「子連れ狼、の皮をかぶった羊の父子」として六年、七年目からはリニューアル(^^♪、そして開設から10年が立ちました。親子の距離は少しずつ広がり、ちょっぴり寂しくも、あれやこれやと日々を楽しくをモットーに、ガサツw、雑多な日々を綴ります。
午後から、
アキの小学校の音楽会がありました。

仕事も、丁度、切れ目なので、有休。

午前中などは、
ウトウトと・・・・ぐ~たら満喫(^^ゞ



とうのアキはと言うと、
数日前から、グズグズと・・・

つまりは、
「上手くいかないんだ」
「きっと、失敗するし・・」

などと、卑下的に。

ええぇ~~い
何をウジウジ!
しかし、そこまで言うならば、
気を惹きたい何かのサイン。

アキは、ダンスチームなのだが、
聞いてみると、歌はともかく

どうもお気に召さない「振り」だそうで、

うんじゃ、やってみ・・と。

・・・・んまぁ

可愛さ狙いの、何のひねりの無い振りだわな・・・


音楽=マーチングで過ごした保育園。
物足りなさからも来るのだろうな。

とはいえ、
ヤダヤダやってりゃ、ミスも招くし、
覚えも遅い、

ここまできたら、
「失敗してもいいから、精一杯やってみな、
  みんな、失敗探しに来てるんで無いからな」と。

アキも「うん、失敗するかも知れないけど、やってみる」と。


フゥ~~(-_-;)

くれぐれも、固まるでないぞと思い、就寝した昨夜であります。




そして、今日午後から私は会場入り。

いい席がなく、
最上部の席だったが、しっかり私を見つけるアキ。

その顔なら、大丈夫と思い、
早速、一年生の始めの言葉、

そして、
演目が始まった。


これと言って、目立つ失敗もないし、
アキ達、一年生が終わり、
2年、3年と。



え?

これと言った感動のコメントがないと?


・・・・・・これがまた、無いのです。

6年生まで見、
歌メインで、ダンスや、楽器、趣向を凝らしたものもあったけど、

園のお遊戯会のほうが、感動を覚え、

親バカながら
年長でのマーチングは、
感動して、涙が浮かぶほどでした。

きっと、
その感動が、今のところMAXだから、
そんな自分がいるのだろう。
そう思っていましたが、

会場全体の、
これがまた、
都度の拍手が疎ら・・・

さて、
音楽会終えたアキ、
少し失敗したらしいのだが、
私には判らず。
「頑張っていた姿、嬉しかったぞ、上手だった」で、
本人、どうにかニンマリで終えることが出来ました。



帰りに、知り合いのお母さん(上級生の子)曰く、
「ただ、2時間ばかり、
   中途半端な歌やらなにやらで終わるのよ・・」と。

・・・・・・こ、これがあと5年(5回)続くのか(ーー;)

しかも、

この次は、年明けに、ダンスフェスティバル。
パラパラやら、何やらやるようです。

いっそ
まとめてはくれまいか・・・(ーー;)


うぅ、愚痴っぽい音楽会に(^^ゞ


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2006/11/30 22:19】 | 未分類
トラックバック(0) |


spacesis
パ、パラパラ・・・^^;
ネット仲間の若いのが一時夢中になってやったと
聞いたことがありますが・・・

今風ソーラン節とか炭坑節なんかええのになぁ(笑)


マー
た、炭坑節とは・・・(~_~;)

ソーラン節なんかもやると思うんですけどね。

とりあえず、あれもこれもやっておくか、な行事が
多いような学校です。
何か一つでも、特色があれば、
父兄も、学校も一体となった感動が得られるような気もするんですけどね。

コメントを閉じる▲
今シーズン初の銀杏。

ババが入手してきましたので、
おいし~~く頂きました。

う~~ん美味~~(~_~;)


さて、いじめ問題。

アキの連絡袋にも、
これらのプリントがいつにも増して、持ち帰ってきます。

当然、
これらの問題は重要視され、
「せいかつ」の時間は、主題のようです。


アキ「ねぇ、お父さん」

「んん? 何?」

アキ「ボクさ、へんな顔するから、
   そしたら、ボクに向かってキモイって言って」

「はぁ?」

アキ「・・・い~から、ね?」

「・・・うん、判った」


アキが変な顔をしたので<`~´>

「・・・キモ」

アキ「キモイなんていっちゃ駄目!!」

「えぇぇぇ・・言えっていったでしょ」


アキ「それが駄目なの!!」

「何、何?」


アキ「あのね、他の人が言えって、言ったって、
    そういう事は、言っちゃ駄目なの!!」

「けど、アキが・・・」

アキ「だ~か~ら、そういう気持ちがいけないの」

「・・・はい(ーー;)」

アキ「みんな、いいところと、わるいところがあるの、
  それをさ、いじめちゃ駄目なの」

「・・・はい・・・」

アキ「お父さんだって、ボクに言っていたでしょ!」

「・・・はい、大事だね」

アキ「言えって言われても、言わない事が、大事なの、
     判った?お父さん!」




「その気持ち、大事にな」

アキ「お父さんも、思い出してよね!」



どうやら、それなりに理解しているようです。
にしても、

7歳児に手玉に取られている私って・・・・・・(ーー;)


追記を閉じる▲

【2006/11/28 23:07】 | アキの成長
トラックバック(0) |


spacesis
読んで思わずあははは、と笑ったのですが・・・

それにしても、今の若者言葉には、相手を傷つける
ものが多いような気がするのはわたしだけでしょうか。
言葉に攻撃性を添えるようになったのはいつ頃から
でしょう。
その○○イ、という言葉は、生涯口にしたくないと
わたしは思っています。
「気持ち悪い」と言うのより、グサリと来るのはなぜでしょうか。
一度、考えてみたいと思っています。

それらの言葉は自らの品格を貶める言葉のような
気がしてしまい、そういう言葉を平気で使うことには、
腹が立つより哀しい気持ちになります。

本来の日本語の持つ奥ゆかしさ、美しさを取り戻して
欲しいと心から願ってやまないこの頃です。

マーさん、アキ君、素直に育っていますね。
どうか、その素直さをなくしませんように^^





いわさき
アップルパイ、美味しそうでしたね。
ところで、イジメに関するニュースで、いじめた子を懲戒しよう!と言う方向がとりただされていますよね。
…これ、いじめるっていうのは、家庭での生活態度やしつけ?の問題ですよね…たぶん。タクシーでいろんな家庭を見てきましたけど、ほんと、この親にしてこの子だなぁ…って、何度も思いました。だから、子どもに「だめだ」って言っても、うまく伝わらないかも…親からして、感覚がちょっとずれているもん。
でも、小学1年生のころからアキ君にうまく指導できた先生、たいしたもんですね。それをいい塩梅で受け止められたアキ君も、受け止められる感受性を植え付けたマーさんも、たいしたもんだ!
ぽち!


マー
>spacesisさんへ

自分で、言って、書いたりしていてお恥ずかしいですが、この単語はいい言葉ではありませんよね。
私も遣うのに抵抗があり、悪意に満ちた言葉です。

「バカ」「アホ」ならば、遣い方一つ、
会話の流れ、等々、よくも悪くもなる、
日本語としても、面白く、また難しくもありますが、
これはまさに、一方通行な、そして
吐き捨てる言葉でしょう。

ただ、悲しい事に、
多用するのは、日本語の難しさ、面白さをこれから学ぶ年齢層が、遣い、生み出しているのは、
悲しい事です。

これに限らず、
アキや、アキと友達と会話しているのを聞いていると、
「こら」と声を荒げてしまうことも多いです。

男同士、つい乱雑な言葉、会話になりがち。
漢字を含め、言葉遊びもしながら、
楽しさ、
奥深さを教えてあげなくてはなりませんね^_^;
課題は多いです(^^ゞ

>いわさきさんへ

何かが起こってからでないと、
重い腰を上げない国です・・・・
この体質は、家庭にもおのずとフィードバックされているのでしょうか・・・・

いじめる事に対して、罪悪感が無い、
これはもう、家庭でしょう。
極論からすると、
その子供も被害者でもあるわけで、今後
有識者がどのような、そしてどこまで読めるかを
注目しています。

とりあえずは、
先生方の指導に素直に感性が働いているわが子、
嬉しい事であります。
親子共々、
これからも磨いていきたいです^^;

コメントを閉じる▲
今日も家で過ごしました。
冬囲いなどは、昨日完了し

昨日、今日で庭先やらの冬支度を
済まそうと思っていましたので、
出かける算段もせず、
ぽっかり空いた休日に・・・

天気も悪くなりそうでしたので、
床屋に行ったり、
買い物に行ったり、

そして、
どうせ時間があるのだから、
なにか、手の込んだものでもと思い、

見渡せば、


あちらこちらに、「りんご」

アキが、もぎ取ってきた林檎(ふじ)、
これは着々と減っているのだが、

赤々と、存在を強調しているのは、
「紅玉」

例年、
あまり「紅玉」は、家にゴロゴロしていないのだが、
今年は、珍しくあちらこちらに・・・


そして、冷凍庫、
邪魔で邪魔で、どうしてくれよう!と、数ヶ月鎮座しているのは、
「パイシート」


・・・・・・作れと?・・・(ーー;)

甘いものが好きではない私に?

けど、アップルパイが好きな私。

ここまで条件が揃っていて、
作らずとは、罰が当たるであろう^^;


「アキ~、今日はお出掛け無しね」

アキ「えぇーーー」

「そのかわり」

アキ「何?」

「アップルパイ作ろうか?」

アキ「ホント?? いいよ、うわ~~^_^;」



ちょい遅めの昼食後、
早速、紅玉を切る。

アキも楽しみなのか、側で(ウロチョロ?)

