      おとさんのなくなっちゃうし、やっぱ、いいよ」



「お父さんはいいから、食べな」



アキ「うん・・・・お父さん、ありがとう」


「うん、良いんだよ、ちゃんと味わえよ!」




なんか、嬉しかった・・・(^^ゞ

少し前は当たり前のように、
最後の一切れでも、貰いうけ、
ただただ美味しい美味しいと言っていたアキでしたが、


ちゃんと心も成長しているようです。

この頃はこんな感じな事がよくあって、

何気ない優しさだから、
あえて大袈裟に褒めたりしないんだけど


ちゃんと判ってるんだ、
ちゃんと思いやる気持が備わっているんだなと思い、

親としては、幸せを感じてもいます^_^;
いやまぁ、親バカなんだろうかな(笑)



で、
アキは小学生だからして、
親としては自分が小学生だったころを、よく思い起こす(笑)


小学生の時の、
褒められた数少ない(笑)記憶・・・・

放課後、
日直だったか、何かの委員だったかで、
クラスメイトと居残りになった。

教室の後の壁に、作品か何かを貼っていたと思う。

誰だったかも忘れたが、
クラブがあるので、彼はとても焦っていて、

残り僅か、後は自分ひとりで出来るから、
「クラブへいきなよ、あとはオレがやっとくよ」

そういったやり取りを、担任は影で見ていたらしく、
翌日、みなの前で褒められた記憶がある。



自分ではなんとも思っていない、
何気ない優しさが大袈裟になってしまい、
照れくさいやらなにやら、
褒められているんだか、恥ずかしいやら、

まぁ、人とは見ていないようで、
見ているんだなぁと、子供心に感じたものです。


だから、
大袈裟に褒めたりはしないのだけれども、

この何気ない優しさ、


当たり前に出せ、


そして、ちゃんと受け止めてくれる環境が、
未来にはちゃんとあるのかな・・・・


いや、そうであって欲しいなと強く願うこの頃であります。


追記を閉じる▲

【2007/09/08 23:41】 | 未分類
トラックバック(0) |


みい☆
うちでの会話を聞いてるみたいv-290
最近うちもそう!
前は自分のものがなくなって私があげると
「ありがとう」だけだったんだけど
最近は「お母さんの分あるの??」と気遣う様子が・・・

お互い心の優しい子に育っているようですね






ふみにゃ。
なんかほのぼのー♪
うちはまだまだ親の分まで奪って当然ってカンジだから、もう少ししたらこんな場面に出会えるのかと思うと
楽しみです。
アキちゃん、おとさんのくれた木耳、おいしさ格別だったでしょ?


みぃー
優しさを育てるのは難しいですよね。
保育園では一人の子どもを誉めると
まわりの子どもも競ってその時だけ優しくなります。
そして、誉めて欲しいという気持ちだけで優しくします。
だから誉める人がいないと優しくない(笑)
このあたり、毎日どうすれば良いのかと悩んでます。



マー
>みい☆さんへ

やはり、お宅でも~~~?おーっほっほっ(爆)
こういった気遣いが出てくると、嬉しいものですね(^^♪


>ふみにゃ。さんへ

感謝の気持を持ちながら、味わっている顔は、
また格別(^^ゞ

あっという間ですよん!
たいちゃんのアレが治まるころには・・・^^;


>みぃーさんへ

難しいですよね・・・・・

「褒めて伸ばす」というフレーズ。
「叱る、諭す」があって初めて有効ですし・・・

うちは、「すごい!」「いい子だ!」とかは、
あまり言いませんでした。
せいぜい頭を撫でる位。
「そう、それでいいんだよ」と「やれば、できる」かな(^^ゞ

自信がつく実感と、
優越感に浸る感はホント、難しい・・・^^;





Mちゃん
ウチの娘は昨晩、、、「パパあたしのホルモン食べないで!!キー!」と怒ってました。。。。。もう少し優しさが欲しい。。。

えぇ話や・・・泣
non
なんていい話 e-414 えらいぞ!アキくん。
私は ムツゴロウさん?ってくらい 褒めてしまう母です(笑)
子供の心の成長って ホントうれしいよね。
そういうアキくんを 見逃さない マーさんも v-424
ステキな親子ですね e-414



