「子連れ狼、の皮をかぶった羊の父子」として六年、七年目からはリニューアル(^^♪、そして開設から10年が立ちました。親子の距離は少しずつ広がり、ちょっぴり寂しくも、あれやこれやと日々を楽しくをモットーに、ガサツw、雑多な日々を綴ります。
先週末
3回目の「父子でぴりぴり習字教室」をやりましたが
記事にしませんでした。

今日は第4回目になります(^^ゞ

本当は土曜日にやることにしていましたが
水泳教室が土曜なので、日曜に・・・

アキも水泳の後で
「お願い、明日や~る~か~ら~」だったので
有言実行、しっかり今日やっていただくことに^_^;


そうは言っても
日曜はアニメがぎっしり・・・

なんだかんだ
アキに負け、10時からスタート。

↓↓↓続き

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

面倒くさがるようにもなってきたが、
座らせれば、こっちのもん(^^)v

ダラダラとした姿勢と、気持ちは、
すぐさま、現れるのが習字。

初っ端から、凹んでいる・・・

「な?」

アキ「・・・・・・(-_-;)」

「まず、ぴちょん君ね」

アキ「・・・」

「そうそう、いいよ~、いい形だねぇ~」

アキ「そう?そう?^^;」

「じゃあ、一をまた書いてみようか」

アキ「どうどう?」

「自分でどう思う?」

アキ「う~~ん・・・良くないかな」

「練習してみる?」

アキ「・・・してみる」


よしよし
習字は自分でやる物ですからね。
いい傾向だ。

「では、一もいい感じなので、十を書いてみましょう」

アキ「・・・・・」

「最後は、尻尾にしてみようか、やってごらん」

アキ「おぉ、なるほど、面白いね」


だがしかし
少し気を抜くと、ヘナチョコに・・・

「あのね、この辺を・・・」

アキ「あ~~、もう、わかってるって」

「お父さんは先生だよ<`ヘ´>」

アキ「・・・・・・・」


シメシメ(~_~)
「わかってるって」が出てきたのは良いぞー
これが出てくると、ある意味操縦しやすいし(^^)v

だが、
だんだんと飽きてきたようで

「最後に、これだというのが出来たら、今日はおしまいね」

アキ「判った。終わったら虫取り行こうね」


一枚書く・・・・不満気味。
2枚目・・・・少し失敗して、面白くないようだ。
3枚目・・・・まぁまぁだが、試しにこれを超すようなのをと言う。
4枚目・・・・3枚目と同じくらい。

アキの目で、今日の一枚を選ばせると、
3枚目の物でした。

060730_1918~01.jpg



指摘をすればきりが無い。
いや、親だからそんな気持になるのだろう。

けれど、「先生」な気持になれば、
褒めるところは満載^^;

ちゃんと上達しているのがわかるし
心の持ちようとは、面白いもんだ。


始めるまでは、腰が重くなってきたアキだが
やるごとに少しずつ、上手になってきているのが実感できて
嬉しい表情も見せるように。

たまに、「あ~~もう、そこは・・・<`ヘ´>」となるが
ちょっと堪えてみれば、教える側としても
得られる物は大きい。

まだまだ、4回だけど
楽しく続けていこう(^^ゞ


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2006/07/30 21:26】 | 父子でぴりぴり習字教室
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-



サクラコ
4回目にして、この十!
かなり上手いじゃないですかっ!びっくりしました。
筆の入り方、とめ方、線をまっすぐに引ける様は、いい感じですねー。
私が通っている先生が教えている小さい子は、なかなかここまで書けませんよ~。
これも、マーさんの教え方が上手な証拠ですね!


いわさき
そうそう、土曜日と日曜日の朝って、10時まではいろいろと子供向け番組ありますよね。だから、朝出かけようとすると、タイミングがチョッとうまく図らないと!ってかんじです。カーナビのモニターをテレビにしたりしてね…。うん、子どもって、その気になると意外なパワーを出しますよね。


Mちゃん
マーさん相変わらず一生懸命ですね!
十もとても上手いじゃないですか。

ところでもう一つブログを立ち上げたのですが相互リンクしてもらえませんか?
http://mchanhouse.blog72.fc2.com/

今度は家の話です。



マー>>>コメントありがとうございます
>サクラコさんへ

おおぉ~、アキ~!サクラコねーさんが褒めてくれてるぞ~
・・・とりあえず座布団2枚あげておきます(^_^)/
親バカかもしれないけど、結構筋がいいような気もします。
が、集中力のなさは7歳児ですな。
たまに「ギロ~~リ」とやっています(^^ゞ

>いわさきさんへ

そうなんですよね
このアニメトライアングルに入ると・・・
なかなか出てきてくれません(ーー;)
しかし、「やる」となったときの子供のパワーはすごいなぁと思います。
ペース配分はすごいけど(爆)

>Mちゃんへ

この懸命さの何%がバックされるんでしょうかね~
期待はしませんが、なにかしら身には付けて欲しいですね。
リンク了解しました(^_^)/遊びにも行きますね


コメントを閉じる▲
ハッと目が覚め時計を・・・・・

まず~~い
今日は、アキ
水泳教室、初日。

どうにか遅刻せずに到着(^^ゞ

定員120名
そらもう、ごった返しておりました。

ママさんたちの、不平不満も飛び交い
香水の匂いと塩素の匂いで、

クラクラでした(*_*;



↓↓↓続き

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

更衣室でアキが着替えるのを確認し、

いってらっしゃ~~い(^_^)/

さてさて
二階から、見学しましょうかね・・・・


って
すごいんですけど・・・・

ママさんウォールが出来上がっていました(-_-;)

皆さんお仲間で来ているので、
話が弾んでおります・・・

複数で来ているから、場所とりも容易。

一つ二つ、
愚痴を言わせていただくと、

「おしゃべりするなら、他へ」

そして

「露出度たっぷりな格好で、睨みながら、
  見るなとばかりに一生懸命、服を直すのはやめてください」

私も、ママさんたち同様、我が子がどの班に入ったかを見たいんです。

お母さん達の、腹だの、腰だののお肉を見に来ていませんので・・・


変質者ではございません
(も、もしかして、そんな人相なのか・・・)

同じ保護者でございます(-_-;)


後ろから、プールを見ようにも、
そんな仕草ばかりされるので

え~え~
外で、一服しておりましたよ・・・(-。-)y-゜゜゜


さすがに、兄妹連れなどは、子供が愚図り始め、
場所移動してくれたので、
終了10分前位には、
アキの姿を確認。

アキよ、すまん、お父さんには壁が厚かったのだよ(T_T)

どうやら、6班位あり
アキは・・・下から2班目だろうか。

終わってから、
「アキゴメンな~、お母さん達、沢山居てさ、
  アキ探せなかったよ」

アキ「いいよ、僕も沢山居たから、探せなかったし。
    っていうか、滑り台楽しんでたから」

「そ、そっか」
これはこれで、淋しいな^_^;


アキに内容を聞くと、
滑り台したり、顔を水につけたり、
座ってバタ足したりだそうだ。

おっかしいなぁ~

確か、アキはその場で潜れる筈なんだけどな・・・

「ねぇ、アキはその場で潜れるはずよね?」

アキ「・・・だって失敗するかもしれないし」

オイオイ
いつもの得意気なのはどうした。
腰が引けてるぞ、おい^^;

「頑張って、上の班に行くんだぞ」と言うと

アキ「うん、頑張るね」と。

何事も、大事な初日。
遊びも取り入れてるし
楽しみになったので、滑り出しは順調。

さぁ後4回で、どこまで出来るようになるだろうか。

そして、
どうやって過ごそうかな・・・(-_-;)


追記を閉じる▲

【2006/07/29 20:25】 | 水泳での成長
トラックバック(0) |


サクラコ
マーさん、おつかれさまっ!
私もそのオバサマたちの予備軍。気を付けねば・・・。
ていうか、もう、その一員かもしれません(汗)
確かにお母さん達集団は怖いですよね。でも、そういうお母さんたちって、男性に話しかけたいとウズウズしているかもしれませんよー。
アキくんもマーさんも試練の水泳教室になりそうですね(笑)


マー>サクラコさんへ
>サクラコさんへ

う~~ん
ウズウズされてもなぁ(^^ゞ
定員数からして、きっと同じ小学校や、保育園絡みで
知っている人に会うと思っていましたが、居ませんでした。
アキも知っている子は居ないようだし・・・
う~ん、会社のイケメン後輩引き連れて行くか・・・(爆)


コメントを閉じる▲
昨日は、祇園祭(ちょいとお借りしてきましたm(__)m)の花火大会でした。

ちなみに今日は、会社が「祇園休み」です(^_^)/

アキは、一歳から、
毎年花火大会には連れて行っていますので
7月ともなると、楽しみに。

当然、露店がですが^^;


児童クラブに迎えにいくと、
「花火ある?」でした。

「あるよ~、行くよ~、早くご飯食べて行こうな」

アキ「うん、そうだね、テキパキね」

「そうそう」(^_^)/


↓↓↓続き

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

冷ご飯を残しておいたので、ササっと雑炊で夕飯を。

お風呂も、シャワーで済ませて、
いざ、行くぞ~「おーーー」(^・^)

会場は、会社の目と鼻の先
毎年、社員には駐車場開放してくれているので、
これは本当に助かる。


車を置き、歩き出すと

アキ「おとうさん、手だして」

ハイ

アキ「ぼくの手、握ってみて」

普通に握ると

アキ「もうちょい、強く、そうそう
    それくらいの強さで握っていてね」

あはは、かなり迷子にビビッています^^;

歩行者天国に入ると

アキ「ノリノリだね」

「え?」

アキ「太鼓さ、ノリノリだよ」

「そ、そうだね」 ノリノリとはなぁ(^^ゞ

19町内の屋台(山車)の迎え囃子のなか
露店の並ぶ通りへ。

アキのお目当ては
花見で味を知ってしまった^^;「チョコバナナ」
そして、帰りは「わたあめ」

くじの店も多く、カードが欲しそうなアキだが
外れた時に待っている品々を見て、
甘えるのにも躊躇している。

「帰りにな、コンビニで買ってあげようか?」

アキ「ホント?ヤッター」

しめしめ、安いもんですよ^^;

一通り、歩き、
チョコバナナを買い、露店裏で花火を見ながら、アキご満悦。

わたあめ買って、後はゆっくり花火でも・・・と
思っていると、

アキ「あのさ・・・カキ氷食べたい」

「・・・・(-_-;)・・・よし食べるか(^・^)、祭だしな」

アキ「ヤッター」

またも、露店裏で・・・

今年の花火は、なかなか良いなぁ
近隣企業も景気が良くなってきた証だろうか。

などと思いながら、わたあめを買い、
足は、帰る方向へ・・・

と・・・
流れが遅い。

見ると、川を下ってきた御輿が囲まれている。
いつも、タイミングを逃しているので、
帰りたがるアキを肩車して、
「御輿渡御」を見ることに。

各町内からの担ぎ手たちは、今か今かと待っている。

そして、区切られた紐も解かれ、一斉に御輿に駆け走る。

歓声、怒号も飛び交い、アキはビビッている。

担ぎ手の位置も決まったようで、
いざ、御輿を・・・
が、息も合わず、持ち上がらない。

あちらこちらから、激が飛ぶ。


「アキ~、御輿はな、みんなの力が一つにならないとな、
                綺麗に持ち上がらないんだよ」

アキ「うん」 (頑張れがんばれ、という表情だ)

「一人だけ力持ちが居ても、駄目なんだよ。
   ほら、すぐに斜めになっちゃうでしょ?」

アキ「そうだね~」

「力だけあっても駄目なの判るでしょ、みんなの力に合わせることも
  大事なの。オレがオレがだとね、絶対上がらないんだよ。
    学校も、お友達も、同じだからね」

アキ「うん」


少しは判ったかな~(-_-;)