砂糖、シナモンは控えめで、
蜂蜜多めで、鍋でしんなりするまで火をかけ、
しんなりしたら火を止め、
冷まし。


そして簡単便利な、パイシートを解凍し
切れ目を入れて、封印!!(^^ゞ


いや~簡単なんですね~
どうして、今まで作らなかったんだろ・・・

ただ、
電子レンジのオーブン機能が壊れているので、
オーブントースターで焼くことに。

しょっちゅう、サーモが働いて、
時間が掛かりそうだけど、
幸い今日は、のんびりですから、

コーヒー豆を挽いて、
コーヒープレスで、これまたのんびり待ち、
本なぞ読みながら、焼き加減を、チラチラと・・・


アキは、自転車に乗り、
お出掛けするも、
しょっちゅう「出来た?焼けた?」と帰ってくる。

いや、本当に、嬉しいんだな~


そして、




ジャジャン!!



初めて作った、アップルパイ完成です(^_^)/

061126_1446~01.jpg


ちょいと焦げた部分はご愛嬌(^^ゞ

少し冷まし、

いいタイミングで、アキは帰宅。


アキ「おぉぉぉ~~~~、売ってるヤツみたい」

「へへへ、だろ~~~」といつもと逆であります(^^ゞ


「いっただきま~~~す」

アキ&私「おぉ~、美味しいね~」

リンゴは、もう少し甘みを付ければ良かったかもしれないけど、

市販の冷凍パイシート、
これはなかなか、美味しいじゃないか^_^;

これに助けられたような気もするが、
ホットケーキ以外に、甘いもの(お菓子)を作ったのは、
初めてであります。

アキも、いい笑顔。

寝る前に、聞くと、
「また作ってね」と。


とりあえず、あともう一枚焼けるので、
今日みたいな日があったら、
作ろ~~。

アキにとっても、
ホットケーキ以外に、お菓子を作ってくれる父の姿は、
初めてのこと。

なので、側でウロウロしていたのでしょうかね^^;


アップルパイ、
これが父の味になるのかな?
そんな事を思うと、
嬉しくもなります。




追記を閉じる▲

【2006/11/26 22:34】 | アキと私と休日
トラックバック(0) |

おいしそう~
新しい窓1113
う~ん、おいしそう。
なかなかやりますね。

うちはもう娘(高1)が焼いてくれますよ(^^)
料理も仕込んだのでずいぶん楽になりました~。
しかし、長男(浪人生)には仕込まなかったのが悔やまれる。
な~んにもできないんですよ。
アキちゃんには手伝わせるといいですよ~。


と~ちゃん
男ってアップルパイ好きな人おおいですよね?

僕もですw

カスタードクリームが入ってるタイプ、上手いですw

また義妹をおだてて作ってもらおうw




マー
>新しい窓1113さんへ

お子さんが作ってくれるのは、いいですね~
アキにも、これから少しずつやらせてみようと思います。興味があるうちだと良さそうですもんね。
目は離せませんが(^^ゞ

>と~ちゃんさんへ

あっ
それも好きですね~^_^;

にしても、
パイシート、すごく美味しい・・・
これにはビックリしましたよ(^^♪




みぃー
私はアップルパイが苦手でした。
火を通したフルーツってのがどうも苦手でした。
でも過去形です(~_~)
最近は美味しくいただいております。
こういう感じのアップルパイが一番好きですぅ~。
私にもひとつお願いします(^^ゞ


マー
>みぃーさんへ

いやいや、みぃーさん、
驚くほど、簡単でしたよ(^^ゞ
食材の進歩はすごいもんです。
まぁ、
「紅玉」が無ければ、
作ろうと思わなかったんでしょうがね・・・^^;
芯をくりぬいて、蜂蜜、バターを入れて、
ホイル焼きにするのも、これまた美味しいです。

おっと、これも今度アキと食べよう~(~_~;)

コメントを閉じる▲
本当に、
とってもいい天気でした。

とはいえ
冬囲いに今日は専念。

ババもお休みだが、
庭や、庭木の手入れのため、

あまりにも良い天気を、恨みつつ^_^;
夕方まで2人でバタバタと・・・

夕飯は、労をねぎらいお寿司(回るやつね)
そして、スーパー銭湯を予定し
ぶら下げるニンジンも、充分でありました(^^ゞ

アキも夕飯、お風呂は楽しみに、
しかも、快晴、
「一日中、遊んでもいいぞ~」のお墨付き。
颯爽と自転車にまたがり、

団地には、ワイワイと子供達の声が響いた日でありました。


が、
裏腹に、心配な事も・・・・
アキが良く遊び、
そして、毎朝一緒に登校するのは、
E君、そして2年生のS君、それぞれに兄妹がいて、
皆が揃うと、それはもう、賑やかになる。

今日はもう、
子供御一行が、E君宅へ行ったり、S君宅へ行ったり、
伴い、おしゃべりしながら、お母さんも付いて回っていた。

我が家へは・・・?
来ないんですね、これが。
E君も、S君も、私が怖いようです(^^ゞ
いや、
一、二度(だと思うのだが)、アキを叱った時に、
一緒にいたので、「怖い」なイメージなようです。

というか、
お父さんに叱られる事が少ないんでしょうね。

そもそも、人の目を見て話さないのが、
気になってはいるのですが・・・

その子たちの兄妹は、しょっちゅう遊びに来るんですけどね(^^ゞ



さてさて
男の子も、数人以上となれば、
遊びもヒートアップ。

冬囲いしながらも、
アキ達の様子を伺ってはいたのだが、

目に付くのは、E君である。

以前書いた「小さき王様」である。

野球をしていて、上手くいかないとなれば、
Sくんを叩く。しまいに馬乗り・・・

こりゃ、今日は一波乱あるなと踏んでいた。


その後は、
からかわれたのが、面白くないのか、
アキとS君を、石を投げつけながら、追いかける。

アキや、S君にしてみれば、
そこまでされる事由ではないのだ。


その後は、S君宅へ皆で遊びに行き、
お母さん達も一緒なので、正直甘えさせていただいた(~_~;)



仕事も、ほぼ終わり、
帰宅を促すため、
今度はE君宅前に移動していたアキのところへ。


と、
そこで見た光景は、

E君が、傘を振り回している、

S君、S君の兄妹、そして、アキに対して次々と・・・

「うぅ~~うぅ~~」と唸りながら、
振りかぶり、振り回しているのだ!!

だが、皆が予測し、いや、
脅しも含めた振り回しなのだろう、
簡単に避けられた。


「E君!!何してんの!!」といった声が聞こえたのかどうか、

今度は、水筒やら、鉢やらを・・・

これはみな、命中し、
傘が壊れ、そして、やめた。


力ずくで止めさした方が良かったのかもしれません。
しかし、そこまでやるとは、思いもよりませんでした。


E君の母はというと、
これまた、E君にイタズラされ、泥だらけになった弟くんと
入浴中。


子供達に理由を聞いたところ、
年少の子供に、からかわれ、
突然・・・だそうで。

E君には、「どうしたの? 傘なんて・・・」と言うものの
もはや、私の目など見ず、背中を見せてそそくさ・・・

E君のお母さんが、出てくれば話は早いのだが、
浴室から出てくる気配は一向に無かったので、
帰宅してきた。


アキにも、再度、
今日一日を聞いてみたが、
S君共々、「訳わからんし」な日だったようだ。

以前の「小さき王様」の時から、
予想はしていたが、
段々と酷くなっている様な気がする。



E君のお母さんも、わが子のこういった一面は判っているし、
側から見ていても、
理にかなった叱り、諭しをしている。
そして、苦悩しているのも感じられるのだが、

今回のような事は、
お母さんに伝えるべきなのか、
正直、困惑しています。

S君から伝わったとしても、
S君のお母さんがどう動くか判りませんし、

ババにも事の次第を伝えるも、
「E君母だと、他人様から告げられると、
  潰れるかも知れんから、止めときな」と。

そうはいっても、
アキとは長い付き合いになりそうなのです。

う~~ん、人の子とはいえ、
ちょいと悩んでいます(ーー;)


肝心なアキはというと、
「E君さ、もう一回保育園から行ったほうが良いんじゃない」とか。

そもそも、
これはトラウマなのかもしれないが、

険悪な雰囲気、言い争いのもとに身を置くのが、
アキは嫌いで、
そういった状況になると、その場から離れたり、
一人遊びを始める。
初期段階だと、話題をすり替えたりするムードメーカーでもある。

よく言えば、平和的なアキですが、
今後、どうなるか少し心配でもあります。


少なくとも、
真似たりする可能性は低いんでしょうが、

う~~ん・・・
どうしたものか・・・(ーー;)


追記を閉じる▲

【2006/11/25 23:35】 | 未分類
トラックバック(0) |


みぃー
前にもこの子のお話は聞きましたけど
私はやっぱり精神発達的な部分の検査を
受けられた方がいいように思います。
どう考えてもこの子への対応は難しい。
何かしらの援助が必要だと思うし
このままではお母さんも精神的にまいってしまわれると思います。
と言ってもあつかましく口を出すことはできないですよね。



マー
素人ながら、
そんな事を考えてしまいます。
ただ、
最終的には根負け?していたのが、
ここまで響いているようでもあり、
相変わらず毎朝、
特に雨天での登校の待ち合わせでは、
「えぇ?」と・・・・
上着、長靴、雨具、ランドセル・・・
全てをお母さんが手に持ち、
本人身軽で、やってきます。
お母さんも、まいっていますが、
打破する策を練る様子でもないのが現状。

なので、
私が口を出すのも、どうか?と思うのですが、
さすがに、このような行動まで発展となると、
S君にしろ、アキにしろ、
自己防衛が働いた事を思うと、さてどうしたものか、
お父さんが気付いてくれると、
良いのですが、可能性は低いです。
今だからこそ、修正が効く様な気もするので、
他人様の子とはいえ、気がかりです・・・