マー
>Mちゃんへ

わはは
「キー!」まで?(笑)

けど、
同じような事が起きたとき、

Mちゃん・・顔が緩みっぱなしになっちゃうよ~~(^^♪


>nonさんへ

nonさん同様、お子ウォッチングが好きです(笑)
いろんな苦労?があるけど、
この報酬を逃すと・・・・(笑)

都度、嬉しいものです(^_^)/


コメントを閉じる▲
むか~~しむかしの事じゃったぁ~~・・・・


あるところに、
三度の飯はやっぱり好きな、

けれど、頭の中は、バイクバイクの、

もはや、スピードという麻薬に浸かっていた
「青年」がおりました。



その青年、
16で原付の免許を取り、

スクーターにのり、

近くの山道へ、毎日毎日、雨の日も風の日も、
通っておりました。
今より遊びが少ない時代、
高校生ともなると、バイクや車・・・・

同じような仲間が集まり、
学校が終われば、そこに集合。

毎日毎日、遊び呆けていた青年。


時にスクーターレースも出たりしておりました。




そんな青年も、
車の免許取得と同時に、単車の免許(今で言う普自2)を取り


いよいよ、念願だった単車を手に入れたとさ(^^♪



ガードナーが強かった時代、シュワンツもこのころか・・・


手にしたのは、
SUZUKI RGVγ250


バイク熱もヒートアップし、
これまた、毎日毎日、走り回り、
競争ばっかりしていた青年・・・・


高校卒業し、就職難も手伝い&出席日数も足らず、
手を焼いた教え子に、担任が差し伸べたのは、
整備士になるべく、職業訓練校であった。


2級整備士取得の2年。
高卒が条件であり、親も体裁が守れ(爆)

その青年も、その親も、
ホッとしたのである。



ただ、その青年、

学業こそは、楽しく、きっちりやるのだが、
いかんせん、バイク熱は相変わらず・・・・



そして、
訓練校一年目、一学期の終業式の前日。


その青年、


走馬灯を垣間見るのであった・・・・・



続いちゃうよ~~~その青年の話(笑)


追記を閉じる▲

【2007/09/07 23:48】 | 未分類
トラックバック(0) |


みい☆
楽しみ~~

って・・・あれかなv-362


マー
>みい☆さんへ

その「少年」曰く、その話だそうです(笑)

オマケ話もありそうです^_^;


いわさき
う~ん、僕のころはスペンサーとロバーツだなぁ…。
クーリーとかも…。
世代の差だなあ…。


マー
>いわさきさんへ

わはは・・まぁ、そう言わず(笑)
もちろん、スペンサー、ロバーツも大人気でしたよ。
あとは、平とか^_^;

熱病にかかっていた、とある青年です(笑)

コメントを閉じる▲
風呂上り、



アキが一日の総仕上げ
(宿題やら、チャレンジやらが完了してから)の
PCでのゲーム中、


ちょっとウトウトのつもりが、
今日は結構な時間・・(-_-)zzz・・・・





今週は特に、帰宅後、ウトウトなおとさん(^^ゞ


かまってもらえないアキの気持も、伝わってくるのだが、




アキも心配っつうか、


おとさん、どうしたんだろ?と思っているのか、



結構、心くすぐられたりしてます(^^ゞ





ウトウトと、おぼろげながらも、


「おとさん? ダイジョブ?」
「寒くない?布団かける?」
「おなかイタイの?」




そんなアキの仕草、言葉に、



さらに、眠気が加速しちゃってます(^^ゞ




って、

今日のウトウトは、



金縛りピキピキ(@_@;)
寝るか、寝ないか、はっきりせい!ってな感じ?(笑)




アキよ、
もうちょっと待っとくれ~~


組合の仕事も、一度流れが判れば、
カチリと決まるし!(^_^.)