アキに教えながらも、
「本当にそうだよな」と・・・

良い思い出になった夜でした。


追記を閉じる▲

【2006/07/27 13:08】 | 未分類
トラックバック(0) |
明日から、アキは夏休み。

といっても、毎日朝から、児童クラブである。
申し訳ないが、これはこれで、楽しんでもらいたいものです。

幸い(?)仕事の方は暇なので、お迎えは早いから
せめてもの救いか・・・これはこれで、残業手当が少ないので
切ないんだけど(^^ゞ

そして

終業式と言えば

通信簿(-_-;)


まさかね、自分が見る側になるなんてね~

今は、「家庭連絡表」という名前です。


↓↓↓続き

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さてココからは
親バカ炸裂ですので、注意です(^^ゞ


学習や学校生活の様子としては、要約すると。

「挨拶がちゃんと出来、気持ちをこめた「ありがとう」の姿に、
  感心します」

そっかぁ
いい事です。本当に嬉しい限りです(^^ゞ

「興味があることには、意欲的、算数は積極的に発表したり
  取り組んでいます。この意欲と根気強さを他の教科でも
    大切に・・・」

わははは
私の子供時代と同じだ^^;
よく書かれたな~
他の子が出来ないことは進んでとか、出来るので、
もうちょっと、基礎とか、この意欲をとか(^^ゞ

ただ、楽しい教科があるのは良いことです。
ちゃんとやっているんだと思うと、嬉しい。

「時間があれば、進んでヤギさんの世話をしていて、
  散歩などでは、自分がという気持ちも強く、最初は
   他の子とトラブルになる事もあったが、次第に進んで
    交替するようになりました」

あちゃ~
やっぱり、我を通していましたか・・・

園でもそうだったが、ロケットスタートなアキ。
ただ、ガキ大将的(昔のね)なところもあるので、
次第に、周りに気を遣い始めることは多かった。

ただ、最終的には、仕切屋になるので、
少し心配・・・

周りの空気を読める男になってほしいです(~_~)


そして
個別になると、

普通なのは、音楽、図工。

んん?となるのは、国語
「文章を書く」「助詞の使いかた」はイマイチ。
これは、気付いていました。
少し、復習ですな。

得意なのは
算数、生活、体育

算数は、解ける喜びがあるのか、
楽しいらしい。
ただ、解けないと面白くないのか、よくふてくされるのは
気になっている。

生活、体育は、
アサガオやヤギさんに積極的にお世話しているようで、
何より、嬉しいです。
「アサガオが、発芽しない」とよく凹んでいましたし・・・
成長するのが、とても嬉しいらしい。

うんうん、
優しい子だよ~~~(親バカ度MAX)

体育では
ルールを守り、誰とでも仲良く行動を出来るらしい。

う~~ん
思うに、優しいモードのジャイアンか?
(親バカ度・測定不能!!)




通信簿を楽しみに(?)していた親の気持が判ります。

さて、ちょいと国語も楽しさ教えてあげなくちゃ・・・
表現力も大切ですからね。

子供より、親の方が忙しい夏休みになるけど
イッチョ、乗り切ろう~~~(課題はた~~っぷりです)


ここまで読んでくれた人
親バカにお付き合いありがとうございました(^^ゞ


追記を閉じる▲

【2006/07/24 23:21】 | アキの成長
トラックバック(0) |


spacesis
子供の通信簿は、正直言って、人から見た場合の子の成長振りが
分かるようで、
親としては嬉しいような困るような。
小さい時は、「うんうん。少々成績の悪いのがあったってよろし。元気でさえあれば」
と鷹揚に見られたのが、年頃ともなると芳しくないのがきた日には、ど~んと
落ち込んだりしてね^^; 
ヨッシ!来学期はもうちょっと力入れてがんばるぞ!と言っては
「親が頑張ってどうするんじゃい」と、よく、もいける娘に笑われたものでした^^; 
その度に、ああ、まだ達成感の喜びと言うものを知らんなと^^
子より親が忙しい夏休み。
でも、子の力は案外こういうときについたりする気がします。
わたしたち親子にとっても、かつては夏休みこそ「日本語国語力」を伸ばす
絶好のチャンスでしたよ^^
もちろん、遊びもめいっぱいしてもらいましたが、一日一度か2度は
必ず親子みなでテーブルを囲みました。
懐かしい思い出です^^





マー> spacesisさんへ
>spacesisさんへ

あはは
確かに、「親が頑張ってどうすんじゃい」とは思いますが
それはそれ、始まったばかりの小学校、
達成感を味わって貰わないと(^^ゞ
子供の素直な「ワカッタ~~~」な笑顔は、
いいもんですね。


Mちゃん
親バカって良いことだと思いますよ。
私は好きですよ親バカって、人間らしいじゃないですか!


ぱんだ
優しいジャイアン!サイコーですね。映画版になると必ず優しくリードするジャイアンに、毎度「いつもこうならいいのに」と思ってました。もしくはキテレツ君の「ブタゴリラ」。
アキ君は理数系?小1から算数が嫌いだったぱんだからしてみたら、偉いなぁ~。
そうそう、黄色いお弁当のおかず。とうもろこしの輪切りなんてもう入ってますか?昔友達のお弁当に入っていて、羨ましかったのを今日とうもろこし食べてて思い出しました(^^)


いわさき
やさしいモードのジャイアン…ねえ?
うちは、2期制なので10月の体育の日前後にもらってきます。
あんまりたいした事書かれてていないんだよなぁ…。勉強はともかく、人間関係でちゃんとうまくやっていて欲しいです。大丈夫だと思うけど。
国語力…いざ、勉強ってなると、どうするんだろうかなぁ…本をとにかく読むって感じなんでしょうか?あとは、ドリルとか?かなぁ…。



みぃー
いいなぁ~
小学校1年生頃の成績ってそんなに緊迫しないもんな~
私もその頃は親ばかしてたよなぁ~
もうゆとりのない我が娘の成績には親ばかできないなぁ~
娘が頑張るしかないのだけれど私も頑張ります?


マー>>>コメントありがとうございます
>Mちゃんへ

親バカというと、マイナス?なイメージだけど
ちゃんと子供を見れてこそ、バカになれるんだろうなぁと
思ったりしますね。用法用量には注意していきます(爆)

>ぱんださんへ

そうだ、ブタゴリラもいたな~
「我が我が」とならず、ここぞと言うときは、
周りを引っ張れる子になってくれればなぁ(^^ゞ
アキはなんとなく理数系な様な気がします。
ただ、解ける喜びもいいですが、
知っていく楽しみも増やして欲しいかな~と。
「黄色」、とうもろこしもありましたね。
うちで収穫出来たら、入れてあげようっと^^;

>いわさきさんへ

国語・・・やはり本とかですかねぇ
「わ」「は」「え」「へ」などの使い方は、
とにかく文章に触れてもらわないと・・・
たまに、クイズみたいに問題出して、やっています。
本自体は好きなようなので、ちょっとした工夫なんでしょうか。

>みぃーさんへ

うっ、未来から?の直球が・・・
「うんうん、いい子だな」などと頷いていられるのは、
今だけか(笑)
だけども、一緒に教科書を囲むだけでも、
違うかもしれませんよ。
いっちょ、みぃーさんも・・・(^_^)/


と~ちゃん
通知簿デビューっすね?w

うーん、確かにドキドキしそうw

来年から、僕も一喜一憂してるのかな?w



マー>と~ちゃんさんへ
>と~ちゃんさんへ

なかなか良いもんです。
親が楽しみ?にしていたのが判ります^^;
ちゃんと短所も書いてありますし、
正直、集団生活においての我が子を、少しでも知ることが出来るのは
いいですね。と~ちゃんさんも一喜一憂出来ますよ~(^_^)/

コメントを閉じる▲
アキが小学に入り、

様々な成長を実感できるのは、
とても嬉しいことです。

だが
嬉しい、楽しいことばかりではない。

気になっていた(る)事の一つに、
「言葉遣い」がある。

園生活においては、
割と言葉遣いは良かったと思うが、
このところ、いや、入学して、落ち着いた頃から
気になってはいた。

↓↓↓続き
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


なんていうか、「憎まれ口」を叩くのだ。

「あっそう」「へぇ~じゃあ○○だからいいんでしょ」等々・・・

小ばかにした言い回し。

「なんだ、その言い方は!!」と怒ることもしばしばだったが
アキも負けてはいない、

「お父さんの言い方だって、いいの?
   そんな言い方で?やれとか、しろとかさ・・・
   お父さんも嫌な言い方じゃん、嫌だ」

・・・そう・・・私は口が悪い。

いつもそうではないが、
つい
「・・っていってんだろ」
「・・しろよ」
等々

「死ね」とかなんとかの言葉は言ったことはないが、

私自身、語尾が悪い。
イラっとすると、つい出てしまう。

向き合うことをモットーにしているのに
これである。

アキが反論というか
面白くないと思うのは当然だ。


もしアキが女の子だったらどうだろうか、
きっと、そんな口調になる限界点はきっと高いだろう。
もっと小さい頃から、心掛けているはずであるので
片親になっても、身についているかもしれない。

アキに対しても、心掛けてはいた。
だが、
片親になってから、限界点が低くなったと思う。

いや厳密に言うと
言葉のやり取りでの比率が、
対私がほとんど占めるようになったからか。

片親になったのだから、当然ではある。

もし私が女性、つまり母であったなら
よほどヒステリックにならない限り
「・・・しろって言ってんだろ!」
とは、言わないだろう。

普通に言っているお母さんをたまに見るが
眉をひそめている自分がいる。

まったくもって、矛盾している。

小さいとはいえ、「男同士だから」という
気持ちがあるのだ。


普通?の家庭はどうだろうか、
お父さんは確かに口は悪い。
だが、触れ合う割合の多いお母さんは、ちゃんとしている。

カミナリと共に発せられるお父さんの
「悪い語尾」は、いい意味で怖さを助長するのだろう。


だが、私とアキのように
何事も慣れっこになると、いい事はない。

反論してくれたアキには感謝せねばなるまい。

子供の言いなりになるつもりはないが、
私という父における片親家庭の悪いところが

見事にガツーンと来ました。



明日から、言葉遣いに気をつけよう・・・(ーー;)


追記を閉じる▲

【2006/07/22 23:22】 | 父子家庭になって
トラックバック(0) |


みぃー
「言葉」って本当に大切ですよね。
悪気がなくてもちょっとした一言で相手を傷つけてしまう事もありますから。
私の別れたダンナは言葉づかいの荒い人でした。
結婚してすぐにびっくりした事です。
私の両親は母親はもちろんのこと、父親も荒い言葉を使う人ではなかったので
私にとって乱暴な言葉はドラマや映画の中の特別な人が使う言葉で
身のまわりになかったのです。
だから弟も男ですが家庭の中ではそういう言葉はまったく使っていませんでした。
結婚した男は毎日のように荒い言葉を使い
私の心の中をズタズタに切り裂きました。
私にだけではなくその人は自分の母親にもそういう言葉を使っていたので
これは育ってきた環境でこうなってしまったんだろうなと思いました。
「言葉」は本当に大事です。
アキくんが将来、大事な女の人の心を知らないうちに傷つけてしまわないように
マーお父さん、頑張って下さいね(^^)
しかし、最近は女の人も言葉が荒いですね。
テレビで若い女の子が食事をして「うまい!」って言うのが私は嫌いです。


マー>みぃーさんへ
>みぃーさんへ

基本的には、親バカだけど、アキはいい言い方です。
丁寧な口調ですが、小学になってからたまに(ーー;)な
言い方をするようになり、私はただ頭ごなしだったのです。
言葉も大事ですが、言い方も重要ですよね、
言い方一つで、がらりと変わりますから。

私も、ぶっちゃけて言いますと、元妻の「言い方」が
本当に嫌でした。怒るポイントで無い所で怒るのも、??でしたが
言い方なのです、「挑発的」「卑下的」「尻切れトンボ」・・・
私にならともかく、「子供にそんな言い方するなよ」が多かった。
それが、いつの間にか・・・・(-_-;)
言葉、言い方はとても大事です、時に勇気を与え、
時に刃になります。
アキにとってもそうだったはず、優しく、勇気を与えてくれる言葉、
言い方のお父さんが、いつの間にか、刃を含むようになったのが
淋しかったはず。
そう思うと、自分をいつの間にか見失っていたのが情けないです。
言葉、言い方は各家庭の文化です。
受け継がれる物ですね、回りを見渡してもそう思います。
男同士とはいえ、私の「語尾」の悪さは治していきたいです、
「・・だろ」「・・・しろ」「・・・じゃねぇだろ」等々。
本来の、刃のない言い方を取り戻そう・・・
私しか鏡はないのだから。