コメントを閉じる▲
相変わらず・・・

アキの鉛筆の持ち方、
書き方、書いた字が気になり、

「んもう、どうしてちゃんと出来ない~~」

などと、
口走ってしまい、

その後は、海よりも深~~く
反省したり・・・・


まぁ、いくら反省したところで、
前には進めず。
何でこう、持ち方が崩れ、定着しないのだろうかと、
ネットで、色々収集したり、

アキの目線(机の高さなど)で、
今一度検証してみた。


結果としては、
「姿勢の悪さ」

そして、
三角鉛筆における、
三本の指の使い方。


どうもアキは、右脇が開いてしまう。

脇が開くと、
いくら三角持ちしても、鉛筆の先は、
だんだん自分に向いてくる。

そうすると、
書いている字が見えなくなり、
今度は、頭を傾げる。

その状態で、十字リーダーの入ったマス内に
並行線や、直角線等を書こうとすると、
持ち方が崩れてしまう。

いくら、「背筋!!」と言っても
駄目なわけです・・・


そこで、
アキのガチャガチャで出てきた、モンスターボールを^^;
右脇に挟ませてみる事に。

これがまた、良い。

「背筋!!」などと言わずとも、
ピシ~~と背筋が伸び、
腕も、行に沿って真直ぐ伸びる。

うんうん
試行錯誤した甲斐がありました^_^;
いやしかし、
本来なら、このへんを真っ先に定着させなくては
ならなかったんでしょう。
持ち方に気を取られ、
全体を見れていなかった自分を、反省しています。


そして、こうなれば、
三角鉛筆での、指の使い方も教えやすくなるのでした。

これはネットで調べていたら、
「なるほど、教えやすい」となったのですが、
(いや、単に私が無知だったのかも・・・)

親指は、横線(左から右)
人差し指は、縦線(上から下)
中指は、撥ね(下から斜め左上への斜線)

三角鉛筆だからこそ、とっても判りやすい^^;

アキも「おぉ、なるほど」と。
うぅ、すまなかったの息子よ・・・・(ーー;)


しばらくは、三角を書かせて、姿勢と共に
注意深くアキを見ていかなくてはならないけれど、
モヤモヤしていたことなので、
スッキリもしました。

今更ながら・・・
何事も、まずは姿勢が大事ですね。

そして、
大人である私が、何も考えず普通にやっている事を、
「教える」というのは、いかに難しい事か、
あらためて痛感している、今日この頃であります。



追記を閉じる▲

【2006/11/23 17:10】 | アキの成長
トラックバック(0) |


いわさき
なるほど、脇ですかぁ…。
うちの子たちはどうしてるだろうか?気になってきました。あとでチェックしてみよう。
字が下手なのは明快なんだけど…。


マー
>いわさきさんへ

最初は全体を見ていたんですけどね。
そのうち、
手元ばかりに目がいっていました。
脇が閉まり、
腕が真直ぐ伸びると、非常に効率的な
動きとなります。

「字を書くのが疲れる」
せめて
それは回避してあげたい思いで一杯です^^;


spacesis
鉛筆の持ち方のエントリーを読んですぐ、
「あ、こりゃ姿勢だな」と思いました(笑)

ここ数年、小さな我が職場でも子どもたちの鉛筆の
持ち方が問題になっています。
一度などは、小学高学年で転入してきた生徒、にぎる形で持っていたのには、正直仰天しました。

いったい全体、小学校にあがるとすぐ、正しい鉛筆の持ち方など、ちゃんと指導してるのかと、大いに疑問を抱いたのでした。

してみると、近頃の小学生、横座り、ダレ座りとみな姿勢が悪いです。
毎回、姿勢の正すことを促すので疲れ果てるくらいです^^;
しつこく頑張ってますが(笑)

姿勢がいいのは、とても素敵なことなのにね^^
なんでそれを周囲は言ってあげないのかしら。

マーさん、子どもさんと向き合ってひとつひとつ発見することの喜び、感じませんか?^^



と~ちゃん
おおお、勉強になります。

あまり持ち方や姿勢って気にしてなかったなあー。

こどもちゃれんじも「やってればヨシ」な感じだったので、

そこまで気がまわらなかったっす。


マー
>spacesis さんへ

姿勢は、
アキの通った保育園では、重要視されていました(当たり前なんですが・・・)

そして、アキの通う小学校では、
私が小学生の頃より、
重要視されていないように感じます。
まぁ、これは親が躾けることでありますので。
これも、当然といえば当然なんですが・・・

まして、鉛筆の持ち方など教えてはくれません。
それに伴う姿勢も然りです。
教えてくれるのは、
留めや、払いです(-_-;)

そういったことからも、習字を教えるきっかけにもなったのですが、鉛筆ならではの問題というんでしょうか、
悪循環になっていました。
多くは、「持ち方で姿勢も良くなる」とありますが、
私は逆に、
「姿勢が良ければ良い持ち方にしかならない」と
思います。


さて、
<子どもさんと向き合ってひとつひとつ発見することの喜び、感じませんか?^^>

アキが「おぎゃあ」と生まれた時から、
喜びは尽きることなく、7年が経っています。
段々と難題も出てきますが、
見合った以上の喜びを、得ているなと感じています。
これからも、子供と共に成長していきたいですね^^;


>と~ちゃんさんへ

おっ、
と~ちゃんさんのとこも、
チャレンジやっているんでしたよね。

うちは、「ぷち」からやっていて
勉強癖は、これのおかげだと思います。

(鉛筆の)姿勢、是非見てあげてくださいね。
ボウズくん、ピアノやっているから、
姿勢は良さそうだなぁ^^;


みぃー
姿勢は全てのものにつながるんですよね。
私もここ数年で学びました。
人の話をちゃんと聞けなかったり
集中して物事が出来ないのも
全て姿勢に原因があったりします。
そして「いい姿勢」を維持させるためには
筋肉が必要です。
そのためには体を使った遊びをする事。
バランスをとる遊びをする事などが
小さい頃より大事になってきます。
やっぱり子どもは野山で遊ばないとダメなんですよね!


マー
>みぃーさんへ

そう、
子供とはいえ、
全ては姿勢から始まるのです。
特に、
「腰」などは、字の通り、要ですね。

体が傾くというのは、精神にも響くものなんでしょう。
背筋が伸び、凛とした姿に、
心が響くのは、本能なのかもしれません。

子供が野山を駆けられなくなると、
一体どこを駆け回り、
体を作るのだろうか・・・・
物質的な発展と共に、考えさせられる事ですね。

コメントを閉じる▲
「ねぇ、くのいちって知ってる?」


と言い出すアキ。


うん・・・まあ、知ってるけど、なにか?

アキ「あ~やっぱり、お父さん知っているんだ」

「し、知っているけど・・・」


アキ「おとうさん、くのいち、好きなんじゃない?」

「はぁ??くのいちだろ?」


アキ「うん、ヤンマガに良く載ってるじゃない」

「・・・・・・・・・・・んん?そんなの連載してたか?」


アキ「ボクね、くのいち上手くかけるんだよ」

「へ?かける??」


アキ「うん、男より上手いよ」





・・・・・・ハッ!!(@_@;)



「くのいちって・・・か?」

アキ「うん、だからそうだって言ってるでしょ、く、ノ、一」 



う~~ん
父子で、噛みあわなかったなぁ・・・


まったくアキめ、
いきなりくノ一なんて、言うんじゃないぞ~~~(^^ゞ 


追記を閉じる▲

【2006/11/21 22:00】 | 未分類
トラックバック(0) |


と~ちゃん
くのいち・・・・・・・・・・


なんとなく、エロイw





spacesis
ぶぶ^^

偶然です。今日、日本語の生徒さんに「女」と言う
漢字を教えていたのですが、わたしも「くのいち」と
書くのです。
ninjaを知っていますね?(ハリウッド映画でありました^^)女性のninjaのことを、そう言いました、と
説明していたのです。(隠語って言ったて分かりませんからね)
漢字などはこうして、興味のあることを引き出してくると、意外と
覚えてくれるのです。日本の子どもも同じですね^^
アキ君、年配の先生からでもそう教わったかしら^^
可愛いなぁ。

でも、忍者の意味まで教えなかったのね^^;



サクラコ
くのいち、私も昔、大好きで憧れたなぁーーー。
って、思ったら!「女」ですかっ!
あきくーん、お父さんをドキドキさせるようなこと、言っちゃ駄目ですよぉ(笑)
そうそう、く ノ 一って言いますよね~。
ちゃんと、覚えたアキくん、偉いです!


マー
>と~ちゃんさんへ

くのいち・・・悩殺・・・ミニスカ?・・・
瞬時に思いついたのは、これでした(^^ゞ

まだまだ修行が足りんか・・(-_-;)


>spacesisさんへ

確かに、教えやすいですけどね、
7歳児に、いきなり「くのいち」って言われて、
??でしたよ。

クラブの先生に教えられたかもしれません。

その後は、
「くのいちは、女忍者なんだよ」
アキ「だ~か~ら、女」

「いや、女忍者でもあるの」
アキ「もう、女なの」
という押し問答が続きました^_^;

まぁそのうち判るでしょう。


>サクラコさんへ

いやほんと、ドキドキ?しちゃいました(^^ゞ
くノ一は、覚えやすいとして、
漢字って、いろんな意味の組み合わせなので、
この辺が面白いと、覚えるのも早いんでしょうね。

外で、「くのいち、くのいち」とは
言って欲しくはないですが・・・^^;



いわさき
くのいち…ねぇ…。
そりゃ、そう、想像しちゃうよね。
でも、マー君…。


マー
>いわさきさんへ

でしょう?
いわさきさんだって、きっと・・(^^ゞ

え?私だけ?