これ以上、ぐ~たら出来んしな(笑)




そんなこんなで(^^ゞ
この頃のアキ・・・・


大人も大変なんだなぁ~~~(-_-;)


と、思っているようです(笑)



お前も頑張ってるしな^^;
うん、張り合いあるよ。


追記を閉じる▲

【2007/09/06 23:57】 | 未分類
トラックバック(0) |
二学期が始まりました。

そして、
私のほうも、組合執行部、新体制でスタートしました。
オロオロ・・\(゜ロ\)(/ロ゜)/


仕事の方は、相変わらずバタバタしていますが、
造り込みを、把握しているのは私だけという事もあり、
充実感はある毎日ではあります(^^ゞ

疲労感も、満喫ですがね・・(;一_一)




さて、組合の活動・・・・
役割としては「教宣部長」という、

ありがた~~~い(-_-;)役を・・・


まだ、これと言って仕事してないんですけどね、
委員会後は毎回、居残りで、
翌日に配布する情報紙の作成となるようです。


まぁ、
時間の制約があるけど(お迎え)、役割は果たしていこう、
そう思っています。


で、
今までと一番変わったことはというと、

毎日、お昼休みは、
組合事務所で過ごす事に。

難しい話はしていません。

当面の行動など、雑談交えてといったところ・・・



これがね、辛いんです・・・




すっごく辛いんです。




午後からの仕事、そして夜まで響くのです・・・・



それは!
お昼寝が出来ないのです(@_@;)


毎日、
昼食後に、のんびり椅子に座り、

目を閉じ、


5分から10分の、この気持のいい、
ウトウト(-.-)が出来ないんです。




すでに体内時計に組み込まれています。

昼の10分は、夜の一時間とかなんとか・・・



夕食後なんてもう・・・・
堪らんです、ハイ(-_-;)

ハイテンションなアキと向き合えず、
「ちょっと、うとうとさせてぇ~~~」と・・・



アキ、ちょっと不満気味(-_-;)

いかんなぁ・・・いきなりコレだもんなぁ・・・
ちょっと、凹んでいます(^^ゞ


お昼寝、侮れないです。


少しずつ、慣れていくのでしょうか・・・(^^ゞ



う~~ん

会社側と折衝する前に、

お昼寝を、勝ち取りたいです!


オ・レ・の・・昼寝を返せぇ~~~~~~!!(笑)





んまぁ、
コレに限らずな事なんですが、
記事やら、コメント、巡回遅れたらごめんなさい(^^ゞ


追記を閉じる▲

【2007/09/05 23:30】 | 会社
トラックバック(0) |

たしかに ・・・
non
お昼寝はいいや~ね~ v-398
朝の2度寝?くらい 気持ちいい~ e-414
そそ!私も 台風のせいで 朝の睡眠がぁ~~!
つまり 台風来る → 給食なくなる
・・・ お弁当持ちなわけですよ~ e-263
朝の貴重な睡眠を返せ~!
どんな母ちゃんやねん!
がんばって お昼寝勝ち取ってね e-271


と~ちゃん
引っ越す前はタマに寝てたなーw

特に事務所に入りたての頃は・・・・

ストレスでつぶれそうでしたもんw

そういう意味で発散でもありますよねw


最近は寝たら起きないんで出来ませんw



マー
>nonさんへ

もともとはしない人間でしたが、
30過ぎたら(笑)

今日もあくびが・・・・
早く事務所行って、まずはウトウトしようかな(^^ゞ


>と~ちゃんへ

ほっと一息、うん、そんな意味もあるよね。
ちょっとリセットできるし^^;


時間過ぎても寝てようものなら、
たいへんなイタズラされるので(爆)
この辺は大丈夫です(笑)

コメントを閉じる▲
土曜日、
アキの残りの宿題。
四つ切画用紙に絵を描くという大物を完了。

お題は、夏休みの楽しい思い出という課題なので、

アキの「まだ、まだ休みは終わらないじゃん」に引っ張られ、
昨日まで描かずじまい・・・・・


よって、かる~~く2時間ほどアキは軟禁状態(笑)


ババは「ちょっと教えてやんなさいよ!」
と言うほどの出来ですが(-_-;)

特に、
絵(美術)に関しては、口出ししないようにしています。
国語や、算数は口出しちゃうからねぇ~~
絵くらいは、思い存分(^^ゞ





まぁ・・・

出来栄えはねぇ・・・・・・




親バカをもってしても、
「絵なのか、落書きなのか」ワカラナイ代物に、
なっております、アハ・・アハ・アハハハ(@_@;)


けど、楽しさが伝わってくるし、楽しく描いていたので、
その姿だけでも、親バカとしてはいい絵でした(笑)