いわさき
そうなんですよね。言葉使い…。
どこで覚えて来るんだか?でも、そうじゃない部分として、日常の家庭内で、どういう会話をしているか?親はどんな言葉使いをしているか?っていうのは大きいです。
タクシーなんかで「ひどいな~」なんて思う会話をしている家族にであいますけど、普段の言葉がそうなのね…って。普段の言葉であるから難しいともいえるし。


マー>いわさきさんへ
>いわさきさんへ

言葉遣いは、各家庭の文化ですね。
口調などは特に親の影響を受けますし、
反省することも・・・
「なんだ、その言い方は!」と怒るものの
ババから見れば、「あんたの口調と同じじゃない」と・・・
いつの間にか、似て来てるんですよね。
敬う気持ちも、言葉から発せられますから、
気を付けていきたいです。


spacesis
言葉遣いの基本はやはり家庭でしょうね。
でも、子供は成長していくごとに、仲間間の言葉遣いというものも
大事で、
家庭と同じような言葉遣いをしてると笑われたりすることもあるようです。
これからわたしのブログでもとりあげて行くことになる日本語の男言葉女言葉、
最初のが息子でしたから、わたしは母親ながらも時々男言葉を息子には
遣いました^^;母であるわたしが「だめじゃないの」ばかりで言ってると、
よそでも息子が「だめじゃないの」と言うのを知ったのですね^^:
「~してちょうだい」もそうでした^^;
夫の日本語はわたしとの会話で学びましたから、やはりかなり柔らかい「です、ます調」です。母のわたしが意識して遣わないかぎり、息子の耳に、
男言葉は入りませんでしたからね。
幼児期はそれでいいのですが、小学生ともなると、はやし立てられますね。
でも、ひどい言葉遣いを耳にしたりすると、悲しくなります。
言葉は目に見えない武器です。
その気になればいくらでも相手を傷つけられます。
マーさんのように、親が自分の言葉にハッと気づいて、言葉使いに
配慮すると言うのは、たいへんいいことだとわたしは思います。
がんばってね^^
あ、でも、お願いですから、女言葉は使わないでね(笑)
そちらの方は、おババさまからアキ君の耳に入りますから大丈夫ですね。


マー> spacesisさんへ
> spacesisさんへ

そう、
家での言葉と、子供同士の言葉が違いますからね~
特に、男の子はそうかもしれないですね。
ただ、命令口調と言うか、威圧的な物言いは、
なんにせよ良くはないですね。
親である私ですら、カチンと来ますが、これがまた
私の言い方に似ているもんだから、反省です。
社会に出ると、口調や、話術は非常に重要な物だと思います。
話すだけで、何か「ムッ」とくる人には、なって欲しくないですね。
男言葉が悪いとは思いませんが、
「言っていい事(言い方)、悪いこと(言い方)」の分別はつけなくては・・・
まずは、自分を振り返ってみます。

コメントを閉じる▲
アキの通う学校は、昨日で給食が終わり

今日からアキは、
当分弁当です。

月曜が終業式、その後夏休み中は、
毎日、児童クラブで過ごす事となります。

となると、

毎日お弁当作りがあるわけで、
おかずにも困る・・・・
毎日、冷凍食品というのも・・・ねぇ・・・

幸い(?)

とり唐と、おにぎりさえあれば満足なアキ。

だがしかし、
そんな訳にもいきません。


トマトや、きゅうりなどは、自宅で採れるから助かる。

いろどり的に、黄色が無い。


そう、

簡単、定番と言うと、「たまご焼き」が、やはり欲しいところ。

が・・・・

私、たまご焼き、あまり好きではない。
子供の時には、必ず入っていたが、

味が無かったり、甘すぎたり、時に砂糖と塩を間違えたりな
たまご焼きでして(ーー;)

そして、
そもそも、甘いもの、甘いおかずは好きではない。


↓↓↓続き


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そんな親であるからして、
食卓には、たまご焼きが並んだ日はない。

けど、
ココは一つ、
アキのお弁当の一品として、

昨夜、アキが寝た後、作ってみるかと。
(冷蔵庫に入れておけばいいし)

しかし、たまご焼き器など、もう無い(ーー;)

まぁ、フライパンでもいいか・・・

さてと、「だし汁」・・・無いな・・・
まっ、まぁいいか。

まずは、蜂蜜。
これは入れてみたかった。

蜂蜜をみりん代わりにして、
そして、砂糖と醤油を少々でいいや・・・うんうん
(手抜きもいいとこか^^;)


一つ目。
火加減が悪く、途中からスクランブルエッグになる(ーー;)

→ケチャップをかけて、食す・・・

二つ目。
形にはなったが、砂糖が多すぎ
とても食べられない

→養鶏農家の方スイマセン・・・

三つ目。
形もいい感じ、私も食べられる丁度いい甘さ。
蜂蜜のおかげで、ホットケーキみたいな感じで
きっと、アキにも好評だろう。

荒熱が取れてから、ニヤリとしながら冷蔵庫へ。

ムフフ

喜ぶかな~~と。


そして、少し早めに起きると、ババはすでに揚げ物を。

さてと、冷蔵庫の・・・・あれ?

あれれれれれ?

「なぁ、たまご焼き知らん?」

ババ「あ~~、割っちゃった」

「割ったとは?」

ババ「お皿落としちゃってさ~」

な、なんですと!!

作り直すにも、時間も無く。
ただただ、凹んでおりました(-_-;)

ババ「お前が、たまご焼き作るなんてねぇ」

クッ、そもそもアンタのたまご焼きが、
トラウマになってるんですぞ(-_-;)

毎日のたまご焼きが、子供にとってはまさに、ロシアンルーレット。

あの塩辛いたまご焼きは、ある意味忘れられん^^;



いい機会だから、
たまご焼き器、買ってこよう。
いや、
ババに買ってきてもらわねば(-.-)







追記を閉じる▲

【2006/07/21 21:27】 | 私の記憶とアキ
トラックバック(0) |


spacesis
あっは!
マー父さん、奮戦してますね。
一度お料理の基本の本でも買って、今から男子厨房に入る、は
いかがでしょうか^^
(あれ?もうやってるんだっけ?^^;
わたしも卵を使った料理、あまり好きではありませんが、
こどもたちのお弁当、ポルトガルは給食がありませんから、
すくなくとも9年間は、来る日も来る日も作りました^^;
日本のように出来あがったお惣菜など売っていませんし、
食材も日本のようにはいきませんから、しまいには、
万年弁当(つまりおかずは毎日同じ)(笑)
子供達には「文句を言うんじゃぁない!アフリカを見ろ。」の一言。
2人ともシュ~ンです(笑)
いえね、少ない食材の中で、毎日献立考えることの手抜きを
しなかったと言えば嘘になる。
でも、わたしはいいんじゃないかと思っています。
三つくらいの定食弁当のメニューを作り、それを3日ごとに
繰りかえす。こういう感じでいいのでは?
それにしても、せっかくの挑戦玉子焼き、残念だったわぁ。




ぱんだ
玉子焼き、ぱんだの母は塩コショウでした。なので、甘い玉子焼きを作ってくれる友人の母を羨ましくも思ったり。。。母に直訴したら一刀両断・・・(--; ダシ入り玉子は「お正月」のものでしたし(笑)。
でももう、血は争えないのかぱんだも塩コショウで(こぱんだに甘いの作ったら拒否されました)丸いフライパンで作っています。軽くスクランブルにしてすぐに折りたたむ超荒業です(爆)。


マー>spacesisさん、ぱんださんへ
>spacesis さんへ

厨房、離婚前からたっぷり入っております(笑)
いや、小学からか・・・(^^ゞ
お父さんの味としては、結構ありますが、
ある意味「お母さんの味」にはあえて踏み込んでいませんでした。
お弁当は苦手分野です。
ただ、そうも言ってられませんし、いっちょ踏み込もうと・・・
ただ、おかずはローテーションになります。
spacesisさんと同じく?
「インドネシアの子はなぁ」で凌ぎます(爆)
ただ、野望もあります。「ビックリ弁当」を作ることです。
余裕があるときは、やりたいです(^^ゞ
そうそう、たまご焼き器買いました。
なかなか良いです。後は我が家の(私の)味かな。

>ぱんださんへ

や、やはり血は争えませんか(笑)
今日、たまご焼き器買ってきました。
なかなか良いですよ~
ただ、忙しい朝に作るもんではないですね。
夜作るのがベストだと再認識しました。
だし汁は使いたくないんです。まさにお正月なので(^^ゞ
マーオリジナルを作りたい気持ちです。
塩コショウ・・それもありだな、試しに甘いのと、これを試してみます。
さて、アキはどちら党かな~




いわさき
お弁当は、僕は見た目にはそれほど気を使いません。
もちろん、他の子と比較してあんまりだなぁ…ってならないようにはしますけど…。あと、楽しめるように、ピカチュウにしたりとかはしますけど、栄養的には、昼の1食ぐらいバランスが崩れてても、朝と夜で取り戻せばいいと!
(お弁当のデコレーションはこにゃんさんの「魅力」ってページが)
というわけで、いわさきはお弁当は適当です。


マー>いわさきさんへ
>いわさきさんへ

彩のために、訳のわかんない冷凍食品やらは
嫌だな~と思っています。
5品くらいで、ローテーションです(^^ゞ
ピカチュウは楽しそうだな~、その後が怖そうです、
「明日はルカリオ」とか言われそうです(爆)
お弁当、綺麗に食べてきてくれると、嬉しいもんで、
たまご焼きは今のところ好評であります(^^)v

コメントを閉じる▲
相変わらず、アキには笑わされる。

弟宅へ行く途中、
道路の脇には川が流れ、田んぼの緑もまた美しい。

アキ「緑が綺麗だね~、川も綺麗だ~」

などと言っていた。

次に何を言うかと思いきや、

アキ「あ、あそこはねぇ、カッパいるんだよ、きっと!」

「は?・・・か、かっぱ?」

アキ「あ~いたいた、今着替えてるよ」

「え?、かっぱさん着替えてるの?」

アキ「うん、いや~~ん♪、って女のカッパだな、きっと」(^^♪

「黄桜かい!!」<`ヘ´>

と、突っ込み満載の笑いを提供してくれるこの頃(~_~)

そして、
夏休みも近づき、毎日持ち帰るプリントも多くなってきた。

今日はまた一段と多い。

どれどれと、目を通すと・・・


↓↓↓続き
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

服装について注意、喚起のプリント。

不審者に関連したことなのですが、「はい?」ってな内容だ。

下着や、おへそが見えるローライズ、
腰パン、超ミニ、ブレスレット、チタンネックレス、マニキュア
肩や胸元の露出の大きい服・・・・・

不審者にも目をつけられるので、やめてくださいと言う物だ。


・・・・小学校のプリントだよな・・・・???

アキと同じ小学生だよな?

アキは1年生、7歳だが、
1,2年生もこれに該当しているというので、「はい?」
ってな感じです。

要は、不審者に対して、というか絡めて、
現状の服装に、注意を喚起している。

PTAに行った時、
確かに、そんな格好の女の子は、多かった。


物騒な世の中です。
男の子、女の子関係なく、
うちの子は大丈夫などと言い切れないでしょう。

その中において、
まさに、さらって下さい、見て下さいな服装は・・・

一瞬、中学生向けの注意書きかと思いましたよ。

うちは、男の子ですが
もし、アキが女の子だったら、可愛い格好をさせるでしょう。

させるでしょうし、
それは、親である私の好みになりますね。
当然そうだと思います。

ただ、この注意書きのような格好は、
最低、登校日には、させないだろう。せいぜい、お出掛けの時か。


小学生が、超ミニに、キャミソール、ネックレス、マニキュアで
へそだの、お尻だの出して歩こうが、知ったこっちゃない。
別に興奮などはしないし、
「風邪ひくなよ」としか思わん。

しかし、その親御さんは
不審者がどうこうと言ってもらいたくはないですな。

チタンネックレス、ブレスレットは、親に買い与えられ、
するように言われていると言うのだから、
呆れるばかり。



私の頭固いんだろうか・・・?