コメントを閉じる▲
ババはお休み。

長野のイベントカレンダー(収穫祭めぐり06)によれば、
小川村で、「りんご祭」

ここのりんごは美味しいらしいので、
じゃあ、行って見よう~~(^_^)/

近づくにつれ、
雲行きは怪しくなってきたが、

どうにか曇り。
たまに、小雨が降るという天気で、

小川村に到着。

規模的には、ほんと小さいですが、
りんごもぎ取りや、販売、なめこ汁、わたあめ・・・

りんごは、キロ200円。

10K 2000円であります^^;
ババにしてみれば、ちょい高めだそうですが、
ここのりんごは美味しいと聞いていたので、
知り合いの分を購入。


んじゃ、うちの分はというと、

りんごもぎ取りになりました。



本当は、うちの分も、販売しているので良かったんですが、

アキ「もぎ取りやってみたい~」の一言で・・・・


いや、
もぎ取りだと、キロ400円・・・
ババも私も「んむむむ~(-_-;)」となったが、

○○狩りって、確かアキはやっていないなぁと。

まあ、10k買ったとしても、
それほど減らない我が家ですから、
5k位も、もいでいけばいいかなと。


係のオジサンに聞いて、
「脚立とか使って、上のほうの赤~いヤツが良いよ」


って、次々ともぎ始めているアキ・・・

や~め~て~くれ~~\(゜ロ\)(/ロ゜)/



ふぅ~危うく、酸っぱいりんごばかりになりそうでした(-_-;)

その後は、厳選しつつ脚立でもぎ取るアキ。

PAP_0678.jpg
色を見極め、真剣なアキ

結果、4k程。13~4個だろうか、
アキは、大喜び、いや充実した顔。

なめこ汁も美味しかったし、相変わらずワタアメを頬張るアキ。


そして次は、
当然(?)温泉(^^ゞ

ババも気になっているところがあるというので、
ナビで検索。

不動温泉「さぎり荘」へ。

お風呂は一つ、内風呂だけだけれど、
なかなか良いお湯。

そして、この辺はジンギスカンが有名らしく、
(いや、ババは、これが気になっていたらしいのだが・・)
しっかりと食べてまいりました(^^ゞ



帰宅し、
「ボクのりんごは?」というアキ。
早速切ると、
内側は綺麗に蜜も寄っていて、
他は、スッキリとした甘さ。

蜜の濃厚な甘みと、
スッキリな甘さが、絡み合い、
好みの味であります。

アキ「どう?ボクのりんご美味しいでしょ?」


って、君は、もいだだけですから(-.-)

いやまぁ、いい体験になりました。


追記を閉じる▲

【2006/11/19 21:32】 | アキと私と休日
トラックバック(0) |


いわさき
そうなんですよね。
自分で刈取るくせに、買うより高いの。
イチゴ狩りなんか、一人1500円!ってさ…1500円も出したら、それこそ、食べきれないくらいイチゴ買えるのに…。
うちも、この数年「○○狩り」ってやっていませんけど、来年の春先にはイチゴ狩りに行きたい。で、桃狩り、さくらんぼ狩り、ぶどう狩り…楽しみだなぁ…。



サクラコ
アキくん、必死にもいでる姿がかわいいですね~。
ただ食べるより、もいで食べると、おいしさ100倍ですよね。
私の場合、食べるのも好きですが、もぎ取りに夢中になって、びっくり仰天するくらいてんこ盛りになってしまうことがあります・・・。
そんな私を停止するハズの旦那さまも、一緒になってもいでしまうので、もう、大変なことになりますー。


と~ちゃん
リンゴといえばアップルパイw

・・・・

お腹すいてきたなw



spacesis
マーさん家族三人トリオの定番温泉シリーズ、出ましたね^^

アキくんと対話している様子がいつも窺がわれ、がんばっているなぁ、と
感心しています。

わたしはりんご娘です^^
生まれが弘前というりんごの産地もありますが、りんご大大好き!
ご飯代わりにりんごを食べた子ども時代でした。
今でも皮もむかずにそのままかぶりつくのが一番好きです。

近頃は、りんごの香りがするものが少なくなりました。
今のようにたくさんの種類があったわけではなく、せいぜい、紅玉、デリシャス、雪の下(わたしはこれが好きでした^^)、だいなか、とこんなものでしたが、子どものころのりんごには、空腹感という甘酸っぱい思い出が
くっついていて、懐かしいです。

りんごも桃もさくらんぼも、元来が自然からの贈り物だからでしょうか、
木からもぎとるときの喜びがありますね^^





マー
>いわさきさんへ

そうなんです。
収穫する手間を省いているはずなのに、
なぜか高騰するのであります(爆)
いっそ、
100個収穫したら、バイト代で10個くれたほうが
一石二鳥のような気も(-_-;)

けどね、家族でワイワイ、
やっぱり、楽しいもんですね(^_^)/


>サクラコさんへ

わはは、
まさに思うツボですな(~_~;)
ついつい夢中になっちゃうんですよね。
アキがもぎ取り、籠に入れるたび、
籠を持っては、5kを・・・
ピタリ賞にはなりませんでしたが、
なかなか、いいとこ突きました
(って、主旨が異なった私でもあります)


>と~ちゃんさんへ

アップルパイ、
私、大好きであります(^_^)/
先週もぺろりと平らげました。

信州は小布施、
ここのヤツがお気に入りでございます(^^ゞ

お仕事、頑張ってくださいね。


>spacesis さんへ

フフ
りんごといえば、spacesis さん・・でしょう~?(^^ゞ
りんご祭、とてもいい香りがしていましたよ~

私も、りんご、そして、みかん・・・
空腹感という甘酸っぱい思い出です。
そのおかげか、
ほとんど食べることは無かったのですが、
アキと一緒に、良く頬張るようになりました。
これが新しい思い出になることでしょう^_^;

自然から恵みをもぎ取る喜び、
これはきっと、生きていくうえでの本能でしょうか、
真剣なアキをみて、ふと思ったりしました。

コメントを閉じる▲
今日は、アキ、
母親との面会日でした。

天気もまあまあ、
ドライブして、温泉に行ってきたようです。

私はというと、
冬囲いをば・・・

あと、もう一日欲しいところです。
大物は、やっつけたから、気は楽です^^;


夕方元妻の携帯から、アキの声。

お迎えに行き、
早速宿題。

本当は、明日でいいけど、明日はお出掛けの予定だし、
なにより、
ちゃんと向き合いたい宿題が・・・・

ドリルなどは、横目でみて、チョチョイとアドバイスで良いが、

持ち帰ったもう一つ、

「こころのノート」なるもの。

もともと、この時期なのか、
それとも、世間が騒いでいるからなのか、

道徳ですね。

ページはいきなり飛んで、
「あなたが 生まれた ときの はなしを 
   いえの 人に きいて みましょう」です。

バタバタ相手して、こなすものではないですね。


さて、どう話をしようかと考え・・・
昨晩、アキの「へその緒」を箪笥から。


「さぁ、アキが生まれたときのお話をしようかね」

アキ「・・・う、うん、な、なんて書けばいいんだろ・・」

「まあ、まずは、これ見てみ」


アキ「な、な、これは?・・・・」

「そう、へその緒だよ、見たいって言ってたでしょ」


アキ「うん、これか~~乾いてるの?ヒョロヒョロしてないよ?」

「うん、乾いて、小さくなっちゃったな」


「これが、お前のおへそにくっついて、お母さんから
  栄養貰ったりしてたんだぞ~~」

アキ「切る時、見てた?」

「うん見てた・・・」

アキ「オギャーって泣いた?」

「うん、泣いたぞ~~、お母さんも嬉しくて泣いてたぞ」

アキ「お父さんも?」

「お父さんは、嬉しくて飛び跳ねそうだったぞ」

アキ「へへへへ(^^ゞ」


アキ「けどさ~ボク、男でよかったよ」

「なんで?」


アキ「だって、すごく痛いんでしょ、産むとき」

「そうだぞ~~、もう、お父さんな、
  お母さんが痛そうなの見て、
    お父さんも痛くなりそうだったよ」

アキ「良かった、男で・・・」

「けど、お母さんすごいだろ?」

アキ「うん・・・すごいね」




その後は、身長、体重を、実際に物で例えて教えてみたり、
写真を交えて、色々とエピソードを。


アキも、「うわ~結構大きかったんだね」とか「重い~」とか・・



そして、
記入欄には、自分の身長、体重やらを書き始めたアキ。



「なぁアキ、生まれてきて良かったかい?」

アキ「うん、生まれて良かったよボク」



そして

「うまれてよかったです」と書き足すアキ。


・・・・・・・・・・・・・
文才の無い私、
この時の気持、
文字として表現できないです。




「お父さんも、アキが生まれて良かったよ」



ただただ、
これしかありません。





追記を閉じる▲

【2006/11/18 23:12】 | アキの成長
トラックバック(0) |

頭が下がります
新しい窓1113
アキちゃんにそこまで言ってもらえるとは、
マーさんの子育てに頭が下がります。

この宿題は正直辛かったです。
母親の言葉を聞けないものですから。
でも、生まれたときの喜びを精一杯語りました。
お母さんもすごく喜んでいたとも話しました。
子どもはそれもうれしいんですね。




みぃー
そう言えば
我が娘の小学生の時にもそのような授業がありました。
生まれた頃の写真を学校に持っていってましたね。
もうひとつ忘れられないのは
性教育の授業参観があり、この時は親にも宿題が出て
授業の感想文を書かなければいけませんでした。
私はその授業を一緒に受けながら
この子が生まれた事は奇跡なんだと感じました。
親である事の喜びを再認識できた参観でした。



マー
>新しい窓1113 さんへ

いやいや、頭が下がるのは、私のほうです。

「生まれて良かった」
この一言が聞けたのは、
親としても本当に嬉しい事です。

価値の無い人間などいないはず。
親としても、価値のない親にならず、
これからもがんばって行きたいです。

>みぃーさんへ

なるほど、
そういった授業参観もあったんですか。
大事な事ですもんね、
親子で取り組むのは良いと思います。

命が、命を創り出すのです。
それはとてつもなくすごい事だと思うのです。
それを学び、
生きる喜びをこれからも感じて欲しいです。

コメントを閉じる▲
今夕、アキは喘息の経過観察のため通院。

とりあえずは、
朝晩の吸入だけになりました。
フルタイド・ロタディスク 喘息発作予防のお薬。

膨らます噴霧式よりコンパクトで、
楽チンです。

そして、飲み薬が無いだけ、まだいいですな。
次回は三週間後。

これから冬は、あちこち遊びに行けないので、
プールメインで行こうかと・・・

肺を強化しつつ、泳ぎも少しはレベルアップして欲しいかな^^;



今日も、ババのお迎え&通院となったわけですが、
帰宅すると、アキはりんごなぞを食べている。

あれ?夕飯は?