そして今日は、夏休み最終日。

彼女も午前中は、用があり、
午後から皆で遊ぼうかと^^;


というのも、T君が
「そろそろ、あれやりたいんだけど~~~」と提案。

そういえば、
「今度ね、今度・・・」と伸ばしてきたし、

約束は守らにゃ(^^ゞ


んじゃ~~やりに行きますか(^_^)/
060529_2128~01.jpg




写真は以前の記事で使ったやつだけど、
少し前に、新たにもう2機作ってありました(^^♪


なかなか飛ばす機会もなくて、
今年は、今日が初飛行に・・・・



最初は調整もしていなかったので、
「なんだぁ~~~」って感じのT君でしたが、


こまめに(羽を)調整し、
程よい風も出てきたので、段々と飛ぶように(^^♪


今までの私の最高は、1分ちょい。
今回は、長くても20秒位。


「すっごく広いところじゃないと、駄目なんだ~~」
と言っていたことが、T君納得^^;


アキは、久しぶりでしたが、
T君と共に、
大喜びで滑空する機体を追いかけていました。


ふっふっふ、
これが、君たち子供には、いい運動になるとも知らず


んまぁ所詮紙飛行機?だけど、
一番驚いていたのは・・彼女でした(笑)


夏休み最期、
フワ~~~~と、滑空する紙飛行機を見ながら、
のんびりしてきました。



さぁ!明日から2学期、いよいよ九九もやってきます(笑)
英気を養うためにも・・って・・・

アキは、9時前に寝ちゃいました^^;

まーね
あんだけ走ればねフッフッフ




追記を閉じる▲

【2007/09/02 21:36】 | 私と彼女と、アキとT君
トラックバック(0) |


みい☆
長かった??夏休みも終わりね~
どうやら宿題も無事に終えたようでよかったよかったv-290
私は絵心がまったくないのでみわに指導なんてまったくできませんのよv-356
今日学校に飾ってあったショベルカーの絵に感心しました
この絵は実際学校までショベルカーを運んできて写生したもので
特徴を捉えて書かれていましたv-290

ふわふわ飛ぶ飛行機を眺めるのってなんかいいね~
想像しただけで癒される感じがするわ
それにしてもそんな長い時間滞空するのね~
私もびっくりよ

さぁアキ君明日から2学期!!
季節の変わり目・・・喘息が出ませんように


マー
>みい☆さんへ

無事完了っす(^_^)/

美術が好きだったワタクシ、絵を描くのは好きでした。
上手いか下手かはわかりませんが(爆)

飛行機、
一分台をコンスタントに飛ばせた日にゃ、
積極的なお父さんは、近寄ってきます(笑)
鳶のように、大きく旋回する様は、
結構癒やされます。

喘息、
嫌な季節に入りますね・・・
予防治療中なので、上手く重なり、凌げればなぁと、
思っています。

お互い、体調管理に気をつけましょうね(^_^)/



なつめぐ
素敵な夏休みでしたね。
私も子供の頃に、兄達の後ろを走り回って追っかけていたように思います。
紙なのに、すごく飛ぶんですよね。
輪ゴムをどんどん回して回して、はじけて痛かったような記憶も・・・
ウチの子供達にはそういう遊びをさせてやっていないな~。
やはり女の子だからかしら?
アキ君もT君も手作りの遊びが味わえていいですね。

新学期も頑張れ~♪

とうとう
non
2学期始まったねー。ただ今 娘 爆睡中。
久々の学校で 疲れたらしいです ・・・ 。
たかが2時間ほどなんですけど v-402
なんて体力のない 3年生かしら。
そんなことしてると 母も寝るぞ!(笑)
正直 いちばん体がついていけてない ・・・
それは私です v-413
新学期 ガンバロー e-271




マー
遅れてスイマセンm(__)m


>なつめぐさんへ

楽しい夏休みでした(^^♪
飛行機を追いかける姿は、見ていて、
微笑ましかったです。

新学期、

私がグッタリだったりします(笑)


>nonさんへ


アキも休みボケなのか、
この頃、パタッと寝ちゃいます(笑)

そして、私も睡魔と闘っています。
え・・・歳なのか?

いや、そうでないと思っていますが、
うたた寝が気持いいこの頃(^^ゞ

コメントを閉じる▲