子供は、親の着せ替え人形ではない。
学校は、親同士のファッションショーではないと思う。

最近思うのだが
今の子達の諸々は、色々束縛されてきた時代の親が、
「のびのび」を盾に、束縛された意味も理解せず、
子供に託しているような気がする。

そして、その子たちに自分の老後の世を、担ってもらうのだ。

ルール、モラル、束縛、規則・・・
これが無いと、暴走するから、必要なはず。

小学でこれか・・・
中、高ってどうなるんだろ・・・(-_-;)


追記を閉じる▲

【2006/07/19 22:33】 | 長い独り言
トラックバック(0) |


いわさき
たしかに、最近は小学生も高学年になると、かわいいな!って女の子もいますけどねぇ…われわれが小学生だった頃のレベルとはちょっと違うって言えばそうですけど、なにも、学校からプリントで「ローライズ…」がどうしたなんて言われたくはない気もします。
もちろん、「安全には気を配れよ!親としてね。」っていう喚起を起させる必要はあると思うけど…親にもいろいろいるので。
…しかし、話は戻りますけど、アキ君、かわいいですね…。カッパがいるんだよ!着替えてるの!いやぁ~ン…って。


みぃー
ウチの保育園には一応制服があって(幼児のみ)
それを着て登園することになっています。
たまに「洗濯が乾かなくて」と私服を着てくる子どももいるが
保育園はなぜか幼稚園と違い、そういう所は甘いというかルーズです。
だから、毎日制服を着て来ず
ファッションショーのように目立った私服を着てくる子どもがいる。
親の意識もなかなか改善されない。
子どもの頃に着る洋服が年頃になった時の感覚に大きな影響を与えるらしく
子どもの頃に大人びた洋服を着ていた子どもは
肌を露出する事に抵抗を覚えないらしいです。



マー>いわさきさん、みぃーさんへ
>いわさきさんへ

正直こんなプリントが配布されるとは思いませんでした。
しかし、小学で配られるほどですので、
先生方が危惧しているさまが、想像できます。
アキの「カッパ・・・」には、もうつぼにはまっちゃいました(~_~)
なかなか、いいボケをしてくれるこの頃。

>みぃーさんへ

やはり、子供の頃の服装は、その後に影響力がありますよね。
当然、親のセンスですから。
ただ、最近は物騒ですよね、こちらでは、
連れ去りはあまり聞きませんが、不審者が写真を撮るなどが
多いです。もしそうなったら、一番傷が残るのは、子供だと思うんです。
地味な格好をしろとはいいませんが、
プリントにして配布されるほどには、疑問が。
ま~、そういった子のお母さんは、更に刺激的な格好してますので、
プリント一つでは、どうにもならないでしょうね・・・
男の子も同然、「ズボンはちゃんと穿け~~~~」(ーー;)
その子の、お父さんもね(ーー;)


コメントを閉じる▲
今日は海の日。

ですが、出勤日でした(ーー;)

海の日は、毎年出勤日。

今日はガラガラの道路を、いざ出勤・・・
はぁ~乗らないなぁ~と思いつつ、
仕事をこなす。

昼休みも終わり、

↓↓↓続き
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

昼礼が始まるので、
現場に向かうと、パートのKさんが寄って来る。

Kさんは、中国出身の女性で37,8才だったと思う。

日本人の方と結婚し、10年になり
昨年秋から、パート勤務している。

10年日本にいるが、外で働くのは初めてで、
日本語はまだ、苦手。


Kさん「マーさん、ぎょざ、すき?」

「え?、ぎょ?・・餃子?」

Kさん「そ!、すき?」

「う、うん、好きだよ」

Kさん「こどもも、すき?」

「子供も、餃子は好きだよ」

Kさん「休憩所、冷蔵庫、マーさんの置いたから、夕飯たべて」

「え?いいの?ありがとう、今日子供と食べるね、ありがとう」

Kさん「すい餃子ね、昨日、沢山作った、どうぞ食べてください」

「ありがとう」


私の他に、Oさん(私の元上司)も頂いたようだ。
Oさんや私は、Kさんの世話役のような感じで、
仕事(溶接)の指導は私が行ってきた。

他のパートさんも同様、私が世話役となっていて
今、最後に残っているのはKさんだけで、今月一杯で契約終了となる。

Oさんは、中国へは出張でよく行っていたので、
Kさんとは、何かと会話が弾む仲だ。


中国の方が作る餃子、
う~んこれは期待が出来るな^^;

では早速・・・・

・・・・・・ごめん、Kさん・・・

・・・私、マーは、八角が苦手なんです・・・

いえ、微かに香りついてる位ならいいんです。

ただ、家中漂うくらいになると・・・・

どうしても、駄目なんです・・・・

う~~ん・・・・

よし、ワンタンスープみたいにしてみるか、水餃子だし。


・・・ううう、だ、駄目だ、ホントにホントに、Kさん
ごめんなさい・・・m(__)m

八角の香り以外、あんは絶妙です。微かにピリッとしていて。


ふと、


申し訳ない気持ちで一杯だったが、アキは?アキはどうだろうか?

アキ「おとさん、これ、メッチャ美味しいねぇ~~~」

え?なんですと?

「・・・え~とさ、スープが美味しいのかな?
  それとも餃子?」

アキ「餃子だよ~~、美味しいねぇ~~~
     あ~、おとさん食べないの?じゃあボクに頂戴」


良かった、ホント~~~に良かった。
アキも嫌がったら、Kさんに顔を合わせられません。


ん~、けど
海外出張行ったときは、匂いがきつくても
食べられたんだけどな。
匂いに対する慣れもあるんだろうか?
テンションか?現地にいる時のテンションが関係しているんだろうか?

素直に、アキが格好良く見えた(゜o゜)

7歳児が輝いて見えた(゜o゜)


だがきっと、
私が「この匂いが・・・」という表情をしたら
食べてくれなかったかもしれないな。

好き嫌いは、あまりないアキだが、
こんな場面から好き嫌いへと発展するんだろうな

気をつけよう・・・(-_-;)



Kさんには、どうしようかと考えたが、正直に、
私は八角が苦手と伝えよう、しかし、アキには大好評だったと。

いやもう
ガツガツ食べてましたから(~_~)







追記を閉じる▲

【2006/07/17 21:29】 | 未分類
トラックバック(0) |


と~ちゃん
僕も八角はダメーw

中華ちまき、絶対無理ッス。

アキ君味覚が大人っすねw

本場のぎょうざは八角がはいってるのかーw

にんにくの餃子って日本特有らしいですねw



いわさき
いいなぁ…水餃子ってことは、皮からすべて手作りですよね。
八角かぁ…なるほどねぇ…。
ウチの女房の得意料理も、餃子です。餃子だけは…=普通ですけど(特別に美味しいというのではない。)


マー>と~ちゃんさん、いわさきさんへ
>と~ちゃんさんへ

ココにも、八角駄目な人がいましたか(^^ゞ
本場はこんなに匂いをつけるのかは不明です。
ただ、海外出張では、中華はある意味間違いがないもので
よく利用しましたが、微かに香る程度でした。
Kさんには申し訳ないのだが、
かなり、きつかったですm(__)m
アキにはビビリましたよ、ホント・・・(^^ゞ
ちなみに、うちの餃子はにんにくを入れません。
あっさり系です。

>いわさきさんへ

皮も手作りでした(゜o゜)
レシピはまだ聞いてませんが、うちで採れた野菜をお返しに渡し
八角は「ごめんなさい」とKさんに・・
ただ、アキが喜んで食べたと伝えると、とても喜んでくれました。
うちは、よく餃子を作ります。
皮は市販品ですが、あんは
豚挽き肉、白菜、キャベツ、ニラといたってシンプル。
たまに、行者にんにくを入れることがあります。
う~~ん、ひねりのない餃子だ(^^ゞ

コメントを閉じる▲
朝から、雷雨。
明日も天気が悪そうだ。

晴れたら行きたい所もあったが・・・

となると

早速、第二回父子でぴりぴり習字教室開催(^_^)/


遅めの朝食をとり
アキに促す。

嫌がりも、喜びもしないが^^;
用意をする。

↓↓↓続き
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

アキ「ねぇ?どんくらいやるの?」

「40分くらいかな」

アキ「えぇ~~(ーー;)」

「だらけんな、もうお父さん先生ですよ」

アキ「・・・・・・・」


さて、何書かせようか・・・
平仮名は意外と、曲線があって難しい。
やはり基本的に直線の、「一」か。

アキは「漢字、漢字~、ボク、七とか四とか知ってるし」と得意気

「小僧!君には2画以上はまだ早いんじゃぁ」と思いながらも
ピリピリ指数は上昇

はっ! イカンイカン(-_-;)

「そうか?そんなに書きたいなら、書いて見ようか?」

アキ「うん」

30秒程経過・・・・

ズズ~~~ンと凹むアキ・・・・・だからまだ早いっちゅうの。

「ほらみろ」と言いたい気持ちが込上げるが
ぐぐっと堪える。

「じゃ、じゃあ、やっぱり、一を書いてみようか」

アキ「・・・・一、ヤダ」

「じゃ、十にしようか?」

アキ「うん、十なら良いよ」

よし、「十」なら線の練習になるな。うんうん。

10分経過・・・・

何度も「違ーーーう」と言いたい気持ちと格闘(ーー;)
だがしかし、わが子と思ってはイカン。
生徒として扱うには・・・・イライラ・・・(;一_一)

いやしかし
私としては、「教える」を学ぶために始めた習字。
凹ますのが目的ではない。

「なかなか、難しいでしょ?」

アキ「・・・・うん」

朱液で、直したり、いい所は丸印をするが、
アキは少し不満気味。

よし、やっぱり「一」をしっかりやってみよう。

しかし、始めと終わりは難しいので、「点」を書かせてみる。

「ほら、ぴちょん君みたいだね~」

アキ「ホントだ、面白い」

ヨシヨシ(~_~)乗ってきたぞ~
筆の角度が悪いと、綺麗な点にならないのも判ったようだ。

点を書いてる途中、そのまま線に移行させる。
強弱がつき、アキも感じが判ってきたようだ。

060715_2030~01.jpg


40分程経過し、

お互い「ありがとうございました」で今日は終了。
本を見せ、漢字は色んな組み合わせ(点や線、曲線)
で成り立つことを教えると、アキは納得。




「教える」って難しい。

親だからこそ、上手く教えてられないんだと思う。
怒鳴ったり、凹ませたり・・・
きっと、知らずに意欲を削ぐことをしてるはず。

もしかしたら
会社の後輩達の意欲を削ぐようなことをしているかもしれない。

厳しさと、優しさのバランスは難しい。
身近になるほどにそうかもしれない。

習字、継続するようにしなくちゃ(~_~)
アキを通して、得られる物は多いな~




追記を閉じる▲

【2006/07/15 22:30】 | 父子でぴりぴり習字教室
トラックバック(0) |


みぃー
アキくん、なかなか上手ですねv-290
我が子の先生になるのは難しいですよね。
私にはできないです。


マー>みぃーさんへ
>みぃーさんへ

一緒に心を静かにして字を書いてみようと思っていましたが、
それどころか、忍耐力を学んでおります(-_-;)
わが子だからこそ、難しいですね。

娘さんがもう少し大きくなると、
みぃーさんは、大先生になるはずですよ。



サクラコ
あー!習字だ!私の得意分野(笑)
マーさん、教え方上手ですね。ぴちょんくんって!最高です。
すごい納得しちゃいました~。
書道って本当に基礎が大事ですよね。書家の先生たち、自由に書いてそうですが、彼らも基礎をみっちりやってるから、あれだけのことができるんです。
書道だけじゃなくて全てに言えることですが、基礎って大事ですよねー。
アキくん、がんばれ!