アキ「ボクね・・もう食べたよ」

「あれ、早いね~」

アキ「へへへ、今日は、またババと秘密なんだ~」

「?????(@_@;)」



どうやら、ババと外で食事を済ませてきたらしい。

アキ「ババ~~~、ボクもうお腹空きすぎて倒れそう~~~」

買い物中にアキに言われ、
財布の紐も緩むババ^^;

というか、
あちこち、話のネタに食べ歩くのが好きなババであります。

ババ「じゃあ、何か食べようか、お父さんには秘密だよ」

「秘密」が好きなアキである。
だが、ここで「カレーライス」と言うのもまた、アキである(~_~;)




ふと

蘇るのは、ありきたりだけど、セピア色の記憶。

私はとにかく、幼少、身体が弱く、
入院だの、通院だの、とにかく医者通いは
ババにとっては日課のような子だった。

大きな病院ともなると、
朝一で行っても、終わるのは昼過ぎ。

そんなときは、
「もうチョットで帰れるから、何か、美味しいもの食べて行こうか?」

そう言われては、うどんや、ラーメンを、
たまに、デパート最上階のレストランで、旗つきの
お子様ランチを頬張った。

メチャメチャグリーンな、クリームソーダが頼まれた日にゃ、
飛び跳ねたものである(^^ゞ



その場にいなくとも、
アキの笑顔が目に浮かぶ。


親子揃って、
ババから同じような扱いだな・・^^;


そして、

嬉しい気持ち一杯なのは、ババも同様だが、



ババ「アキ~♪、ババとお風呂入る~?」

アキ「やだ」即答

ババ・・・撃沈な夜でした。



追記を閉じる▲

【2006/11/16 23:10】 | アキとババ
トラックバック(0) |
土曜日曜と、
自宅というインドアを満喫(^^ゞ

日曜など、霰が・・・・
気温も10度位だったか、風はもう冬の風でした。

アキの風邪も、そして咳も収まり、
そんな天気でも、「自転車に乗る~遊びに行きたい~」などと
言う事、数回(-_-;)

無理だっつうの<`ヘ´>


そして、
次々と持ち出してくる。

絵本の「ミッケ」、トランプに、すごろく、はたまたカルタ・・・


正月か?(;一_一)

まぁ、楽しんだ休日ではありました。



さすがに悪天候とはいえ、
息抜きがてら買い物に行くと、
クリスマス色も強くなってきていた・・・


赤、白、緑

クリスマスアイテムも、目に付き易いところに。


ふと、
アキが言う
「ねぇ、サンタさん、本当にいる?」

「いるんじゃない」


ジーーーーッと、私の顔をみるアキ。


アキ「サンタさんは、本当はお父さんじゃないの?」
薄笑いを浮かべているアキ

「いや~、お父さんじゃないぞ~」アキ(@_@)ジーーー

「今年はサンタさんと連絡取れるかな~」アキ(@_@)ジーーー

アキ「見た事あるの? お父さんなんでしょ?本当は」

「無いよ~、見たらサンタさん来なくなっちゃうもん」アキ(@_@)ジーーー

アキ「本当かな~~、お父さんだと思うんだけどな~~~」

と、またもジーーーーッと私の顔を見つめるアキ。

いや、

私の目を見ているのだ。

そして、こういった受け答えでは、
私の目が、そして顔が、ニヤついてしまうことを、

アキは知っている(-_-;)


アキ「正直に言ったほうが良いよ。お父さんいつも言ってるでしょ」

「本当だって」

アキ「ふ~~ん」と言いながら、フェイントでまたも
私の顔、目を・・・・・


いやもう
真顔を作るのが大変。

アキはそれを待っているから、
下手なにらめっこより、強烈(-_-;)


きっと確信しているんだろうかな~、
けど、「そうだ」と言うわけにもイカン。



まずい、まずいぞ~~~~~

今年は、サンタさん大ピンチな予感。
いや、一年生だからもういいような気もしますが(^^ゞ


追記を閉じる▲

【2006/11/13 22:42】 | 未分類
トラックバック(0) |

うちの場合は・・
新しい窓1113
おはようございます。
サンタさんね・・5年生の息子はまだ信じているかな?去年までは疑いながらも信じていました。
うちの場合は、こういっていました。
「サンタさんを信じている子どもだけにプレゼントを持って来てくれるんだよ。親からプレゼントをもらう子はもうサンタさんを信じなくなったから来てくれないんだ。」
でも、もうホントのこと話そうかなー。学校でバカにされるだけならいいけど、いじめに発展すると怖いからな。こんな事を心配しなくちゃいけないなんてイヤな世の中ですね。


みぃー
サンタさん、
きっと親も楽しんでいるんでしょうね。
子どもの喜ぶ顔を見て
サンタさんを信じる子どもの瞳を見て
その姿を見て
きっと親の方が喜んで、安心して
幸せを感じるんでしょうね。

ウチの娘・・・
もちろん、もう信じてません。
ダイレクトにプレゼントのおねだりをしてきます(笑)



マー
>新しい窓1113さんへ

なるほど!
そういった言い方も良いですね。

ただ、仰るとおり、信じ込んでしまっても、うむむ~
となったりもしますね。
まぁ、そうやって成長していくってのもあるんですが。

私は・・・3年生位まで信じていただろうか。
いや、信じるというより、そんなものと思っていたような。「サンタは・・・」と確信しても、ズバリ聞かなかったです。なにやら照れくさくて^^;


>みぃーさんへ

そうですね、
忘れている純朴さ、
これを見たいのかも知れません。

なぁーさん位だと、当然そうなって・・・
しまうのか・・^^;

ヨシ、対アキには、
どうにか、私が貰う側に回れるよう、
今から教育しておこう(@_@)


spacesis
ポルトガル語では、「Pai Natal」と言います。
paiは父、Natalはクリスマスのことです。

うまい逃げでしょ?(笑)
息子も娘も小さいころは信じていました。
12月に入ると、クリスマスツリーの下にいただいた
プレゼントがたくさん並んでいき、それは24日夜でないと、
開けさせません。
そしてPai Natalからのプレゼントは25日の朝でないと、ツリーの下で見られないのです^^
こどもたちはよく「Dear Father Christmas」と始まる、
自分の欲しいもののリストを手紙に書いてツリーに下げておいたものです。

クリスマスの時期がくると、あの頃を懐かしく思い出します。
そして、あんな夢を信じられる子供時代をもてるのは
幸せではないかと思います。

奇跡も夢も、信じることから始まると思うのです^^
「サンタクロースなんていないんだよ。親がプレゼントをおくんだよ」なんて
したり顔で言うちいさなこどもをみると、ゴ~~ン^^;となったりしますw
もうちょっと夢を見る時間をもってもいいんじゃない?と^^

アキくん、夢見るころを過ぎたら、大人になっていくからね^^

そう言う歳なんですね
ちけぞー
サンタさんの存在を疑う年齢になっちゃったんですね。

親としては教えるか教えないか悩みますね。
きっと学校でも信じている子といない子がいたり。
微妙な時期ですが、気持ち的にはもう少し信じていて欲しいって感じでしょうか?

我が家の娘は今年はようやくサンタさんを理解したようです。


と~ちゃん
がまんしてるマーさん想像してたら妙に笑えましたw

ウチの子はまだ騙されてますw




マー
>spacesisさんへ

いやいや、なかなか良いクリスマスなんですね。
毎年、どう喜んでも貰おうか、
考えると楽しいです。
アキも、しっかり覚えているので
嬉しくなります。

信じること、そしてその心、
せめて、大人の都合で
萎縮させたくは無いものですね^^;

>ちけぞーさんへ

学校もそうですが、
児童クラブなどは、6年生までいますから、
「へへ、一年坊主め・・・サンタは・・・」
となっていること必至(-_-;)
せめて、せ~め~て、半信半疑でいて欲しいです。

はるちゃん、なっちゃんも、
良いクリスマスになりますように^^;
特に、はるちゃんにとっては、楽しみですね。

>と~ちゃんさんへ

もうね
吹き出しそうになっちゃって、
大変でした。
最後のフェイント、振り向きざま目線ビームは
やばかったです(@_@;)

ボウズくんは、信じているんですね、
お互い騙し続けて、後数年行きましょう^^;


いわさき
うちは…なにしろ長男が誕生日だしね、パパでもサンタでもどっちでもいいか?って思っているみたい。
長男、いまだに誕生日とクリスマスが同じ事でプレゼントが一つ少ないことに気がついていません…いるのかもしれないけど…。



