「子連れ狼、の皮をかぶった羊の父子」として六年、七年目からはリニューアル(^^♪、そして開設から10年が立ちました。親子の距離は少しずつ広がり、ちょっぴり寂しくも、あれやこれやと日々を楽しくをモットーに、ガサツw、雑多な日々を綴ります。
スキーも雪がなければ終わりとなるわけで・・・

いよいよ!と青物狙いで竿出すも、
な~~~んか・・・イナダに興味が薄れ・・・
イマイチ気乗りせずなスタートになっていた5月。

そうは言いつつ、
イナダメインの方たちに混じりながら、さくっとヒラメを釣り、
IMG_1395 (編集済み)


会社後輩君からはここ数年、
しっかりお裾分けルートに組まれたので、
真鯛乗っ込みでしっかり頂き(^^ゞ
IMG_1415.jpg

それなりに食卓も賑わい(笑)
↑ これが大事!

粗汁としては最高なものが二つ喉を通ったわけで・・

こうなるともう一つ欲しい!

というか、

そろそろ重い腰が上がるわけで、

ここ数年、それなりにノウハウも確立し、
情報収集の末、そろそろか!が
そわそわ!に変わり、いよいよ出陣!

昨夕は、上野からの出張帰りでグッタリ気味だったが、
気合い入れ、実績ポイントで「ドンっ!」ときて、
ニンマリしたものの、

タモ入れでぽちゃり・・・(/ω\)

でも、

いる事は確認!

そして今朝はより一層気合い入れて、いざ・・


が、

人・・多すぎ・・・

仕方なく空いているところでやるも、コノシロばかり・・

しかも、ロッド新調したので、
飛び過ぎていままで分からなかった根によって、

たっか~~いメタルジグ(1500円)二つもロストで、半べそ(>_<)

でも、
早朝組もちらほら帰りはじめ、ポイント空き始めランガン開始。

程なく、
ちょっと取り込みみ苦労するかなぁ~と思いつつ、
キャストした場所で、

どんっ!グイグイ・・・ぎゅうう・・・・

キタキタキターーーーー(ΦωΦ)

ジッジジッジジ~~~~とラインがでる。

引き寄せ姿見たら・・・こりゃ・・・デカい
(といっても自分としては狙っているサイズ)

が・・・取り込み・・・どうしよう(´・ω・`)

どのルートでテトラ伝い降りようかなぁ~~
と悲しそうな顔をしながら周りを見たら、

そこはまぁ・・黒師が多いので「どしたーーー!」と。

もちろん、私もタモはあるんだけどね。

周りが色めきだっちゃって(^^;)

んじゃま・・・タモ入れお願いします!っと。

そして上がったのは、

惜しくも60に届かず59センチなマゴチ。
(周りは驚いていたけど・・・俺的標準w)

IMG_1434 (編集済み)

来た・・

今年も首ふりフェイキンな奴らがやってきた!!

60オーバーマゴチ用に新調したロッドもグッジョブ!

これが堪能できるのも二週間ほどかな。

フィールドは山から海へ。

さぁさぁ!今年も釣りに熱く、
バカになってやっていきますよ~~~

いやはや、
ヒラメ、真鯛、そしてマゴチ、
私的に粗汁三強!うんまい!

そして今年も、
我が家の食卓事情を助けていただきたいものです(笑)


重い腰も軽くなりw

さぁ!釣りシーズン本格スタートです。






追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2017/05/21 23:43】 | 魚釣り
トラックバック(0) |
土日と鮎釣り。
んまぁ・・・いつも通り。

ですが、

土曜はアキが興味ある&家にいるより涼しいという魂胆で、

アキ初めての鮎釣り。

竿をいきなり持たせるのはさすがに酷であり、
アキも基本的には見てるだけでも良い(川で涼みたいww)

なので、
先ずもって父がカッコイイ所を見せたいところ!!

が・・・

二時間程、まともな釣果とならず・・・・


しかしながら、
どうにか野鮎かけ、当日の釣れパターン判明。

そこからは怒涛の勢い(~_~;)

囮も充分な数を確保したところでアキとチェンジ!

IMG_0887.jpg

鮎釣りは得意だが、高二を手なずけ釣るのは難しい(笑)

何事も楽しい経験が次回を生むので、褒めて伸ばす戦術(~_~;)

さすがにいきなり引き抜き(よく見る釣れた鮎を網でキャッチ)は無理であろうし、
引きよせたり、私が確保へ向かったりで二匹GET!

まずまずである(~_~;)

その後はまた涼みモードのアキ。
まぁ・・・確かに涼を満喫していた。


その後は、おかず確保に努める父。
IMG_0893.jpg

どうにか美味しい夕飯となりましたとさ。
IMG_0902.jpg


普段の小言は置いといてww

久しぶりに、一連通しての物事を教え、

あ~・・・まだまだ子供だな!と思う反面、

おっ!そうか、高二だもんな、子供じゃないよなと思ったり。


子育てって難しいなぁ~と強く思うよりも、

一人の若者、男として見ている自分もいる。



うん。

成長してる。

それだけは強く実感(^^)