マー>サクラコさんへ
>サクラコさんへ

そうです。
サクラコさんの、得意分野です(~_~)
25年ぶりくらいに筆を持ちました。
アキは習字を、そして私は忍耐を習っています(爆)
そして、何事も基礎は、一番難しいですね。


いわさき
教えるって、難しいですよね。
教えるって言うことは、信じることを学んでいるのかもしれないと、思ったことがあります。



マー>いわさきさんへ
>いわさきさんへ

う~~ん深いですね。
「信じることを学ぶ」

どんなことでも、人に教えると言うのは、
自分の器をはかるような気がします。
上司がよく言うんです。
「教えられるようになってこそ、技量は完成されていく」と。
何事も、教えながら、教えられることは多いです(^^ゞ

コメントを閉じる▲
今日は授業参観日

毎度、?だが
一学期にして3回目です。

半日休暇を頂き、午後学校へ・・・

アキの下駄箱に靴を押し込み、
「さて、どこにいるやら」と。

というのも、
今日は6年生と組んで過ごすことになっている。

6年生一人に対し、一年生が2人位付き、
本の読み聞かせや、体育館、図書館、ヤギ小屋の
一年生がしたいことに、6年生が付き合うといったもの。

ふと
服が引っ張られる。

↓↓↓続き
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「なんだ?」と見てみれば、
にんまりしたアキ。

最初に選んだのは、体育館でしたか。

ボール遊びを汗だくでやり
土砂降りの中、次はヤギさんに会うと・・・
6年生の女の子は、ちっとも嫌がりもせず、
ちゃんと面倒を見てくれる。
偉いなぁ~

私はというと
アキの教室で、担任の先生とお話していました・・・
PTAのことでちょっと疑問があったので。

参観も終わり
子供たちは下校。

その後は、期末PTAとやらに出席してみた。

ま~夏休みについてですな
出なくても良いくらいだと思ったけど、
「出れるときに出る」にしておかないと・・・

その後、
とっても早めに、アキを迎えに行き、
帰宅後、宿題もして、アキは遊びに・・・・

夕飯の準備も整い、
迎えにいくと、


E君やE君の弟、そしてアキが駆け寄ってくる。
なにやら、虫取り網で捕まえたようだ。


「ん?なに?、重そうだぞ」

アキ達「ほら見て~~」

「ヘビじゃんかーーー!!!」

マムシや、ヤマカガシではないようだ。
シマヘビかな。

だが、
アキを含め子供たちは、恐れを知らない。

E君のお母さんも、困り顔。

「ヘビをかまうな、どんだけ怖いかしらんの?
  しかも、ヘビをいじめると罰が当たるぞ!!」

と、
み~~んな、まとめてドドーーンと雷を落とす(^^ゞ

E君お母さんには悪いが
「マムシ」という事にして、怖さを教える。

っていうか、
E君のお母さん・・・・マムシは毒ありますから・・・(-_-;)

子供たちは、ちゃんと話(怖さ)を聞いてくれた。
ま~興味本位なのだが、
「え~~・・・ほんと・・ウソ~・・・」と。

今の今まで、怖がっていなかったこの子達だが、
親として実物を見ながら、伝える機会がなかったのは残念であり、

そして、如何に「百聞は一見にしかず」なことか。

怖さは伝わったようだ。

ついでに、E君へ
「蛇捕まえたの、お父さんに言ってみな、ゲンコツアメくれるよ」と。
これが一番聞いてたような(笑)


そして・・・・・

ホントの「マムシ」でなくて良かった~~~ホッ・・・(-.-)


にしても

ヘビって、見なくなったなぁ。
私が、アキ位のときは、よく登下校で見たもんだ。
当然?捕まえたりして、父親に自慢などしたが
ゲンコツたっぷり貰ったなぁ(ーー;)




時代と共に、身近な脅威は薄れていきますね・・・・・


追記を閉じる▲

【2006/07/13 23:00】 | 未分類
トラックバック(0) |


いわさき
そういえば、蛇…見なくなりましたね。



サクラコ
1学期間に3回も授業参観ってあるんですか!?
先生も親御さんたちも大変・・・
それにしても、アキくん、熱が下がってよかったですね!!!
元気にヘビもつかまえて・・・って、へび!うっきゃーーー。
怖いっ!
こういう時こそ、お父さんの出番ですよね。私だったら、キーキー、キャーキャー騒いで、終わりなような・・・
確かに、小さい時はよくヘビ見ましたよね~。


マー>いわさきさん、サクラコさんへ
>いわさきさんへ

やっぱり、見なくなりましたよね。
交通手段が変わったからかなと思っていましたが
子供と共にあちこち行っても見ないなぁと思っていました。

>サクラコさんへ

1学期に3回・・・まったく?です。
つまりは、委員会活動や環境活動の人員確保のためですね。
保護者全員が各役員というのも、?です。出来ない人は出来ないんですから。
アキ、元気になったのはいいですが、本領発揮(-.-)
アキを含め、今の子、色んな怖さを知らなすぎかな~と。
ヘビは久しぶりにマジマジ見ました。
昔は、抜け殻もよく発見して、宝物にしたのになぁ。
ヘビも住み難い環境なんでしょうかね・・・


みぃー
私も小学生の頃
通学路でない田んぼのあぜ道を通って帰宅していた時
真っ白なヘビをみました。
ヘビの最大の思い出です。


spacesis
へび、もうだめ・・・
息子が小学生のころ、帰国したのですが、その頃、ゴムで作られた昆虫類が
流行っていて、ある日妹宅の台所で洗い物をしていたわたしの背中を
トントンとたたき、
「ママ、これあげる!」と言って足許に投げ出されたもの!
ゴムのへびでしたが、わたしはギャッと叫び声を上げるなり卒倒して
しまいました^^;
それを見た息子の方が真っ青になったそうです(笑)
へびの抜け殻は、わたしが子供の頃、「縁起がいい、お金が入って
来る」とか言って、大人は財布の中に入れてましたよ^^
ところで、マーさん、へびをいじめると怖い、というその話、わたしは
知らないのですが、どんな話かしら?ちょっと興味がありますね^^
もしかしたら、わたしのへびに対する恐怖は、ずっと小さいときに、
そういう話を大人から聞かされていたことから来るかもしれませんね。




マー>みぃーさん、spacesisさんへ
>みぃーさんへ

真っ白な蛇は、子供の頃、
祖母の家を改築する時に見たことがあります。
縁起がいいとかで、追い払わずに皆見守っていました。
子供にとっては、白い蛇は、とても衝撃的なものでした。

>spacesisさんへ

そ、それはまたベタな・・・^^;
あ~、けど私もやられたら駄目かも・・・
大人になると、怖がりになる気がします。

ヘビ、
金運とか何とか、言いますね。
ババなどに言われたことは、自分の家や土地に居るヘビは、
それを守ってくれるもの(守り神?)なので、
むやみに殺生してはならん、特に白いヘビは、
ありがたみがあり、家の守り神だと。
昔の家は、カヤブキだったり、あと蔵があったり。
このカヤブキの家というのは、囲炉裏を含め
とても効率よく出来ていて、自然と共生していたんでしょう。
囲炉裏の煙は、防虫効果を発揮し、大きな虫などは、ネズミが食べ
ネズミを猫が食べたり、そしてヘビも同様、屋根裏に居つくことが多く
このサイクルに入っていたわけで、日の当たらない暗いところで生きているので、白ヘビになるのです。
家や蔵を壊したり、屋根を替えたりしたときに、白蛇含め、このヘビがひょっこり出てくるわけで、家に居ついてくれていたものだとして、大切にしたのでしょうね。あとは、蔵もあったので金運もそこから来るんでしょうか、神様の使いだとかもあるでしょう。
抜け殻はやはり、立派な物は大切にしてましたね。
今でも、自分の土地などで、立派な抜け殻があると、神棚に飾る(供える)家はあります。
マムシに関しては、やはり毒があるので、退治してよしと言う人もいます。この辺はなんとも・・・(~_~)
子供には、危険も伴うので、安易に近づけさせないためにも、
罰とか、呪い等の恐怖心を大きく使って、教えたのかもしれませんね。


コメントを閉じる▲
昨夜は、アキの発熱、39度半ばから一向に下がらず

アイス枕替えたり、
冷えピタ嫌いなアキなので、せっせと額のタオルを替えて

一応、気は張っていた。

張ってはいたが、気付けば・・・・・爆睡(@_@;)

ハッと起きて、アキを触ると
明らかに熱が下がっている

早速体温測定・・・・

・・・ハァ~~(-.-)やっと熱下がった~~~~

ご心配してくださった方々、ありがとうございますm(__)m

今日は、ババに見てもらうことにし
出勤いたしました。

帰りはダッシュで・・・

↓↓↓続き
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ババのパートへの出勤時間と、
私の帰宅時間はオーバーラップしないのだ。

前回、インフルエンザの時は
発熱や、薬(タミフル)の副作用も心配で、妹がこの
空白を埋めてくれたが、今回は30分ほど留守番させてみた。

17:10には帰宅し、チャイム鳴らして反応を見ようと思ったが
今回はやめておきました。
「おどうざんの、バカ~(T_T)」と言われそうだったし(^^ゞ

アキは、本を読んでいました。

すっかり元気なアキ

なので、アキを連れてDVDを返しに行き

そして、どうしても行きたいところが。



「プール」です。
市の広報で、夏季水泳教室の募集をしていたのです。

定員120名、年長と1、2年生対象の「水遊びコース」

7月末から、毎週土曜、1時間、計5回。
お値段、1700円也!(^_^)/

確か、私もアキと同じくらいの時に通いました。

今日10時から受付開始で、
120人だから明日でも良いかな~と思っていましたが

18時に到着し、中に入ると、
いるわいるわ、子供連れ。

なぜか、ヒステリックな声が飛び交う・・・

そう、無理やり連れてこられ、愚図る子が多いのだ(~_~)

他は携帯で、まだ空きがあることを、切迫して伝えて
一緒にやろうよと、お誘いしている人多し。

というか、
子供に連れ添い、その後見学している間すら、
付き合ってくれるママ友が欲しいのか?

そんなやり取りでした。

私的な考えだけど、
女性同士の付き合いって、大変そうだなぁ・・・

誘わなきゃ誘わないで、揉めそうだし・・・(-.-)


アキには事前に、通うことを伝えてあり、

7歳男の子、ばば&私の「泳げると格好良いぞ~」に
すっかりその気(~_~)

だが、愚図る子達を見て、少々怖気づいていたようだが
有無を言わさず、さくさくっと記入、提出。

どうやら先着順のようで、
既に、90人超えていました。

間に合ってよかった(~_~)


さてさて、アキ
少しは泳げるようになるかな~楽しみ。


そしてアキよ
昨日のようなお父さんは、

対「甘え」のキャパ200%の優しさ全開スペシャルモードです。
滅多に見れるもんではありません。

惰性の甘えは、もう通じないのだよ、ふっふっふっ(-。-)y-゜゜゜



追記を閉じる▲

【2006/07/11 22:56】 | 水泳での成長
トラックバック(0) |


いわさき
市で水泳教室やっているなんて、いいですね。
うちの子も泳げない…というか、長男と次男は顔を水につけるのさえ、嫌がります。
民間のスイミングはべらぼうな値段取るしね。とりあえず泳げるようになればいいんだし…。今年からは、近所の公園のプールは深い大人プールで泳ぎに挑戦です。


マー
ココは市営ではないのですが、
毎年、夏季水泳教室を開催しているのは知っていました。
私も通ったこともありますし、何より低料金^^;
逆に、市営プールの教室は約倍額で、定員も少なく抽選です。

ココは、先着順なのですがどうやら、
整理券を配るほど盛況だったようです。
アキの現状はというと、顔を水につける、目を開けられる、
チャポっとその場で潜る(しゃがむ)、レベルです。
どれ位レベルアップできるか、とっても楽しみ。
いわさきさんも、指導頑張ってくださいね(^_^)/

コメントを閉じる▲
午前3時頃

季節外れの湯たんぽが、体に絡みつく。

「あっついなぁ~・・・・・なんだアキか・・・・
・・・昨日ババと行った温泉のせいか?・・・あついなアキ
・・・・ってもうこんな時間だぞ!!」

ガバッと起き

アキの首筋を触ると・・・やはり熱い

体温計、体温計っと・・・「ピピピッ」

・・・・・・38.7・・・・・

い~~~や~~~~~(+o+)