マー
>いわさきさんへ

あっら~
プレゼント一つ貰い損ねているんでしょうか^^;
確かに、こうなると微妙ですね。
本当に気付いたときは\(゜ロ\)(/ロ゜)/

か、過去の清算が怖いかも~と思ったりして(^^ゞ

コメントを閉じる▲
いつもとは逆に、
今日はまさに、好都合な雨のお天気。

ヤギ当番なので、朝は学校、皮膚科へ薬を貰いに行き、
デパートで買い物。


その後は、家でアキと二人、
ゴロゴロしていた今日。

晴れていようもんなら、
少々の咳など気にせず遊びに行ってしまうアキだが、

雨に救われました^^;

アキはDVD見たり、おもちゃで遊ぶも、
やはり退屈か、

あれやろう、これやろうと、色々持ち出してくる。

まぁ、将棋もやったりして、のんびりと過ごし、
夕飯は、外食、ラーメン屋さんへ。


ただ、のんびり出来ないことが・・・


デパートから帰ってくると、
自宅前に、警察官のバイク。

玄関には、警察官。


\(゜ロ\)(/ロ゜)/

とはなりません^^;が


「何だろう?」と。

聞けば、昨晩、
通りが一つ違うが、近所に泥棒が入ったらしい。

「空き巣ですか?」

警「いや、寝ているうちに入られて、持っていかれたそうです」

「え?・・・ぶ、物騒ですね、怖いな」

警「いや、まぁ、この頃のは
  窓ガラス割ったり、鍵をこじ開けたりの
   強引なのは少ないし、危害を加えたりとかも少ないんです」


「はて?・・・え~と・・そのお宅って・・?」

警「ええ・・毎日、鍵掛けないお宅でして」

「・・・」

警「私達も巡回強化いたしますので、
   くれぐれも鍵をお忘れなく」


う~~ん
数年前は、空き巣が数件あった団地なのに、
鍵を掛けない家があったのか・・・(-_-;)

にしても、
気分的に不安にはなります。

アキも横で聞いていたので、
入浴前には、アキ警備員に命じられ、
鍵の締め忘れがないか、確認してきました(^^ゞ


嫌ですね、年も終わりに近づくと、
こんな話が多くなって。

アキ警備員も、ちょいビビリ気味ですが、
きっと、ババは明日、厳重注意か?

だって、よく鍵閉め忘れるし。

たまには、孫に注意してもらおう(~_~)


皆さんも気を付けていきましょう。


追記を閉じる▲

【2006/11/11 21:34】 | アキと私と休日
トラックバック(0) |


みぃー
以前、家に不法侵入された経験のある私は
家に居てる時も全部鍵をかけないと恐い時があります。

園児の家の隣のマンションの1階全てに空き巣が入ったそうな。
恐いですね。
アキ警備員くん、頑張ってね!




マー
>みぃーさんへ

みぃーさんには、嫌な事を思い出させてしまいましたねm(__)m

アキ警備員、
火の元は(私がタバコをやるので、火の怖さは知っているようで・・)頼りになるヤツでしたが、
戸締りも加わり、やる気になっております(^^ゞ


いわさき
うちは、戸締りはどちらかと言うと無用心かもしれない…。僕は、バイクのハンドガードとか時計とか、そんな細かいものを盗まれちゃいました…最近は、そういうこと無いけど…用心するに越した方がよさそうですね。
アキ君、喘息、心配ですね。うちは、幸いにして3人とも元気ですけど…。


サクラコ
いやー、怖いですねー。
私も若かりし頃、ちゃんと鍵をかけていたはずの部屋から、通帳を持ち出されたことが・・・。
残高照会するまで、全然、気づかなかったんですよー。部屋はまったく荒らされてないんです!
でも、誰かが自分の部屋に入ったと思うと、怖くて仕方なかったですよ。
気をつけてくださいね!


マー
>いわさきさんへ

うちの立地環境は、入りにくい場所ではあるけど、
プロにかかれば、造作ないことかも・・・
けど、用心に越した事は無いですもんね。
風も冷たく、喘息には辛い環境ですが、
注意していきたいです。


>サクラコさんへ

あら~サクラコさんも被害に。
しかも通帳ですか・・・
そこまで行くとプロなんでしょうけど、
入られたという事実は、怖いですね。
私そうなったら、眠れません。
うぅ~怖、気をつけよう(-_-;)

コメントを閉じる▲
ばたばた仕事も、午前中に一区切り。

ようやく機械加工へと、運ばれていきました(-。-)y-゜゜゜

う~~ん
泣かされた製品だったなぁ・・・


そして、定時とはなりませんでしたが、
帰宅すると、また切なく・・・・


コンコン咳が続いたアキ。
昨晩から、ちょっと嫌な咳に。


鼻水も出ているので、風邪なのだろうと思っていたが、
咳の質?が変わってきた。

今日はババがお休みで、
ババも、昨晩帰宅した時、いやな咳だと思っていたらしく、
久しぶりに小児科へ、連れて行ってもらったところ、


・・・・・・・喘息


ステップ4(重症持続型)の段階のうち、
ステップ2の軽症持続型の診断。

吸入薬やら、ホクナリンテープ、などなど、
久しぶりに見る種類、数・・・


2年程前には、喘息の予防治療は、
終わり、ホッとしたものであります。

この時も、ステップ1もしくは、ステップ2でして、

予防治療終了後も
季節の変わり目には、注意をしていて、
月初には、加湿器の手入れをし、
稼動させたのですが・・・・

アキもちょっと疲れているのかな。


スタミナつくようなものを意識して食べていたのに、
なかなか治らん風邪だな~と思っていたのです。

大抵の風邪は、食べ物で治ってくれるありがたいアキ。
「う~ん、おかしいなぁ」と思っていましたが。



まぁ、
なったものはなったもので、ちゃんと処置しなくちゃと
なりますが、

弱ると、素直で優しいアキが、
なんとも可愛く、
同時にスマンなぁと。


アキ「おとうさん、お医者さんで吸入したらね、
    ボクの胸が、おとなしくなったよ~」



笑えたけど、一瞬凹みました(-_-;)



来週も経過観察のため、通院。
ババが対応してくれるので助かりますが、


当分、
アキの背中に、耳を当てる日が続きそうです。


朝晩冷え込みようになりました。
体調管理にはお互い気をつけましょうね。


追記を閉じる▲

【2006/11/10 22:39】 | アキの成長
トラックバック(0) |

うちもそうでした
新しい窓1113
喘息ですか・・心配ですね。うちの子も上2人は喘息と診断されました。大きな発作はなかったのですが、上の子は家庭用の吸入器を使っていました。妻が亡くなったあと、喘息が出たときは本当に辛かった。夜咳をすると心配で眠ることができませんでした。子どもの前では、親が心配すると子どもも余計に不安になるだろうと思って、大丈夫だよと慰めていましたが、どれだけ変わってあげたかったか・・。でも、何とかなりましたよ。まだアレルギー体質は残っていますから油断はできませんが。今でも喘息を誘発する要因については気を遣っています。今はいい薬も出ましたし、体力が付いてくるとだんだんよくなると思います。お大事にしてください。


みぃー
喘息、つらいですよね。
私は大人になってから喘息になったので
その辛さは身をもってわかります。
私は喘息の治療のために病院に向かう途中で
体調が悪くなり、病院について即、点滴なんて事もありました。
発作を抑える薬は肌身離さず持っていますが
今は大きな発作を起こす事はなくなりました。
これもいいお医者さんに巡り合えたのと
薬をしっかり続けた事と
赤紫蘇のジュースで免疫力が上がったおかげだと
自分で思っています。
子どもの頃の喘息は治ると言われています。
私の甥と姪も完治しています。
ここはお父さんの愛の見せ所ですよv-290
完治目指して頑張って下さいね!



マー
>新しい窓1113 さんへ

うちも大きな発作は無いのですが、
夜、変わってやりたくなるほどのはありました。

免疫力も低下しているのな~
朝晩の冷え込みも、
大人ですら体調を崩しますから。
親子共々、
基本的な体調管理には注意していきたいです。


>みぃーさんへ

元妻が喘息持ちだったので、
辛さは良くわかります。

アキは以前の時も、大きな発作はなく、
薬と体力増加に伴い、一度は完了したのですが
この時期の、日々の寒暖、朝晩の寒暖の差で
風邪からこじれたようです。

初期が肝心ですので、
長引かないようにしてあげたいです。



コメントを閉じる▲
週初めから、
バタバタと、仕事を消化しております( 一一)

しかも、
忘年会は幹事グループなので、バタバタ。

組合関係は、ちょいと難しい話やらで、

毎日がフルコース・・・・

どうにか、
アキのお迎えに間に合うように、こなしていたが

今日ばかりは、アキを妹宅へ預ける羽目に。

午前は順調、久しぶりの定時と思いや、
午後からは、ある意味、予想的中でトラブル続出・・・

そんな事もあろうかと、
妹には頼んでありました。

こういった面は、ちょいと泣き所ではありますね。
来月あたりアキと、美味しいもんでも食べに行こう(~_~)


さて、そんなアキは風邪気味で、
咳がコンコン。

一昨日は、さすがに寒くて、
今シーズン初めてストーブにスイッチが入りました。

ババも我慢できず、コタツも・・・

冬囲いもあちこちで見るようになり、
TVCMも、スタッドレスのCMが盛ん。
いよいよ、来ますね・・冬が(-_-;)



コタツが出てきて、大喜びなのは、
たぬ(猫)と

コタツ亀アキ。


チョット目を離すと、
ウトウト(-_-)zzzなアキ。

これに目を光らせるという、
ある意味、家事が一つ増える冬という季節。


どうか、今年は小雪でありますように(^_^;)