【2016/08/07 23:01】 | 魚釣り
トラックバック(0) |
鮎解禁となって半月、
本年はなかなか楽しませてもらってる(^^♪

IMG_0851.jpg

今からこのサイズとなると、

いよいよ今年は尺鮎狙えるのか?と野心が。

そんな中、

「夕方家に寄れ」と、鮎釣り師匠に言われ、

仕事帰りによると、次から次、
色々な物を手渡された。

聞けばお師匠、

先日、ふらりと一人で釣行し、シーズン半ばにして引退を決意したと。
毎年騙し騙しだったが、体力的に満足な釣行が出来ないと、先日確信したと。

毎年、もうやめるもうやめると言いつつも、
「次いつ行く?」なんて言ってたのが、

どうも今年は言ってこないなぁ~とは思っていたんだけど・・・

毎年、一緒に行っているうちに、
私との機動力、体力の開きが、目に見えるようになったのも一因かもしれない。

さて、色々手渡された中でも、
師匠の一番のお気に入り、自慢のタモと、その革ケース。
これを譲り受けたのは、嬉しさよりも、淋しさが大きい。

IMG_0854.jpg

タモ径は36センチ、
今使っている39センチでも上手くキャッチ出来ないと言うのに・・・

「たまに見に行くからな!下手なことしてたら取り上げるぞ」と。


鮎釣りはまだまだ出来る。
けれど、

思い描く釣り方、求めている釣り方に、
身体がそもそも付いてこないのなら、スッパリ辞める。
釣行の度に悔やむようなものなら、スッパリ辞める。

お師匠、引き際すらも格好いいなぁと(^_^)

比べてこっち、

四十半ばにしてまだまだハナタレww

何より、頂いた道具一式。

師「今度はお前が誰かに教えろ。こんなに面白い釣り、教えずにしてなんとする!」

まだまだ精進せねばなりません(~_~;)

【2016/07/27 23:37】 | 魚釣り
トラックバック(0) |
先日11日から鮎釣り解禁!

IMG_0821.jpg

今日は様子見だったのですぐに撤収したけれど、
追い気たっぷりの鮎の型、数ともに申し分なく、
IMG_0825.jpg


昨日は仕事のきれも良かったのでお休みいただきw

いざ!存分に(@_@)

数は30匹、何よりもその内10匹位は、
晩夏を思わせる良い型の鮎も混じりニンマリ。
(これは画像なし・・・(^_^;))


ただ一つ気掛かりなのは、初めて使う事になった竿。

昨シーズン手入れ時に、
今まで使っていた竿が折れてしまい、
IMG_0741.jpg

いよいよ、

お師匠様から譲り頂いたは良いものの、

勿体ないやら、扱いの不安やらでお飾りになっていた、
がまかつの「がま鮎 ミリアム引抜早瀬」を握る事に!

IMG_0740.jpg

使ってみた感触としては、
今までの物より1m程長い(8.1)のだが、竿を寝かせ引いている時は、
重さはそれほど気にならない。
伝わる感触もダイレクトで良い。ハリが石に擦れるのもビンビン来る!

掛かってから竿を立てためるまではしっかりと粘り、
簡単にのされるような気はしないのだけれど、

この先がどうも・・・ん?な感じ。
そこから引き抜くまでの粘りが弱いと言うか、粘り過ぎる?のかな?

オトリの顔出すまでが、なかなか出ない。竿が立たない。

まぁ・・・ジックリ寄せて(引き抜きポイントまで)いくのは楽ではあるのだが。

もう一つ気になるのは、
結構な頻度で抜いてすぐにバレるのはどうも気になる。

水面から抜いた瞬間の仕掛けと竿の戻り反動が悪さするのかなぁ・・・

強い瀬でオモリつけてヤナギでやってる分には、ザックリと針が掛かるので、
そうそうバラシはなく、スタイル的には竿の特性とマッチしているんだろうけど、

急瀬を攻める前に出来るだけオトリを確保しておきたいので、
ちょっとした瀬でやたらバレるとちょっとイラっとする^^;

仕掛け自体も伸びるから、複合メタルやPE等の比率増やして、
伸びのバランスを取るのが課題かもしれない。

でもまぁ、
こうやって常に考えるのも鮎釣りの醍醐味でもある。

今年は当たり年な気がするので、新しい竿でガンガン釣りあげなくちゃ!



さぁ!メインの鮎釣りスタートです<(`^´)>


【2016/07/13 23:13】 | 魚釣り
トラックバック(0) |
まずい!放置し過ぎた(^^)

内容的には若干くれてしまったが、いくつか書きとめねば!

先ずは釣り。

この夏も鮎釣りで楽しませてもらった。

IMG_0319.jpg

どうも今シーズンは近隣河川においては、天然遡上が少なく、
シーズン初期から兎に角足で稼ぎながらの拾い釣り・・・

毎回、川をザブザブとどれだけ歩いたろうか、
コレには師匠も、よる年波にも勝てず三回ほど一緒に行ったろうか・・・

自身としては、
一年前、二年前・・過去に比べても上達が分かり(~_~;)
それはそれで有意義な鮎釣りとして今シーズンを終える事が出来た。

数こそ例年より少ないのだが、今シーズンは型だけは良く、
瀬の引き釣り大好きな私としては、それはもう、しなる竿にときめいた(笑)

IMG_0212.jpg

期間が決まっていて、その中で毎回違う顔をみせる川で、
如何に考え、釣果を上げるか、手抜きが即失敗に繋がる、
この鮎釣りと言う物。

こりゃあ魅了されたら抜けれないなと強く実感、確信したのである。

また来年、
どんなドラマが待っているだろうか?

終わったばかりなのに既に楽しみだ(^^♪

IMG_0263.jpg
なかなか数を上げられなく塩焼きも味わえなかったが、
ちょちょいと塩焼き用に台を作成したので、
来年はこれも大活躍して欲しいものである(~_~;)



【2015/10/03 18:10】 | 魚釣り
トラックバック(0) |