なので、
今日は、私もアキもお休み。

↓↓↓続き
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

通院で遅刻したことはあるが、アキは小学初めての欠席。

珍しく、頭痛も訴える。
熱も相変わらず38度半ば
食欲はあまりないが、元気ではあるので、坐薬は止め。

そして朝から、電話かけまくり
小児医院、一緒に行く子のお宅、私の上司、学校、児童クラブ・・

フゥー(;一_一)


アキ「お、おとさん、会社会社!!」

「いいの」

アキ「え?おとさん休みなの?」

「うん、休むの」

アキ「・・・・・(*^_^*)」


いつもはババに頼むが、
仕事もちょうど切れているので、やっぱり
自分の子は自分で見たいし・・・

アキもちょっぴり嬉しそう。


さすがに、月曜
電話予約でも混んでいた。
行くまで、アキはさすがに、布団で一眠り。

医院に行くと、やはり沢山居たなぁ・・・

診察も終わり(喉の炎症風邪)
薬も頂き
アキは「ドラゴンボールのDVD~~~~借りたい~~」

「・・・ハイヨ」

帰宅し、ゴロゴロしながらDVDを観るアキ。
熱を測ると・・・39度超えてるし・・・・

ん~~ん~~・・・・・
どしよっかな~~

・・・・ヨシッ(-_-;)

バタバタバタ、ガチャ(冷蔵庫)、ビリビリ、バタバタバタ・・・
・・・ズルッ(アキのパンツ)・・・

・・・・ブスッ

坐薬、装填完了!!<`ヘ´>


心地よい風も吹いてきて、
アキはスヤスヤと・・・・

う~~ん、にしてもなかなか熱下がらんなぁ

元気になってもらわんとね

家んなか、静かで困るよ(^^ゞ





追記を閉じる▲

【2006/07/10 15:26】 | 未分類
トラックバック(0) |


と~ちゃん
あれま。

そりゃ大変っすねぇ。

みなさんのブログで8度オーバーの高熱だされたお子様の記事を見ます。

流行ってるのかなあ?

アキくん。今日はいっぱい甘えれたかな?w



マー>と~ちゃんさんへ
>と~ちゃんさんへ

帰宅後から、目下、アキの額のタオルを替えております。
「冷えピタ」、アキは嫌いなもんで・・・
やっと38度台、このタオルを絞る音、
懐かしい音です。
「アイス枕」二つあって良かった~
しかし、発熱からか、足の節々も痛いらしく、スリスリ^^;
こtりゃ、明日もお休みだなぁ・・・
明日はババに頼む予定ですが・・・
元気になって、憎まれ口の一つも早く聞きたいですな(~_~)


Mちゃん
ウチは子供が熱を出すとカミさんより私のほうが休む事が実は多いです。
そうするといつも以上に子供から甘えられるのが何とも言えなく好きなのです。いつもよりも何か距離が近い感覚と言うか、、まあそんな感じです。
でも本当は健康が一番なんですけどね。


いわさき
うちなんか、アイスノンソフトが2つに、冷えピタは3箱、そのほかの保冷剤が2つくらい…どうりで冷凍庫に食料が入らないわけだ!
しかし、小学生になって38度超えるってのも、強烈ですね。
早く良くなりますように。…今日は良くなったかな?


みぃー
アキくんの具合はいかがですか?
やっぱりお父さんが休んでくれると嬉しいものなんですね。
ウチはもう高校生なので少しの熱ならほっといて仕事に行ってしまいます。
娘も、もう慣れたものでそれが当たり前と感じているようです。
しかし39℃の熱が出た時は本人が一番驚いたようで
職場に電話をかけてきましたね。私もあわてて帰りました。
上司もいつも子どもの事は二番目で仕事優先してるんだから
こういう時こそ帰ってあげ!とすぐに帰らせてくれました。
病気の時って体だけでなく精神的にも弱くなってしまうから
なるべくそばにいてあげたいものですね。



ぱんだ
こぱんだもヒエピタがキライではがされます(T T) タオルもキライだし、氷枕は「枕の上で寝ない」ので意味がないし・・・。もう放置です(^^;

ぱんだも↑のみぃーさんお嬢さん同様、若い頃に珍しく40度の熱が出たときに職場の母に電話をしました。
が、母はいつも通り遊んで帰ってきました。あーあ(笑)


マー>>>コメントありがとうございます
アキは、すっかり元気になりましたm(__)m
そりゃもう、「コラ~」と私に叫ばすほどに・・・・

>Mちゃんへ

判ります、その感じ。
非日常だからかもしれないけど、すごく距離が近づくんですよね。
そして、子供にとっては鮮明な記憶になるんです。
育児、お互い、じゃんじゃんやっていきましょう^^;

>いわさきさんへ

おかげさまで、すっかり良くなり過ぎた?アキです。
アイス枕は。場所取りますよねぇ
だけど、最低2つはやはり欲しいし・・・
39度超ともなると、さすがにビビリます。
坐薬での解熱も、なかなか迷います、発熱も意味があるし。
ホッとして力が抜けた今朝でした。

>みぃーさんへ

入学前のインフルエンザの時は、
妹に助けられました。
「大丈夫だ」と言ったのですが、
「近くに人が居るだけで、子供は違うよ」と言われ、
自分の記憶をあらためて振り返ったのです。
アキの、ホッとした表情は、それこそ胸キュンでしたよ。
私は子供の頃、高熱を出すと、幻覚の類を・・・
そんな時、親が近くに居ることがどんなに、心強かったろうか。
私の職場も何かあると、「はよ、帰れ」と・・・
いましばらく、少し甘えさせてもらおうかと思うこの頃です。

>ぱんださんへ

ここにも「冷えピタ」嫌いが居ましたか(~_~)
ちなみに、私も嫌いなんです。
自分でタオルを絞って乗っけるのが好きです^^

私も高熱で、泣きついた事あります。
だがしかし、なかなか帰ってこない。
のんびりと消化の良い物を買い物し、ご帰宅でした。
病弱だった私の幼少時代が、どうやら、母(ババ)を強くしたようです。
変なところ、強くなってもらっては困りますな(-_-;)

コメントを閉じる▲
無事に試験も終わり
帰宅するも、アキはババとお出掛け・・・・

退屈だ・・・・
うわ~~~~退屈・・・・

アキと2日もまともに遊ばないと、なんと退屈なことか・・・

ゴロゴロゴロ・・・・(-_-)zzz・・・イカン!

あっ・・・・・

いわさきさんから、バトン貰ってた^^;


胸キュンバトン

ムムゥ~~~~~(ーー;)
胸キュンか~~~う~~~ん・・・・・

Q1 胸キュンするポイント

ポイント、ポイント・・・
「あ・そ・こ」では、いわさきさんとかぶるなぁ(笑)

ポイントの意味合いを変えてみて、

懐かしさに触れた時かな。
あと、人の優しさに触れた時。

Q2 憧れの胸キュンシチュエーション

え~~と
打ち消し線では、消せないほどの物になりそうなので・・・(爆)

いや待てよ
アキが成人して「くそジジィ、ありがとな」
な~~んて言われたら・・・・^^;

Q3 胸キュンする言葉

やっぱり「好きです」とかかな
けど、老若男女問わず、心から「ありがとう」って言われると
キュンとするな。

Q4 聴くと胸キュンしちゃう曲

これは難しい・・・
う~~ん

渡辺美里さんのMy Revolutionとか聞くと・・・・
なんか青春って感じ。

Q5 胸キュンする5人

お、思い浮かばないですm(__)m

Q6 今まで生きてきた中で一番の胸キュンは?

アキに「おとうさん!大人の男の子なんだからさ、泣いちゃだめだよ
いつもアキに言ってんじゃん」
と言われた時。


Q7 胸キュンに名前をつけるなら

そのまま、「胸キュン」・・・かな

Q8 胸キュンした時に心の中でする音は?

ゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・って、重い鋼鉄の扉が開くような音(^^ゞ


Q9 次に回される不幸?な5人

少し前、回したばかりだからなぁ・・・
恐る恐る、この記事を最後まで見た人!
よし、そうしよう!


どうぞ貰っていってくださいね(~_~)


あっ、今週の、
第2回父子でぴりぴり習字教室はお休みです。




【2006/07/09 17:50】 | 未分類
トラックバック(0) |


みぃー
私、こんな、赤面するような
恥ずかしいバトンできません・・・!?(^^)


マー>みぃーさんへ
>みぃーさんへ

見てしまいましたね・・・(;一_一)
見てしまっては・・・とは言いませんよ~
確かに赤面しそうなバトンかも。
スルーもOKなようですし(^^ゞ
気が向いたらどうぞ^^;



いわさき
そうかぁ…渡辺美里!っていう手もあったですね。
しかし、エロキャラ伝染病を流行らせたかったんですけど…うまくいかなかったなぁ…。
アキに「おとうさん!大人の男の子なんだからさ、泣いちゃだめだよ
いつもアキに言ってんじゃん」 と言われた時。

たしかに、これは胸キュンですね。いいなぁ…


マー>いわさきさんへ
>いわさきさんへ

うっ
やはり、「エロキャラ伝染病」を仕掛けようとしていましたか(笑)
危ない危ない^^;
一瞬どうしようか考えましたが(爆)

アキからの胸キュンは、「キュン」どころではありませんでした。
ただ、この言葉にとてつもない力を貰っちゃいました(~_~)

コメントを閉じる▲
今日は、母親との面会日なので、
アキは朝からハイテンション。

映画「カーズ」を見に行ったよう。

「私に何か出来る事はないか?」と、母親から数日前にメール。

・・・・・・何もしてもらわなくても・・・・

と思ったが・・・・・

「料理でも」と。

エプロン持って、今朝お出掛けしました。


そして明日、日曜は、溶接の更新試験。

一種目につき、約3年に一度
技能を確認するための更新試験です。

6種類持っているが、時に更新が密集する年がある。
昨年、今年はどうやら多いな。

半日以上、潰れるので、
アキは、ババや従兄弟たちとお出掛けの予定。

まったくのらない休日です(T_T)


明日は、一緒に行く人に上司であり、師匠もいる。
もうすぐ、役職定年だが、いまだ溶接をしている。

↓↓↓続き

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この人、Wさんも、気付けば50半ば。

一線を退いてはいるが、いまだ習うことは多い。

会社において、師弟の制度は無い。
誰かと誰かが、何年も組んで仕事をし、技能の伝承をすることは、
あまり無い。

だが、どういう因果か、
私と、Wさんにおいては周りからも、からかわれるが
師弟のような関係だ。

今となっては、私が一線で溶接をするが、
入社した頃は・・・・

中途で今の会社に入社したが、
はっきり言って、どうにもならんかったです、私(^^ゞ

「やめる覚悟」「やめさせる覚悟」が交錯し、

「一体、何がやりたいんだ!」の上司の一言に、
「溶接」と言ったのが、そもそもの始まり。

預けられたWさん、教えるよりも
やめさせる気持ちが多かったと・・・(^^ゞ

もともと一匹狼なWさん、
私以外へのアタリも厳しい。

手取り足取りなどは、一切無い。

初めてやる溶接でも、
トコトコ後ろにやってきて、
ただ一言言うだけ

「へたくそ」

2,3年はこんな感じ
ほんと、ハンマーでも投げてやろうかと思った(^^ゞ

ってか、ハンマー投げる人は多かった(爆)
職人気質な人が多かったから、胸ぐら掴んで喧嘩は
よく見た。

「悔しくて悔しくて」
だけど、Wさんの溶接は、ため息の出るものだった。
欠陥も無く、ビード(溶接した線と言いましょうか)も
綺麗。

ビードも時に、見栄えとなり、これは「化粧盛り」とも言われる。
見た目が綺麗だと、当然、客先も安心する。
案外、中身と外観が上手な人はいない。伴わないのだろうか。


5年もすると、「少しは見れるようになったな」と
褒められるようになり・・・

そう、天狗になっちゃうのだ^^;