追記を閉じる▲

【2006/11/09 23:19】 | 未分類
トラックバック(0) |


と~ちゃん
ウチもファンヒーター出しちゃいましたw

さむいっすねw

>こういった面は、ちょいと泣き所ではありますね。

僕なんて毎日っすよ・・・_| ̄|○

少しずつでも改善していきたいと思ってるんですけどねw



マー
>と~ちゃんさんへ

と~ちゃんさんも頑張っていますね~
まぁ、泣き所といえば泣き所ですが、
全てが満たされる事は、ありませんからね。

突発的な事は、しょうがないですが、
会社には助けられている私。

ボウズくんだって、
判っているでしょうね、
と~ちゃんさんが親なら、大丈夫。

少しずつ改善していきましょ^^;

コメントを閉じる▲
今日は、離婚記念日。

新しい人生を始めた日であります。

といっても
提出した日でしか無いんですが、
記念といえば、記念の日でもあります。

「離婚」と言う文字は、
使うべきかな、とは思いましたが、

「結婚」同様、
不安が一杯、そして明るい未来へと突き進む意味では、
同様だと思います。

どちらも、
幸せになりたいという意思を、
書面にて世に認めてもらった日です。

新しい何かを求め、
このブログも、スタートした日でもあります。

よくまぁ
一年も続いたもんだなぁ・・・・

そして、一番実感するのは、
アキの成長の早いこと早いこと。

当然だけど、
大人の一年と、子供の一年は桁違い。


とはいえ、
その傍らで、成長を見守れたのは、
この上なく幸せとしか、言いようがないが、

かたや、型遅れのペースカー、
かたや、日々ニューマシンのアキである。
時に、思いもよらぬ加速をしたりも、多々あった^_^;




そうは言っても、
アキには、私の何らかの、かけらが吸収され、

アキからは、忘れていた、無くしていた、
そして時にキラキラとした、色んなかけらを、
貰ったような気がします。



そしてブログとはいえ、
多くの人たちに支えられました。
ただただ、感謝の気持です。

本当は、履歴を見ながら、見に来てくれた方々にも
コメントも残していきたいのですが、
なかなか出来なくて、歯痒くもあります(^^ゞ

いや、いつもコメント残していってくださる皆様の所にも
なかなか遊びに行けず、申し訳ないです。
けれど、ものすご~く支えられております。
ありがとうございますm(__)m



シャーシも、エンジンも、ドライバーも、ピットクルーも、
噛みあわずとも、どうにかアキと一緒に走った一周目(年目)


どうにか、お互いコースアウトせずに乗り切ったような・・・(~_~)

さぁ、2週目。
少しは景色も見ながら、走れるかな。

お父さんシャーシは、くたびれているけど
エンジンは、回して行きますぞ~



今後共、
宜しくお願い致しますm(__)m





追記を閉じる▲

【2006/11/07 00:01】 | 父子家庭になって
トラックバック(0) |


みぃー
二周目突入おめでとうございます。
私も離婚した日は大事な日になっています。
そうですよね。
幸せになるための記念日ですよね。
今のところ、私は幸せに向かっているのかどうかわからなくなります。
目の前は晴天だけれど
ちょっと後ろを向くと暗黒が立ち込めていたりもします。
ただ、もう後にはひきかえせないので
ひたすら幸せに向けて歩いていくのみです。
行き着くと信じて。
こちらこそよろしくお願いしますね(^^)



と~ちゃん
>どちらも、
>幸せになりたいという意思を、
>書面にて世に認めてもらった日です。

そうかw

そうやって意識した事なかったなあw

うん。そうだよねw



spacesis
その辛さ、不安、わかります。

でも、人生は続く^^
回り道も自分がつけた道ですものね。
その道で得たアキ君の存在は大きいでしょう。

前途を明るい気持ちで考え、一生懸命生きる。
それが道を拓くことにつながります。

あれ・・・?
なんだか人生相談の答えみたいになりました^^;

マーさんもアキ君も、まだまだこれからが長い^^
おババさまも入れて3人4脚、がんばってください!

一周年おめでとうございます!
いえいえ、これはブログの一周年、の意味ですよん^^


ぱんだ
はぁ~、ぱんだも先日、いつの間にか一周年でした(^^;
まったく気付かずに、派遣登録しに行っていて日付を書かされて「どこかで見た数字の配列・・・」数分後に「あぁ!!・・・・・」
1年ってあっという間ですね。これからも月日が流れるのは相変わらず早いと思いますが、楽しみながら日々過ごせると良いですね(^ー^)


マー
>みぃーさんへ

そう、後ばかりみていても・・・
けれど前を向いていても、つまずくこともありますし、
どうせ、色々つまずくなら、
上を向いて、楽しく行きたいですね。

これからもよろしくですm(__)m


>と~ちゃんさんへ

現状と、未来と、過去と、子供の未来と・・・
沢山の事を考えて、行き着いた事、
つまり幸せになりたいと決意した日ですからね。
志は同じだと思っています。

ボウズくんの成長、
入学からは更に・・・楽しみですね(~_~)

>spacesisさんへ

自分で切り開こうと、入った道。
少なくとも、アキの同行は、
色んな試練があるだろうけど、
喜びも大きいです。

まだまだ、先は長い、
ババも含めて楽しく行きたいです。

ありがとうございます。


>ぱんださんへ

「一年なんて、あっという間さ」と思っていましたが
本当に、あっという間でした(^^ゞ
ただ、この一年のアキの成長には驚き、
そして、大きな幸福感を味わいました。
山あり谷ありだけども、
それぞれ、景色を見れたような気もします。

こぱんだくんの成長も楽しみですね(~_~)



いわさき
いや、久しぶりになっちゃいました。全部まとめ読みでした、マーさんのブログは読み応えあります。面白いし。犬も天も、射的も。
2週目…なるほどね。うちも、いろいろと不平不満はお互いにあるけど…。
しかし、確かに子どもの成長は早く、大人の一年って言うのも早いですよね。…子どもの頃は何であんなに1週間が長かったんだろう?時間の進み方は、誰にでも公平じゃないのかもしれないですね。


マー
>いわさきさんへ

いわさきさんも、バタバタと忙しそうですね。
私も、最近はバタバタしちゃって、
皆さんのところにコメント残せず、
歯痒かったりします(^^ゞ

時間の進み方は、本当にそう思います。
子供にとっては、また違うんでしょうが、
親としては、驚くばかり。

「小さいうちに、子供のうちに・・」
そのタイミングで、都度対応しなくてはならない
意味も実感できます。
同時に活力も頂いています(^^ゞ

そうでしたか~
Mちゃん
そうでしたか~、

上手く言えませんが今後マーさんとアキくんに沢山の幸せがありますように。


マー
>Mちゃんへ

いやいや、
そんな引かないで~~~~(^^ゞ

何をもって幸せかは、色々。
アキからは、少しずつ頂いております。

一年は、早いなぁ(~_~)

コメントを閉じる▲
さすがに連休最終日にはイベントは少ない。

今日は遠出はせず、
妹夫婦の住む地域で、ふれあい祭なるものがあったので、
ババは、朝からアキを連れて行き、


私はと言うと、

掃除やら、

コルト君の、EGオイルを交換したりし、

後に合流。


ちょうど、
ボウケンジャーショーをやっていて、
退屈そうに見ているアキ・・・

うむむ
数年前は「○○ジャー~~~~ぐわんばれい~~~」などと
声援を送っていたのに・・・^^;
子供の1年2年は大きいですな。


ショーが終わると、フリマを目指すアキ。

握り締めたるは、300円<`ヘ´>

悩みに悩んだ末、
買ったのは、ドラゴンボールのカード。
それなりに、良いカードが出たらしく、
この時点で大満足である(^^♪

お金の遣い方もそうだが、
この頃は、「損得」が判ってきたので、
この辺は嬉しい成長。

このまま、自力でDS貯金でもやってくれれば、
いいんだけどなぁ(^^ゞ


その後、すぐ近くのJAで、福まきがあるというので、
行ってみると、さすがに近隣でイベントが重なったので、
少人数(^^♪

お菓子詰め合わせの袋が、投げられ、
掴みやすいので、片手でキャッチしながら、
3個GET(^^ゞ

「アキは?アキはどうだろうか? 取れなくて
 ふてくされては・・・・」

と思いきや、

ちゃっかり2袋GETしてるし、ニッコニコ(^^♪


そしてまた、
元のイベント会場に戻る私達・・・うぅ、卑しいか・・・

いや、だって、
最後はビンゴ大会ですから。


・・・・・・・・・結果は・・・・

・・・・・・・・・・・・・・撃沈でした(;一_一)


いやまぁ
アキ達が、喜んでいたので、
楽しいイベントでした。


聞けば、
アキは私が到着する前に、
「射的」を生まれて初めてやったそうで、

100円で5回、自治会やらが主催ですから、
ホント、ただ落としやすいように、置いてある。

狙いを定めての初発、
いきなりチョコを落としたそうで、
残りも数発命中したらしい。


入浴中、その話で「鼻た~~かだか」なアキ。


うわぁーーー(@_@;)
見損ねた~~~見たかったぞーーー!!