さて、そうなった私に対し、Wさんは仕掛けるのだ。
「マーを一度、凹ませろ」と・・・

今となっては笑い話。
何度もライオンの如く「谷」に落とされたのだ(;一_一)


そうこうしてる間に、
Wさんは役職定年。

Wさん「お前ら~いつまでもオレに溶接させんじゃないよ~」

「あ~、もうへたくそだから、簡単なのしか、やらせないわね^^;」

などと言う会話が弾む。

10年ほど前から「もう、オレより上だ」と言われた。

Wさんの腕が落ちてきたのに、私が追いついたのか、
それとも、私が単純に追い越したのか・・・・


9月に役職定年になり、定年退職までは、5年ほど。

まだまだ、知識を搾り取ってやるぞ~

だって、「勝ち逃げ」は、ずるいもん<`ヘ´>



追記を閉じる▲

【2006/07/08 19:37】 | 会社
トラックバック(0) |


と~ちゃん
>手取り足取りなどは、一切無い。

手取り足取り教えて貰えると思って、
今の職業に飛び込んだ僕も初めの2年は、
ストレスでぶっ倒れそうでしたwww
やっぱ周りの先輩たちが恨めしかったなあw
今は楽しみも見出せるし自信もついてきたしで、
あの頃のの自分がどんだけ甘い考えで、
設計始めたかってよくわかるんですけどねw

試験がんばってくださいw




マー>と~ちゃんさんへ
>と~ちゃんさんへ

試験は無事に終了しました(^^ゞ

手取り足取りで教えてもらわなかったからこそ
成長も出来たと思います。
「悔しい」気持ちがなくなったら、終わりな気がしますね。
もうちょっと、
若い子は「悔しい」気持ちを味わってもらいたいのだが・・・
時代ですかね~(ーー;)


サクラコ
ステキな関係ですね!
職場でもなんでも、こういった方がいらっしゃるというのは、本当に羨ましいです。
そして、その方からちゃんと学んでいるマーさんもスゴイです!
私だったら、きっと、凹む、いじける、怒る、泣く→辞める・・・となったような・・・(自分にアマアマなので・・・)
今の職場でも、師弟とまではなりませんが、いい先輩、後輩はいます。
そういった人から、たくさんのことを学んでいかないといけませんね。


マー>サクラコさんへ
>サクラコさんへ

私自身も、良かったと思っています。
何より物作りの職場ですから、口は悪いが、気のいいのが多いです。
「その方からちゃんと学んでいる・・・」というより
喰らい付くのが精一杯でした(^^ゞ
あっ・・・一度だけ物投げたことがあった・・・・
それは、「グラインダー」・・・・・
人には投げてませんよ、地面に・・・・子供だったな(^^ゞ
先輩、後輩、上司、学べる環境にあるなら、
ドンドン吸収しなくちゃ損ですよね(~_~)

コメントを閉じる▲
家には、猫が一匹いる。

ネタがなくなるので猫と我が家については、後日に・・・

さてこの猫

名前は「たぬ」です。

ハイ(^_^)/ そりゃもう、な~~~んにも考えずに付いた名前です(^^ゞ

今では、おばあちゃん猫です。何歳だろ?
12歳位かな~~

3~4匹は、家に居たので、どの猫も名前はひねってなかったな・・・
今では、この「たぬ」一匹になりました。

猫にとっては、子供はまさに天敵。

アキが生まれた時には当然、たぬは居ました。
物心も付くと、当然アキは猫に興味津々。

だがしかし

アキの気配を感じるや、「ばばばばっ」と逃げてしまう^_^;


私や、ババには良くなつき、腹を見せてはゴロゴロしてるのに、
アキの気配を感じると、一目散なので、
アキも寂しい・・・・

だからこそ、仲良くなりたくて
呼び方など「たにゅ~~~~)^o^(」です。

しかし
追いかけるが、当然、たぬも逃げるという、イタチゴッコ(ーー;)

私やババが居ると、たまにだけど
どうにかアキにも触らせてくれていた「たぬ」

が、最近どうも違う。

↓↓↓続き
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なんと!
追いかけられるのは、当然嫌いな「たぬ」ですが
(超マイペース、猫だから当然ですが・・・)

この頃は、アキがそっと手を差し出すと、
鼻先をスリスリこすってくる。

時に、指を舐めたり。

もう、アキは嬉しくて嬉しくて、
そんなことがあると、
私がトイレに入っていても報告してくれます(;一_一)


何でかな?と思い、
ふと思ったのは、先月から小学校で山羊を飼っていることが
いい結果に・・・?

子山羊が2匹と、母山羊1匹。
面倒を見るのは、ほぼ一年生。

連絡帳を見ると、毎日「やぎさん」のことばかり。
「さんぽしたよ」「くさをあげたよ」等々。

とにかく、やぎさんと触れるのが楽しいようです。


きっと、
そんなアキの
「触れるだけで幸せ」な気持が、「たぬ」に伝わったのかなと。


そして今朝

この頃、寝ぼすけなアキ、今日は一段と起きやしない(ーー;)

ババ曰く、
「アキのおかげで、寝不足だよ」


アキは4時位に、階段を降り、トイレに。
そしたら、たぬはアキにスリスリ。

アキはもう、一気にハイテンション!

たぬと戯れ、たぬがババの布団に入ると、
アキもババの布団に。

ババはアキが布団に入ってきたので、それはそれで嬉しかったようだが

アキはふと我に返ったのか、
「やっぱり、お父さんと・・・」と言って、
ババの布団を後にした。

ババ、ショボ~~~ン(T_T)

そして
アキは、嬉しい気分一杯で、気持ちよく二度寝したのであった・・・・


うんうん、朝からいい事あったね~アキ。

・・・・・・けどね・・・起きろよ~~~~


追記を閉じる▲

【2006/07/06 22:13】 | 未分類
トラックバック(0) |


と~ちゃん
>二度寝

眠りが浅いんすかね?ウチの子も最近朝だめですわw

寝相も悪いしw



マー>と~ちゃんさんへ
>と~ちゃんさんへ

9時半には寝てくれて、よいのですが、
この頃起きやしません<`ヘ´>
ただ、休日ともなると驚くほど早いです。
ワクワクするんでしょうね~
寝相はアキは悪いです。
たまに探しますもん(^^ゞ
時に踵落とし喰らいます・・・・・

コメントを閉じる▲
またも

長い独り言です(^^ゞ


あるお母さんがいます。
アキと良く一緒に登校する子のお母さん。

上の子はアキと同じく一年生の男の子、
下の子は、年中の男の子。

少し前、
いつものように私の家の前で、その子達と、アキと、他の子、
そして、そのお母さんが居た。

私は帰宅後、すぐに夕飯の準備もあるので、晴れの日にアキが
遊びに行くのは、歓迎である。

たまに、
何してるかを見てまわるのだが、
そのお母さんに、見てもらっている感も否めない。

ふと、
そのお母さんは、座りながら、自分の膝に顔をうずめている・・・
「・・・もう・・・早く帰りたいのに・・・」

ボソッと聞こえた。

その子たちは帰宅してから、ずっと遊びまわり
そのお母さんは、連れまわされているのだ。

いや、この団地に越してきてからずっと、
いつもいつも、子供と一緒にいるのが、当たり前の光景のお母さんだ。


子供ですから
暗くなっても、常に遊ぶ気は満々・・・・



↓↓↓続く
                                                                
                                 
少し前
いつものように、登校の待ち合わせ場所にて
アキと友達達を待っていた。

そのお母さんは、一年生の上の子を引きずりながら、やってきた。

途中

その子は、「ペタン」と道路の真ん中で座り込む。

引っ張ろうが何をしようが
アスファルトに根っこが生えている。

そのお母さんは、私とアキの姿が見えたので、
焦り、とりあえず一人でやってきた。

「どしたん?ご機嫌斜め?」

理由を聞くと、
休日に、靴が汚れていたので、
洗ったら水が黒ずむほど汚れていた。

そして、乾いた靴を、洗う前同様、履いていきなさいと・・・

その子は、「あんなに汚い水が出る靴は履きたくない!!」と
癇癪が始まったそうだ。



以前、年長位だったか、
いつものように、アキも交じって遊んでいた。
そのお母さんが、何を促したかは忘れたが、
その子は、自分の履いている靴を脱ぎ、

下水に投げ入れた。

アキも私も「ポカ~~~ン」とした。


どうやら、面白くないと、
「お母さんを困らせてやる!」という表現をするような気がする。

そのお母さんは、けして
言いなりになっているわけではなく
怒ったりも当然している。

だが、最終的には屈してしまう・・・

先週
違うお母さんが気付き、
「そういえば!」と思ったことがある。

その子は、待ち合わせ場所まで、いつも手ぶら・・・

ランドセルも、他のカバン、帽子までも、
そのお母さんが抱え、はたまた、弟君もランドセルを背負ってくる。


まさに小さき王様だ。

お母さんや、弟君はさながら、召使か・・・



良く、アキを羨ましがられる。
休日など、アキは9時前には、一人で遊びに行ってしまう。

「休みの日に、朝早くうちの子が伺って・・・」と
たまに謝るが、逆に羨ましがられる。

「トイレも、着替えも、なんにせよ、付き合わされる」と。


あくまで、私的な考えとして、立ち話をするが、
アキだって、前日書いたように、癇癪を起すので
他人様をどうこう言えた身分ではない。
ないが、
疲れきっているあの光景は、見ていて切ないものがある。

ババにも、
「少し、出来る事をやってあげな」と・・・


そのお母さん、その子たちにとっての
夫であり、父親は、
子供より早く家を出、寝る頃に帰宅。

休日は・・・・・
たまに、自転車で連なって出かける姿は見るが、


大抵、昼酒を飲むか、

そして、好きなバイクに乗り、一人出かけてしまう。




うちは父子家庭。

母親の代役はおのずと限界がある。
羨む気持が無い訳でもない

父、母
それぞれ、男として、女としてのアプローチが出来る環境は
すばらしいと思う。


今夕、
ダラダラと遊ぶ子供たちに、優し~~く喝を入れた。

いつになっても、遊びが終わらず、
お母さん達は、困り顔だったからだ。

そのお母さんに、礼をされた。
「私だったら、引き上げないところ、ありがとうございます」と

だがしかし、その子は面白くない。
お母さんの自転車めがけ、自分の自転車をガシャーンとぶつけ、

「オレまだ、遊ぶんだ!!」とまたも癇癪を起している。


・・・・・・・・・なんだかなぁ・・・・・

子供を王様にしてはならんと思うなぁ。




ただただ

長~~~い独り言でした。


追記を閉じる▲

【2006/07/04 23:45】 | 長い独り言
トラックバック(0) |


いわさき
…こどもを躾ける…というと大げさですけど、接し方って、いろいろありますよね。家庭によって、いろんな考え方があるんで、どうこうというのも、なんか…。
うちは、長男が小学生、次男三男が幼稚園の時は…長男の友達が遊びに行くのに弟たちも当然付いていきましたが、ボクや女房はついては行きませんでした。…だいたい、あそびにいくところなんか決まっていたし…時折見に行く程度で…。
うーん、なんか、切ないというか…どうしたものかなぁ…僕なりにも、ゆっくり考えて見ます。



マー>いわさきさんへ
>いわさきさんへ

各家庭それぞれなので、何をどうとは言えません・・・・
そんなその子、今日も腕を引っ張られながら、待ち合わせ場所へ。
何が面白くないのかは聞きません(というか聞く余裕なし)でしたが、
履いてる靴を蹴り飛ばすは、お母さんに、パンチに、蹴り・・・・
お母さんもヒステリック気味・・・・
結局私も遅刻しそうだったので、
もう一人待っていた子とアキを車に乗せ、
途中まで、アキ達を送りました。

靴下も履かせてあげないと履いてくれないそうな・・・・
どこかで、根負けしちゃったのかなぁ。
なんかね、切ないです。見てるこっちが(ーー;)



みぃー
そこまでひどいと
私は障害という事も考えてしまいます。
その親子を知らないので何とも言えませんが
ちょっとひど過ぎますよね。
学校での様子はどうなんでしょうか?
躾の問題なのか、
その子が生まれ持ってきたものか
その判断はとても難しいです。


マー>みぃーさんへ
>みぃーさんへ

普段は、明るくて良い子なんです。
ババから観ると、接しすぎているからだ、と言います。
その子、ものすごく、甘えん坊なんです。
とにかく、母親が近くに居ないと駄目。
けど、言う事を聞いてくれないと、さぁ大変!
最終的に、言う事を聞いてあげてたのかなと思います。
ただ、癇癪起した時の行動は、ちょっと・・・・
お父さんが把握してればよいんですけど。
他人様の子とはいえ、心配です。


コメントを閉じる▲
日曜。

いつの間にか
アキは買収されていた・・・(;一_一)

ババ「途中の直売所で、クワガタ売ってるかもよ~~~(^^♪」

アキ「お父さん、行こ、行こ」


・・・・・いっか
予定もないし・・・・(ーー;)


飯山を抜け、

中野市の産直所「おらんちぇ」で、ババは買い物。

アキもクワガタGET!

小ぶりながらも、ノコギリクワガタ計5匹

200円!!  
う~~ん、200円とは・・・捕まえにいく気にならんですな~

まぁ近々、捕まえに行く予定ですが・・・^_^;

しかしババよ、あまり子供にクワガタをを与えないで下さい
お父さんの出番が減ってしまいます・・・・(T_T)


次は小布施、「フローラルガーデンおぶせ」
シャーベットが美味しいというので、アキと二人頬張ってました。
ババは、ここで花を見たかったらしい・・・

くっ・・・やはりアシに使われたか・・・(ーー;)

↓↓↓続き
                                                                
最後は定番、温泉~~
山ノ内町の「箱山温泉」いい湯でした。

ババは仕事なので、
少し昼寝をし、帰路へ・・・・


帰宅後

またも、お父さんサンダーが落ちる

目ざとく見つけたオヤツを食べ、ジュースを飲み、

時間を置いた後、
アキ「ねぇ、このアメも食べていい?」

「う~~ん、今日は、色々食べたり飲んだりしたろ、やめときな」

アキ「じゃあ、いいよ!!」

と、怒ってポイとアメを投げる・・・・・

ゴロゴロゴロゴロ・・・・・

「オイ、何した!何で投げるんだ?」

アキ「・・・・・・」

「さっき、約束してオヤツ食べたよね」

アキ「うん」

「そのアメは、誰の物? アキの?」

アキ「・・・・違う・・・」

「そのアメって、空から降ってきたアメか? どうしてアメがココにあると思ってる?」

アキ「・・・おどうざんど、ばばがいっしょけんめい
    はだらいでぎたから・・・・(T_T)」

「沢山食べたよね? ジュースも飲んだよね?
今日一日、何一つアキのいう事聞いてあげなかったかい?」

アキ「・・・・ううん・・・」

「約束破って、しかも、思い通りにならんからって、投げるんかぁ?」

アキ「・・・・・・」

「お父さんも、とっても面白くないから、
  これからアキのオモチャを捨てることにします・・・」スタスタ

スタスタ、ガサゴソ、ガチャ、ガチャ、スタスタスタ・・・



これは私的な考えだけど、
アキには「あやまれ」とか「何か言う事ないの?」とかは
年長位からは、特に言わないようにした。

促した謝罪は良い事が無いと思う、自分のやったことは
自分で考えて欲しいと思っている。


10分位経ったろうか

アキ「・・・おとさん・・・ごめん・・なさい・・・食べ物とか、
    大事にします・・・約束も破ってごめんなさい
       だから、おもちゃ捨てないで下さい・・」


「よし判った!、じゃあ仲直りな、出掛けんぞ~」

アキ「え?え? どこ?どこに???」

「い~~から、い~から」

もともと
今日行こうと思っていた、近くの紫陽花ロードにいってきました。

日も落ち、ライトアップされた紫陽花は、綺麗でした。

アキ「うわ~~紫陽花、綺麗だねぇ~~、歩きたい~~」

車を置き、カタツムリ探しながら少し歩きました。

アキ「で~~んでん、む~~しむっし、
        か~~たつ~む~り~~・・・♪」



ちょ、ちょっと恥ずかしかったぞ、アキよ・・・(;一_一)

けど、カミナリの後の、紫陽花は綺麗だったな~~


追記を閉じる▲

【2006/07/03 22:40】 | アキと私と休日
トラックバック(0) |


いわさき
…いいなぁ…。
すばらしい親子関係ですね。あこがれちゃうなぁ…。
習字教室といい、ゴロゴロ&おもちゃ棄てちゃうぞ!作戦。
うちも、たまにやります!おもちゃ棄てちゃうから!作戦。子どもはコタエルようですね。みんなやっているんだろうかなぁ…。
しかし、のこぎりクワガタ5匹200円ですか…安!ヨコハマまで宅配してもらえば、ヨコハマで1匹300円で売って、大もうけできますよ!!!あれ?輸送費がでないか?あ、100匹単位でやれば…?儲けをやまわけしますかv-8
小布施ですかぁ…弟が、上田の東塩田辺りにいます。ですので、弟のところに行く時には通ったりします。


と~ちゃん
>促した謝罪は良い事が無いと思う、自分のやったことは
>自分で考えて欲しいと思っている。

目からウロコだーw
昨日もコメントしましたが、これも相当根気いりません?親がw

すごいすごいw
確かにそうですよw


マー>いわさきさん、と~ちゃんさんへ
>いわさきさんへ

いやいや、あこがれる程では・・・
ドタバタとやっております(^^ゞ落雷注意報発令しながら・・・
ここにもいましたか「捨てちゃうぞ」作戦を実行する方が(^^♪
袋に詰め込み始めると、マジでビビリますねぇ~
クワガタやカブトは、農業の副産物的なので、産直所では安いですね。
ババには、「老後やれば~?」と・・・(^^ゞ
勝手に沸いてくるんだから、楽ではあるし。
そしたらそしたら、関東進出か(爆)

近くにお越しの際は、是非ご一報を(^_^)/

>と~ちゃんさんへ

根気。
要ります。とっても・・・
以前の記事「わかってるって」(06・2月24日)と同様、
根気は要ります。
子供とまともに喧嘩するのは大人気ないし
これはこれで疲れます(ーー;)
ただ、根競べは負けないように頑張っております(^^ゞ


コメントを閉じる▲
アキ「お父さん、着替えどこ~着替えは~?」

コレで起こされました・・・^^;
もう少し寝かせておくれよ~と思ったが、
時すでに、8時半(^^ゞ

アキは既に、パンを食べ、歯磨きして
遊びに行く気満々。

9時にはもう「行ってきま~~~す」でした。


10時。
外で虫取り網を振り回すアキと、友達一行を発見!

「アキ~~~やるよ~~~」

アキ「わかった~~~」

さぁ始めるのは、第一回・父子でぴりぴり習字教室^_^;

↓↓↓続き
                                                                
習字には興味があったので、その辺は楽。

ただ、親子でやるので、なあなあな気持でやるのは良くない。
甘えも出るし、私が「ウガ~~」ってなりそうだし(ーー;)

「今から、お父さんは先生です」

アキ「・・・えっ、・・・うんわかった」

判ってるんだろうか・・・(;一_一)

正座して、
お互い「お願いします」と礼をする。

まずは
「保育園でやってた、落ち着きタイムと同じ、
心を静かにしてください」

アキ「はい」

まずは筆の持ち方を教え、
好きなように書かせる。

アキは緊張気味^^;

次に、筆だと太くも細くも自在だという事を
遊びながら書いてみた。

アキ「うぉ~、おもしれ~、ナメクジみたい」

・・・・・・・( 一一)まぁいっか、楽しさ伝われば。

アキ「ねぇ、お父さん、のど渇いた、ねぇ?」

「・・・(ーー;)・・練習中ですよ」

アキ「・・・わ、わかった」

「さぁ、今度は、横と縦に線書いてみて」


・・・・・・・・・・
・・・・イライラ・・・イラ・・・・
はっ!イカン!アキは生徒だ。

優し~く、筆を寝かせないように肘を使うことを教える。

アキも、「お、なるほど」と思ったよう。

時に手を添え、教える。

「じゃあ、同じ太さになるように、線を書いてみてください」

アキ「はい」

半紙に三枚ほど書き、30分経ったころ休憩を入れ、ジュースや
オヤツを少々食べ、もう一度落ち着きタイムを。

「これが最後なので、集中して書いてみてください」

アキの表情も真剣に^^;

そして、今日の成果は


じゃ~~~ん


060701_1048~01.jpg



こんな感じです。
初めてにしては、良いかなぁと思っています(^^ゞ


最後はお互い「ありがとうございました」と礼で終わりにした。

礼に始まり、礼に終わる。
武道でよく言われることだけど
これは、全てに通ずる物だと思う。


アキに感想を聞くと
「難しいけど、面白かった」と。

良かった良かった
初回から、嫌いになったらどうしようと思っていましたし。

とりあえず
毎週土曜の午前中にやることを決めました。

う~~ん
何回、続くかなぁ~、
ってか、私が「ウガ~」としないでやれるの(^^ゞ

第一回・父子でぴりぴり習字教室でした。



追記を閉じる▲

【2006/07/01 18:16】 | 父子でぴりぴり習字教室
トラックバック(0) |


みぃー
第一回目が無事終了したようですねv-290
保育園で5歳児にぶっつけ本番で筆で字を書かせた事があるのですが
何ともあじのある素敵な文字を書いてましたね。
園の子どもを連れて
地域の園や学校の作品展を見学に行った時は
なぜか子どもたちは書道の展示に釘付けになるんですよね。



と~ちゃん
>なあなあな気持でやるのは良くない。
しかし、難しいですよねぇw
親の忍耐力も試されるトコロですねw
ガンバレーw



おおおおお!
spacesis
やっとるやっとる!(笑)
思わず大声で笑いながら読みました。
マーさんがしたのとほぼ同じことをわたしも
我が子に話して一緒に机を並べたものです。
何しろ塾長ですからね(笑)
物事は何事も始めが肝心。低学年を持つ
補習校の同僚たちが言うのです「子供が立ち歩く」
「いうことを聞かない」と。わたしは小さな子供を
持つときは、必ず一番最初に有無を言わせず
約束事を読ませます。これで同僚たちが言う問題は
少人数でもありますから、ほぼ解決します。
我が子が補習校に入ったときは、一言言いました。
「学校ではわたしはママではありません。先生ですから
うちでのように話しかけないでください。職員室にも
先生に用事がない限り来ないでください。
まして、忘れ物をしたときなど、けして助けを求めに
来るでない」
自然の中で遊びながら親子で学ぶなどは別として、
机に向かうときは、マーさん、今の姿勢、とてもいいです。
そ、それにしても習字って事始は、こういう線引きから
始めるのん?^^;
知らなかった・・・^^;



Mちゃん
凄いですね~。
自分の子供に習字を教えるとは物凄い忍耐力が要りそうですね。
僕にはとても出来そうもありません。。。。
マーさんにはいつも頭が下がります。


マー>>>コメントありがとうございます
>みぃーさんへ

子供の感性はすばらしいと思います。
アキは今7歳児ですが、園時代も含めて、
アキから学ぶ物はとても多いです(^^ゞ

>と~ちゃんさんへ

もう、いつカミナリを落とすか
自分でもピリピリ(^^ゞ
忍耐力大幅UPを狙います(爆)

> spacesisさんへ

年齢問わず
「教える」とは、いかに難しいことか・・・
ましてや、我が子となると線引きが難しいですね(^^ゞ
試行錯誤ですが、
先輩である spacesisさんの叱咤激励は嬉しいです。
さて、線引き
これが良いかは判りません(^^ゞ
とりあえず、鉛筆とは違う
筆の感触を楽しんでもらいたかったのです。
字を書くには、まだ早いかなぁ~~^_^;

>Mちゃんへ

「忍耐力」
かなり要ります(^^ゞ
自分の子だからこそですね。
ただ、ひいき目無しで我が子を見たい気持ちもあります。
アキが生まれて、
後輩部下に対して接し方が変わったと自分で思えます。
「教える」って難しいけど、面白いです。




コメントを閉じる▲