少し出遅れた自分を、後悔しております。

きっと、笑えるくらい真剣な表情の、
スナイパーアキを見れたんだろうなぁ^^;


追記を閉じる▲

【2006/11/05 20:58】 | アキと私と休日
トラックバック(0) |


と~ちゃん
やっぱ男の子っすねぇw

射的とかそういうの好きですよねw

ボウズも好きなんですがなかなかしません。

失敗するのがいやらしい。

失敗してもええからガンガンいって欲しいのですけどねw

僕としてはw



マー
>と~ちゃんさんへ

アキは、以前からやりたがっていましたが、
花見や、祭の射的は・・・ねぇ・・・
落ちないですもん・・・

景品はともかく、
当てて落とす(倒す)、これはやらせてあげたいなぁと
思っていたので、良い機会でした。
あ~見たかった~(^^ゞ

ボウズくん、
と~ちゃんさんの財布に気遣いながらも
ガンガン行っちゃうんだぞ~~~(^_^)/

コメントを閉じる▲
今日は、少し気になっていた事があるので、
父子でぴりぴり習字教室8回目(^^ゞ

気になっているのは、

アキの鉛筆で書く、漢字。


漢字は、留めやら、払いで構成されるが、
どうも、払いは「シュッ」と払うので、
払いが、撥ねのようになってしまう。

習字のように、
「スーッ」と、力を抜いて払いなさいと
注意はしていたが、いくら2B鉛筆でも
強弱の感覚は、判りにくいのだろう。


なので今日のお題は「天」

前回の「人」の応用でもあるし、
思い出してくれるかな~といった思いで・・・

そして、今回は、最初に数枚手本を見せて、
後は、お手本一枚を頼りに、

40分位だろうか、一人でやらせる事に。


付いていると、
「コレで良い?」
「こう?」
といった言葉が多くなりがち。

コレは、親子だから出る言葉なので、
いけないなぁと思っていた。

「ちゃんとやるかな?」と思っていたが
意に反して、ちゃんと取り組んでいたアキ(^^ゞ

たまに、朱液で指摘して、
あとは本人にお任せ。

最初は、鉛筆でついた癖で上手くいかないようだったが、
思い出してきたのか、鉛筆で注意されてきた事が
理解できたよう。

061104_2113~01.jpg



しばらくは、「天」で行こうとアキと決めて、
片付けて、終了。

その後は、友達と遊んだり、
買い物に・・・・


さて、夜。
入浴後に、漢字練習帳に色々書かせてみる。

アキ「あ! そうそう、こんな感じでしょ?」と。
見てみれば、へんな癖が取れていて、
アキも注意されていた事が、身をもって判ったようで、
ニッコリ(~_~;)

「な、お父さん言ってた事わかるでしょう?」

アキ「うん、習字やって良かった~~、思い出せたもん」

「習字・・、やればちゃんと鉛筆の漢字も上手くなるでしょ?」

アキ「うん^^; 本当だね」

「これからもする?」

アキ「うん、しようしよう」


う~~ん
習字、続けてよかった。
やっと、アキ自信が、実感できるところにきたので、
嬉しい限り(^^♪

書初めも喜んで取り組んでくれるかな。

少し欲も出てくる、親ばかマーであります(^^ゞ


追記を閉じる▲

【2006/11/04 22:04】 | 父子でぴりぴり習字教室
トラックバック(0) |


みぃー
習字教室の回数を重ねるごとに
アキくんは上手になっていますね。
でも、我が子に習字を教えられる位なんだから
マーさんはとっても綺麗な字を書かれるんでしょうね。



マー
え~~とですね。
腕前はと言うと、何級、何段と聞かれると、
判りません(汗)
2度ほど、習いに行っていたところが変わって、
都度、また始めから・・・だったもんで。
父親のスパルタ書初めのおかげか(?)
小学では、金賞を毎年頂いていました(^^ゞ
(うぅ、自慢こきか・・)

普段の字は綺麗かといえば、
そうでもなかったりします・・・
そもそも、小筆が苦手なのであります(爆)

コメントを閉じる▲
さて今日は、連休初日、

そして、
収穫祭やら多く、

今日のこの日は、あっちこっちで、
イベント爆発です(~_~;)

数ある中から、
セレクトしたのは、

塩沢町の、
「産業まつり」

どこに行こうか、決めかねていた、妹夫婦に声を掛け、
一緒に行くことに。

車&運転手は、妹の旦那、
アキも従兄弟たちと一緒なのでハイテンション。
私も、運転しないとなれば、車中のんびりモードで、いざ(^^♪
会場には、熱気球があり
これが、来たかった理由なのだが・・・


「アキ~、乗ろうよ」

アキ「やだ」

「え~~、お父さんも乗りたいし、乗ろうよ~」

アキ「いやだ」

「・・・・(;一_一)」

な、なんということだ(@_@;)

いやまぁ、
しょうがないか( 一一)


どうも気になっているのは、
ドックランパークのようで、
従兄弟達と入り、飼い主さん達に連れられてきた犬達と
触れ合ってきました。


犬達と遊んでいるやら、遊ばれているやら(~_~;)

犬を飼いたいと最近言うアキ、
様々な犬達と触れあい、ドックパークの犬さん並に、
走り回っていました(どっちが犬やら)


ボールの匂いを嗅がせて、
ポーイと、投げ、
犬と一緒になって、駆けるアキの姿、笑顔は、
微笑ましく、
見ているコッチが、癒されました^_^;


無邪気に駆け回る姿、
いつまで見れるんでしょうかね~

熱気球なんてどうでもいいや状態に(^^ゞ


帰りの道中、
当然、温泉(^^ゞ

龍ヶ窪温泉に寄り、のんびりと。
良い湯でした(~_~;)


天気にも恵まれ、
渋滞が多かったですが、
楽しい休日。

だって、あと1、2ヶ月すれば、
そうそう遠出は出来なくなりますから。

天気も、心も、晴れやか~~(~_~;)


追記を閉じる▲

【2006/11/03 22:22】 | アキと私と休日
トラックバック(0) |
アキが言う
「ねぇ・・・死神っているの?」

「う~~ん、死神か~いるかもしれないし、
  居ないかもしれない・・・」


アキ「どんな神様?」

「え? まぁ神といえば神様だな、
  みんなの命を預かっていてな、寿命が来たら、
   お迎えにくるみたいよ」


アキ「いるの?」

「う~~ん、いたとしても、見た人はもうさ・・・でしょ?」

アキ「・・・そっか!そうだね」


「どうした?何で死神?」


アキ「あのね・・H君(同じクラスの子)がさぁ」

「うん」

アキ「僕に向かって、死ねとか言ったんだよ」

「え~~、そりゃ良くないなぁ」

アキ「替え歌みたいな感じで、
    なんとか、こうとか、くびちょんぱ~死ね~ って」

「う~ん、そういう言い方でも良くないね」

アキ「でしょ、死ねなんて言葉、人に言っちゃいけないと思うよ」

「そうだぞ、冗談みたいにしても、言っちゃいけないよ」



正直、
7歳なりに、どう捉えているか気になっていた。
連日、嫌なニュースばかりですし。

そう思っていたところ、
アキは言う

アキ「人はさ、放っておいたって、死んじゃうでしょ」

「う、うん、そうだよ、寿命があるからね」

アキ「そう、それ! なのにさ、死ねなんていわれるのは、
   すっごく嫌だし、言う方もおかしいよ、
    他の人に、言われたくないし、ボクの寿命の事」

「そうだな、そしてな、人だけじゃなくて
  生きているものは、一回しか生きられないんだよ」

アキ「うん、一回きりだもんね、それなのに、言われたくないし
     人に言う必要ないのにね」

「そうそう、お父さんだって、一回だぞ」

アキ「ババも、たぬ(飼い猫)もでしょ」

「うん、だからさ、お父さんもババも、お仕事とかは
  一生懸命頑張るけど、楽しく生きなくちゃね、
   もったいないでしょ、一回しか無いんだよ~」

アキ「そ~だね~~、一回だもんね」


そして


アキ「死神さんは、そんな事言う人見てる?」

「見てるかもね」

アキ「寿命縮めちゃうの?」

「う~ん・・・そんなことしなくてもね、そんな人は、
  罰が当たったり、友達がいなくなっちゃうよ、きっと」

アキ「そっか、そうだよね」




うん、
良かった、7歳なりに判っていて^_^;

にしても
死神から、そこに来るとは。

デスノートを少し見ていたからかな・・・




すこし、
ホッとした夜です。


追記を閉じる▲

【2006/11/02 21:54】 | アキの成長
トラックバック(0) |


みぃー
7歳でここまでしっかりした考えをもっているのは素晴らしい事だと思いますよ。
私は多分、保育園の中でも「死」とか「殺す」とか
そういう言葉には特に敏感で
そういう言葉を使っている子どもを見逃す事ができません。
テレビやゲームの影響も多く
子どもはちょっとした悪口のつもりで言っているのでしょうがきつく注意します。
そういう言葉を使うととても悲しいことを伝えます。
冗談でも「死」や「殺」という言葉は使わせたくないですね。


spacesis
アキ君、傷ついたのですね、その言葉に。

「言われるのはいやだ」と何度も言ってますもの。

取り越し苦労かもしれませんが、日本では小学生のいじめ問題が
エスカレートすることがけっこうあるようですし、少し気をつけて
見たほうがいいかもしれませんね。

もし、自分の子どもが2度目そういう言葉を吐かれたら、わたしは
担任に、そして、次はその本人をとっつかまえて注意すると思います(笑)
実際にそれをこちらの学校でしましたから(笑)
芽が小さいうちに摘む、というのはこういうことでしょうか。

そういう言葉はつかうもんじゃない、と子どもたちに注意する
大人が周囲にいなくなったのでしょうね^^;
残念です。




マー
>みぃーさんへ

TV、そして、良く借りるDVDのアニメ。
こういった影響は大きいです。
「死」「殺」

本人は、忠実に再現した言葉を、述べようとしますが、
言い直させていました。
「言葉にするべき言葉で無し」

そういったことからか、
人に言われる事が、
いかに嫌な気分か判ったんでしょうかね。

ただ、「寿命」「一度の生」
これが7歳なりに理解していたようなので、
嬉しくもありました。


>spacesisさんへ

このH君
良く遊ぶようですが、
アキから聞く、私的な評価はあまり良くありません。
多分、同じような事があれば、
担任に、一報入れると思います。
とても、悲しい事ですので・・・

覚えたての事かもしれませんが、
小さな芽のうちに・・・大事だと思います。

もしそこで、
アキから埃が出ても良いと思います。
小さなうちから、埃を溜め込んではいけませんからね。叩けば埃な人間にはしたくないですね^^;


コメントを閉じる▲